FC2ブログ

YouTubeチャンネル

YouTubeで音声動画を公開しています。YouTube検索で「アヤノ 青森」で出てきます。

ライバルは同レベル

誰かが自分より優れているか
気になってしょうがないとき、

相手と同レベルで
ちょっと自分に自信がないと

意識してしまうのかなと思います。


なんか
負けたくない!

自分が上だと
証明したい!

そう思うとき、
結局は同レベル


もっと次元の違う世界へ行けば
全く気にすることも
なくなるはずです!



だから、
相手より自分が
どうであるか、

より、


それを気にしている時点で
まーだまだ


同じレベルで
ぐるぐるしていては
もったいない



自分の世界を広げ、

しなやかに、

強く優しくありたい



スポンサーサイト



春くらいから?

おやすみしている
カラフルコンサート、

お待たせしている方々には
心苦しいのですが、

ちゃんと準備して
みなさんに楽しんでもらうものを
提供するまでは、

生返事は出来ないなーと!



継続可能で、
不平等がないような形で

まずは
私がどのように再開するかを

具体的に模索しています(^ ^)


10年近く続けてきたコンサート、
おやすみ中は、

禁断症状が出ることもなく、

娘には軽めの歌くらいしか
歌わず、

レッスンで関わる音楽で
満たされていましたが、

久しぶりに
楽器に触れコンサートを意識すると

やっぱり
いいなーという想いや、

みんなに届けたい気持ちが


今の私が
届けられるもの、

出していきたい(^ ^)









バランスを取りたがる

ピアノでも歌でも、
心がけているのは

バランス


生徒さんには
得意不得意がもちろんあり、

得意なところも
不得意なところも

バランス良くチャレンジさせたいなと~




実はこれ、
子育てにも通じますよね!

親は、
やんちゃな子には落ち着いて欲しいと願い、

おとなしい子には主張する力を求める。



つまり、
バランス良く育って欲しいと

どうしても願います(^ ^)


だって、
バランスが良い方が
生きやすいから。

対応力があり、
色々出来た方が
生きやすいから。


音楽力も人間力も
なるべくバランス良く、と
願いながら、

時々ふと、

でもバランス悪くてもいいのかも、

とも思います!



確かに、
バランスが悪いと
苦労するし
生きづらい…

だけど
それが生きる課題ならば
それでもいいじゃない、と







はじめから
諦めるのは
可能性を狭くするけど、


色々努力したり
工夫しながらも、

それでも
不得意なことがあっても
いいんですよね



バランス良く、と願いつつ
バランス悪くてもいいと
気持ちの片隅には置きながら(o^^o)






合っているかは別の話

誰かに何かを言われる。
どう思われているか気になる。


誰しもあることですが、

ふと思うのは、

正しい意見なんて
もしかしたらないのかもしれない、と。







例えば、
おおざっぱな人が、
間違えた記憶や知識で

否定してきたりしたら、

その意見は
果たして正しいのかな、って


ちゃんと人や物事を見て
知識も記憶も正確な人の意見とそれは
やっぱり違うと思うのです。


あまり深く考えずに
適当に発言したり、

勘違いしていたことだったり。



99人が応援してくれることも、

1人の否定する人のことが
すべてのように感じて

前に進めなくなったり、

そのことばかり気になったり。


でも、それは
気にすべきことなのかな?


もしかしたら、
正しくない意見なのに
それに振り回される必要ってあるのかな?



極端なことを言えば、

だれかにブスと言われて、

また誰かは可愛いと言ってくれる。


周りの見方、意見なんて
そんなもの



言われて気になることは、
自分自身が一番気にしているから
無視出来ないってだけですよね。


あ~私ってこれ気にしてるんだ、
ということを知る、
ただそれだけですね!




自分の心地よいところで、
生きてもいいんじゃないかな~♪



子どもの声

産後変化したことが2つあります(*^_^*)

一つは、
世の中の子どもたちや
生徒たちが前以上に可愛くなったこと。

もう一つは、
こどもの声が前よりも好きになったこと。


娘が生まれる前から、
子供番組はよく見ていて、
その中でも
NHKの番組はお気に入りが多いです♪


子どもたちが歌が上手で、
曲もいいものが多くて、

「みいつけた!」のスイちゃんは
(今のスイちゃんの前のスイちゃん)

張りがあって歌が上手




小さい時の声、
歌声ってその時期だけのもので
特別です!

でも、なんとなく
音程が不安定、というのは
保育園や幼稚園であるあるですが、

やっぱり上手な子は、
子どもだから、というわけではなく
上手です!

音程もしっかり、リズムや言葉も
くっきりはっきりしています



シャキーン!の
ここちゃんもとても上手!


子役の子たちは
もちろんたくさんレッスンを受けたり、

舞台経験を積んでいるとは思いますが、

それでも差はありますよね。


持って生まれたものなのか~☆



レッスンでも、
歌を歌う場面がありますが、

一人ひとりの歌声の個性も

毎回の楽しみになっています


益田音楽教室

黒石市にあるピアノ、歌(歌唱、ボイストレーニング)、ピアノを弾く前の音楽力を養う音楽あそびレッスンをしている音楽教室です♪ピアノは2歳から、音楽あそびコースは赤ちゃんから、歌のレッスンはボイストレーニングから、身体に不調を抱えている方の機能改善を目的としたレッスンも対応しております。

自己紹介(*^_^*)

青森県黒石市のピアノ・歌のレッスン教室、益田音楽教室で講師をしながら、ヒーリングシンガーとして、歌のおねえさんとして、出張コンサートをしている歌手・演奏家です。青森明の星高等学校音楽科、東京音楽大学声楽科声楽演奏家コース卒。 2008年に、原発性リンパ浮腫を発症し、病と共に生きる日々、音楽や身体を通じて出会うもの、感じるものを綴っているブログです♪ コンサートのお問い合わせ、ご依頼など、下記メールフォームからも受け付けております。※2018年11月現在、コンサートのご依頼は休止中です。

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる