11
2
3
4
5
7
8
10
12
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

YouTubeチャンネル

YouTubeで音声動画を公開しています。YouTube検索で「アヤノ 青森」で出てきます。

ダメだと一番思っているのは…



木曜日、遂に雪が降りました


そんな日に、
運転中の車のエアコンから変な音がして、

すぐみてもらうことが難しかったので、

車屋さんの助言で
エアコンを使わないで移動するという私






山道には積もる雪まである道中、

ホッカイロとゆたぽん、
ブランケットに手袋で
防寒したにも関わらず、

今日は寒さにやられてダウンです



たまたま休みをとっていたので、

ちょうど良いような、
予定がキャンセルになって
申し訳ないような

複雑な気持ちです(笑)



そんな今日は
ふつふつと湧く想いをまとめてみます。







マイナスイメージになるから、

レッテルを貼られたり、
先入観になるから、

言わない、
出さない、
隠す。



分かる!分かります!


生きてゆく上で、
仕事で成功するため、とか、
人から嫌われないため、とか、

自分の身を守ることは
悪いことではないし、

どうしたって、
マイナスになりそうなことは
マイナスに捉えられることは多い、

というか、
ほとんどそうです。






でも、
私はちょっと待てよ?と思うわけなんです






多くの人からマイナスに捉えられることを、
マイナスではなく単なる事実、

そうである、にすぎない、

という捉え方をしてもらえるような
生き方や振る舞いをしなければ、


同じような境遇やマイナスを持つ人は
同じような思いをし続ける



たまたま、
自分だけが上手く生きれても、


結局は社会や人間に根付いた
マイナスイメージは
変わらないままだと思うのです


何もない人が良くて、
何かある人は面倒だ。という、、、





病気や障がいを認めると、
不利だから、
なるべく同じような生活をする、

というのは
一見ポジティブに見えて、

エゴだと感じることがあります





私に対して、

病気を隠したら誰も分からないんだから、

とか、

アヤノちゃんの場合は違うから、

とか、言ってくださる方も多いですが、


親切心ではなく、

あなたの”悪い部分”を
言っていいことはないんだから、


という気持ちで言ってくださる方も、
もちろんいます。




私は、
病気や障がい、やその他のことは、

なくすることや
ないように振る舞えることではなく、

理解してもらうことや、
サポート、
決してマイナスではないという認識を
持ってもらえることの方が、


何百倍も大事で意味があると思っています




私を見て、
病気というイメージから

歩けるんですね!とか、
元気ですね!と驚く方もいますし、

でもその驚きを与えることは
先入観を突破する第一歩なんです




それは、
私個人だけの問題じゃない。


私だけがたまたま上手く生きれても、
意味がないのです。



病気になることも、

人に隠したいような悩みを持つことも、

誰にだってある。


マイナスになることを、
マイナスに感じさせないような、

人の意識の変化の起爆剤として、
活かしたい



マイナスイメージを
一番持っているのは、

周りではなく、

それを抱えた

本人だったりするのです







スポンサーサイト

今年初のクリスマスソング

fc2blog_20171023074931f87.jpg

昨日は青森市のはまなす会館で、
あおもり癒しの広場2017、
エンディングで歌わせていただきました♪



去年はオープニング、
今年はエンディング、
また皆様にお会い出来て嬉しかったです(≧▽≦)






始まる前は、
いつもドキドキ!!





会場の空気に触れて、
ちょっとずつ馴染めるように~と
思いつつ、
呼吸を整えつつ。




今年初めて口にするクリスマスソングを含めて、
15分間のミニ演奏となりました♪




会場の都合で、
今回はほぼマイクなしの感じでしたが、

生の声、

がダイレクトに流れていて、

声の振動も
直接感じていただけたのではないかな、
と、思っています。




色んな場所へ行くと、
色んな方達と出会い、
つながってゆく




これからも
出来る限り、

ご依頼にはお応えしていきたいです(^_-)-☆




あおもり癒しの広場の皆様、
どうもありがとうございました!!



”楽”な方に生きるのは。

あ~もしリンパ浮腫でなければ、
こんな風に言われたり
心配事はないんだろうな。


そういうことは
日常にちょこちょこ転がっているものです。


それは、行政の手続きであったり、
「変化」に対する恐怖だったり、

時には、
誰かの言葉でも。



リンパ浮腫であるからこそ、
悪化しないように、
なるべく楽に過ごせるほうが
絶対的にいいだろう、

普通はそう考えるんでしょう。

だから、心ある人は、
私が楽になるような選択を良しとし、

大変になることに顔をゆがめます。



でも、それがもし、

私がやりたい、頑張りたいのに、

身体がそれに合わないと、

出来ないこともあるのです


これは私の勝手な想像ですが、

たぶん、

生命を左右するようながん、などの病気の方であっても、
がんだから無理である、

がんだからやってはいけない、

ということよりも、

それでも自分がこうしたい、
こうやって生きていく、と

お医者さんが反対するようなことであっても、

生命の輝きや日常の幸福度は
違うと思うんです。



例えば小さな子供が、
汚れてもいいから泥遊びをしたくて、

親は汚れるからやめなさい、と言う。

でも、汚れたとしても
子供は泥遊びをしたほうが
とっても楽しい、

そういうのと似ています


サポートや協力、理解は
もちろん必要ですが、

あれはだめ、これもだめ、
では味気ないのです。



負担がないこと=良い、

ならば、

病気と付き合う私は、
ただでさえ”大変”の部類に入るのだから
=悪い、

となってしまいます


楽なことが良いことではない!


その人らしい輝き方が
きっとあるはず

答えは無数に広がっています(o^^o)








美しの森こども園さん♪

出張コンサートは、
毎年同じ時期に呼んでくださる所や、

イベントの時のゲスト、

年2回定期的に、

毎月講座を開催しているうちの1回、

などなど、
いろんなパターンがあります





今年の夏に初めておじゃました、

黒石市の美しの森こども園さんに、

秋もおじゃましましたよ(*≧∀≦*)






音楽会がはじまるワクワクで、
興味津々のちびっこちゃん







お遊戯会が近いこともあり、
今回はステージの上でコンサートです♪




たまには、子どもたちにも
ステージに登場してもらいながら






前回演奏した曲や歌を覚えていてくれたり、

おねーさーん
声をかけてくれたり
(語尾にハートがついていたかは分かりませんが(笑)


みんなちゃんとお座りして
聴いてくれました(o^^o)





音楽には、
私自身が支えられている、

と感じることがあります



そして、その音楽を楽しむ
子どもたちの姿にも元気をいただき、

子どもたちだけでなく、
大人の方が楽しむ様子だって、

私はすごく嬉しいです





美しの森こども園さんのみんなに、

また会える日を

楽しみにしています


どうもありがとうございました


高齢者施設でコンサートするということ

脚が悪くなり、
手も悪くなり、

次は頭かな?

だんだんと
寝たきりになるのかもしれない。


祖母がぽつり、と言いました。







私は、
歌のお姉さんとして、
保育園や幼稚園の子どもたち以外にも、


高齢者の施設にもよく行きます




辛いことも悲しいことも
生きているからこそだ、

と分かっていたとしても、

その時に感じる気持ちは、
その人にしか分からないのかもしれませんよね。


だから、
厳しいようですが、

自分の問題は、
自分で向き合うしかない。






いくら優しくされたとしても、

私の身体を守るのも
私しかないのと同じように






老い、というのは、

若くなくなる、という次元を越えて、

歳を重ねるごとにに、

死に近づく気配を知るということ。




日々の変化の中で
受け入れ順応したり
改善するために努力したり、

切ない気持ちを抱えて

今そこに、

今その施設に、

いるのかもしれません




出来ることが少なくなったとしても、

楽しむことが出来る





高齢者のみなさんにも、

音楽で過ごす時間が、

生きる楽しみの一瞬にでもなれたらいいな、

と、

そんな風に想っています






年代は違うけれど、

脚がこの先どうなるか分からない、
変化していく、付き合っていく
私の人生が、

気持ちに寄り添える要素にも
なり得るのかもしれないですね





悲しいことや不安は、

無理にプラスには出来ないものだと思うから、


だったら、

自然に任せて、

なんとなく前を向けたら、

それが本当のプラス






益田音楽教室

黒石市にあるピアノ、歌(歌唱、ボイストレーニング)、ピアノを弾く前の音楽力を養う音楽あそびレッスンをしている音楽教室です♪ピアノは2歳から、音楽あそびコースは赤ちゃんから、歌のレッスンはボイストレーニングから、身体に不調を抱えている方の機能改善を目的としたレッスンも対応しております。

自己紹介(*^_^*)

青森県黒石市のピアノ・歌のレッスン教室、益田音楽教室で講師をしながら、ヒーリングシンガーとして、歌のおねえさんとして、出張コンサートをしている歌手・演奏家です。青森明の星高等学校音楽科、東京音楽大学声楽科声楽演奏家コース卒。 2008年に、原発性リンパ浮腫を発症し、病と共に生きる日々、音楽や身体を通じて出会うもの、感じるものを綴っているブログです♪ コンサートのお問い合わせ、ご依頼など、下記メールフォームからも受け付けております。

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる