FC2ブログ

子どもの声

産後変化したことが2つあります(*^_^*)

一つは、
世の中の子どもたちや
生徒たちが前以上に可愛くなったこと。

もう一つは、
こどもの声が前よりも好きになったこと。


娘が生まれる前から、
子供番組はよく見ていて、
その中でも
NHKの番組はお気に入りが多いです♪


子どもたちが歌が上手で、
曲もいいものが多くて、

「みいつけた!」のスイちゃんは
(今のスイちゃんの前のスイちゃん)

張りがあって歌が上手




小さい時の声、
歌声ってその時期だけのもので
特別です!

でも、なんとなく
音程が不安定、というのは
保育園や幼稚園であるあるですが、

やっぱり上手な子は、
子どもだから、というわけではなく
上手です!

音程もしっかり、リズムや言葉も
くっきりはっきりしています



シャキーン!の
ここちゃんもとても上手!


子役の子たちは
もちろんたくさんレッスンを受けたり、

舞台経験を積んでいるとは思いますが、

それでも差はありますよね。


持って生まれたものなのか~☆



レッスンでも、
歌を歌う場面がありますが、

一人ひとりの歌声の個性も

毎回の楽しみになっています


スポンサーサイト



できることはたくさんあるよ


蜂窩織炎で倒れて落ち込んだ私に、
友人が教えてくれた、

"とり"という歌(*´-`)


おかあさんといっしょ、
で歌われていた歌らしく、

この歌を聴くと
私を思い出す、と話していました。




鳥にも
ダチョウのように飛べない鳥がいたり、

ペンギンは水の中を泳げるし、

鳴くのが得意な鳥もいます



リンパ浮腫母ちゃん、
蜂窩織炎で倒れたときには、

抱っこしてあげられないし、
おっぱいもお休みしたり、

なんだか
娘に我慢させてばかりだな、とか

なんとなく勝手に
他のお母さんなら

もっとちゃんと
お世話しているんだろうな、

私は娘ファーストにはなれないな、


などなど
知らないはずの
どこかの理想的な親子を想像しながら
比べたりして



でも、

歌の中にある、

そらをとべなくても
できることはたくさんあるよ


というフレーズが
私には強く響いてきて、

私にも
出来ることが
たくさんあるんだ、

と思うと
涙が止まりませんでした(T-T)



私がやりたいことは、

ただ与えられたものを
大事に学びながら
楽しみたいということ。



仕事があり、
家庭を持てて、
娘がいて、

仕事で出会う人や事柄、
家庭での学びや、
娘の成長を喜べること、


それらを
一つずつ、経験していけたらいいのです



"とり"
子どもたちにも
歌ってもらいたい歌の一つになりました



ちなみに、
鳥、

個人的には苦手な動物ですが、

歌的は良いでーす(≧∀≦)(笑)





安産だった理由は~



おかげさまで、
1ヶ月健診も無事にクリアし、
すくすくと成長している我が子です(*^_^*)


初産にも関わらず、
スピード安産で、

しかもギリギリまで破水せず、
卵膜に包まれたまま産まれてきたのは、

「呼吸」が影響しているのでは?と言われます。



歌を続けているから、
腹式呼吸や、腹筋、
肺活量などは

もしかしたら日常的に得意分野で、

確かに
陣痛中も、

とにかく呼吸!とにかく吐いて、吐いて!

を意識していたので、

赤ちゃんが出てくるときも、
全く力を入れていないのに

自然と腹筋が使われて、

あれよあれよ、とスルリ、スッポーン、
という感じで誕生(≧▽≦)



”あ~呼吸って本当に
色んな場面で影響があるんだな~”と

まさに実感しました!





歌うことで身体を使って、

呼吸を深くして、

楽しみながらスッキリ出来るって

なんだかいいですよね



産後のレッスン、
また新しい視点でスタート出来そうです~!




校歌を歌う


我が校の校歌を
アヤノ♪さんに歌ってもらい、
それをCDにして欲しい!



そんなご依頼をいただきました




みなさん、校歌って
真面目にちゃんと歌ったこと

あります?

あります?(≧∀≦)(笑)



学校にいるときは、
半ば義務になり、

メロディーやら歌詞やら
歌い方など

気をつけてみたり
味わう余裕がなかった方が
ほとんどかなと思います!



私の母校ではないけれど、

校歌を歌って練習してみると、

音程が難しいところや
歌詞が良い響きのところもあり、

奥深いです





アレンジしつつ、
一緒に歌える感じと、

ただ聴ける感じも取り入れて

完成させたいと思います(*^▽^*)





いろいろなご依頼、
毎回ためになり、
面白いし楽しい


歌うこと

この際だから、出してしまおうと思って!


先日、歌のレッスンをしていた時、
ある生徒さんがそうおっしゃいました(^_^)


何を出してしまおうとしたのか、
というと、

日頃の疲れやうっぷんを、
声を出すついでに
あーー!!と出してしまおうと思って、
声を出したら、

ものすごく良い声が出たのです(o^^o)!


これは、笑い話ではなくて、

歌の本質だと私は思っています



解決できないこと、
モヤモヤしていること、
嫌なこと、

言葉にしたら返ってさらにモヤモヤが
溜まってしまったり、


あー私って嫌な人間だなーとか、
罪悪感を感じてしまうことにもなりかねず、


そんな
全部の、

言葉に出来ない何か、

は、声をただ出すだけで、
スッキリすることがあります




それに、誰も傷つけない。


歌詞があるものは、
感情がついてくるけれど、

ただ声を出す、
発声や、ボイストレーニングは、

一種のデトックス




確か、前に、
通販のチラシかカタログに

口に加えて、
"大声を出せる壺"
みたいな商品があって(笑)

大声は周りに迷惑だから、
それを吸収する商品のようでしたが、


歌じゃなくとも、
ただ、声を出す、というのは

やっぱりスッキリしますよね(^^)






思いっきり声を出したら良いのです(*^_^*)



自分でも気づかなかった
疲れや心のモヤモヤが
晴れてゆくから~







益田音楽教室

黒石市にあるピアノ、歌(歌唱、ボイストレーニング)、ピアノを弾く前の音楽力を養う音楽あそびレッスンをしている音楽教室です♪ピアノは2歳から、音楽あそびコースは赤ちゃんから、歌のレッスンはボイストレーニングから、身体に不調を抱えている方の機能改善を目的としたレッスンも対応しております。

自己紹介(*^_^*)

青森県黒石市のピアノ・歌のレッスン教室、益田音楽教室で講師をしながら、ヒーリングシンガーとして、歌のおねえさんとして、出張コンサートをしている歌手・演奏家です。青森明の星高等学校音楽科、東京音楽大学声楽科声楽演奏家コース卒。 2008年に、原発性リンパ浮腫を発症し、病と共に生きる日々、音楽や身体を通じて出会うもの、感じるものを綴っているブログです♪ コンサートのお問い合わせ、ご依頼など、下記メールフォームからも受け付けております。※2018年11月現在、コンサートのご依頼は休止中です。

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる