02
1
4
6
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
23
24
25
26
27
28
   

心にひっかかることから分かるもの

時々、

過去の失敗や叱られたことや、
否定されたことを、
思い出しては、

自分の弱さとダメさに、
今の私が落ち込むことがあります。








でも、それにも慣れて、
どうすることも出来ないことだ、

と過剰に反応することは
もうありませんが、

今でも時々あるのです(笑)



そんな時は、

何に対して自分が落ち込むのか、
書き出したり、

どうあれなかったから気になって
苦い思い出になっているのか
考えてみたりします。



すると…


だいたいは、
良い人でありたい、

良い人だと思われたい、のに、


そう振る舞えない、
行動出来なかった、ということが

私の中で棘になっていると気付くんです



学校でも会社でも、
周りと一緒に
情熱を注いで頑張りたいのに、

疑問を持ったり、
共感できない部分を
誤魔化すことが出来ず、

つまり、

自分自身を誤魔化せず、

"良い人"でいられなくなった経験は
まあ多いです、、、


でも、
良い人、という概念を突き詰めると、

都合の良い人、

だったのかもしれないなと
思ったりもします




それに、

何かひっかかる言葉は、

発した人が満たされていない言葉に、

私は違和感を感じるんだな、とも。



仕事を嫌々やっている大人が、
こんなはずではないと思って生きている大人が、

発する言葉は、

その想いが重なって、

とても暗いものになります

キツイ、ともいうのかな?




生きることや仕事をすることは、
嫌々しなければならないものだ、

と見せつけられ、
押し付けられるような感覚があって、

とても耐えられませんでした



そんなことを思い出すと、

私はやっぱり、

それを反面教師として
拒否反応が出てるんだと
気づきます。




大人になっても、

イキイキと生きて、

その姿を見せることで、

誰かを元気にしたり、

人の役に立ち、

生きる希望を持ってもらえるような、


そんな人でありたいと、
私は思っているのでしょう





これから大人になる子どもたちと、

もう大人になった人たちにも、


それぞれが輝く方法を
諦めないでほしい、と




スポンサーサイト

変われた理由

思えば、、、

私は昔とは性格が違います。


10歳頃から10年くらい前までは、
完璧主義で、
失敗したくなくて、

とにかく、

やるべきことをちゃんとやっている状態、

だけが自分を認めることが出来た状態。


楽しいことや、
休んでいる状態には、

何かしらやらないとやらないと、

という不安でいっぱいでした


だから、勉強から練習から全て、
時間を惜しんでやり続けている状態。


でも決して、

目標があるとか、

こうなりたいというような
想いはそこにはない。


当時の私の目の前に、
勉強があるからやらないといけないし、

練習があるからやらないといけない!


ただ、それだけでした。


でもそんな私を周りは、
すごくやる気のある人だと、
勘違いさせていたようです


だから、私の想いと裏腹に、
周りの期待は高まり、

いつも温度差がありました。



そんな毎日だから、
月1で心は疲れ果て、ダウンしていましたが、

生きるとは
そういうことなんだと思っていたので、

楽しむとか休むとかは
考えてはいけないと生きていました。


それが、
リンパ浮腫になってから、

強制的に完璧でなくなった、
つまり、

治療を頑張っても治らない、
自分が努力したとして完治はしないもの、

と付き合うことになり、


逆に、
努力すればするほどに、

体調が悪くなる、という悪循環になってきたんです



それから、

やりたくないことをやるとか、

上手く生きるために無理するとか、

いつもちゃんとしなきゃとか、

評価を気にして行動するとか、

9割以上なくなりました


でもそれはいきなりではなく、
徐々に徐々に



そうはいっても、

今でも、
周りと比べて落ち込んだり、

自分がとてもダメな人間なのではないか、と

思うようにならないもどかしさを感じることもあります。



比べてしまいそうなとき、
思うこと。。。

”もしも自分で自分に優劣をつけたら、

きっと他人に対しても優劣をつけてしまう。”

そう言い聞かせます


病気が教えてくれること、
たくさんあります(*^_^*)






当たり前だけれど

同じ現実でも、

見方によって現実の見え方は変わります。






ある人によって良いことが、
他の人には気の毒なことに。






例えば住む場所、

親元を離れ飛行機や新幹線を使わないと
移動出来ない場所に住んでいる人は、

車で少し時間がかかる場所に住む人を、

近くていいね、と言う。



でも、

同居や近場に住んでる人は、

車で少し時間がかかる場所に住む人を、


遠くて大変だね、と言う。



当たり前ですね(笑)


だって、
考え方の中心は、

それぞれ自分の中にあるから



だから、
他の人からの意見は
時々どうでもいいわけです!


目の前の現実を
どう捉えるかなんて、

自分が決めるしかないんだから


何をしたって
言う人は言います!


でもそれは真実じゃなく、

自分の世界は自分で決めるんです



これが好き、
こうする、

ありがたい、
大変だ、

全て自分で決めています。



何をどう見るか、

それは創ること




不完全が完璧(o^^o)

アヤノさんは完璧です、

と言われて、
(@_@)なにー?!どこがー?!

と反応した私。


完璧じゃないところがあるのが、
完璧です



素敵な返答ですよね~


そうです!

ドジもするし、忘れたり
気を配れない時もあるし、

何にせよ、脚は腫れているし、

イライラもするし、

間違えて失敗もたくさん…


そういう所があること、が、
完璧であるんだよ、と言うのです




誰でも、

いつも何でも出来て

安定した自分でいられるわけではないですよね。


だけど、
バランスよく、

完璧を目指す人の方が

素晴らしいと言われます。



それは、

完璧でない状態を
不完全、不十分だと思ったまま、

何かが出来る状態を
完全だと思っているからですよね



でも、

不完全なことが
もう既に

完璧であるのなら、


必要のない頑張りに気づいたり、

気にすべきポイントが、
変わるかもしれないですね(o^^o)




高みを目指すことと、

自分自身を責めたまま進むことは、

やっぱり違うんです








本当の音楽

年末は雪の中に物を落とすことが
連発して(笑)

第一弾はペンケース!




第二弾はイヤリング!
奇跡的に見つかって
去年の嬉しかったことNo.1
に君臨するくらいの出来事(≧∇≦)




というやらかしをしておりました




丁寧に暮らしたいと、
いつも思いながら、

バタバタして
落ち着かずに、
焦って過ごしてしまいがち


アレもコレもやりたくて、
時間がないなと感じたり、、、




何のためにやるのか、
時々、考えてしまいます。

私はなぜレッスンをするのだろう?


普通なら

お金のためであり、
音楽を武器にするため

つまり、

人よりも優れた技術を身につけて
評価されたり
生徒さんが
褒められるためのレッスン


でも、
本当の音楽は、

優劣がないもの!


ただ、自分だけの音を奏でるのみ!


そして、

出来ることがいつも良いことではなくて
出来ないことをやってみたり、

集中する力、自分を肯定する力を
身につけてほしいなと



周りに言われてやるだけではだめ、
自分の感じ方に耳を傾けて、

自分の中から湧き上がるものから
行動したり思いを高める



形だけの音楽は
この世にたくさんあるけれど、

本来の意味の音楽を

広げて行きたいな(o^^o)





益田音楽教室

黒石市にあるピアノ、歌(歌唱、ボイストレーニング)、ピアノを弾く前の音楽力を養う音楽あそびレッスンをしている音楽教室です♪ピアノは2歳から、音楽あそびコースは赤ちゃんから、歌のレッスンはボイストレーニングから、身体に不調を抱えている方の機能改善を目的としたレッスンも対応しております。

自己紹介(*^_^*)

青森県黒石市のピアノ・歌のレッスン教室、益田音楽教室で講師をしながら、ヒーリングシンガーとして、歌のおねえさんとして、出張コンサートをしている歌手・演奏家です。青森明の星高等学校音楽科、東京音楽大学声楽科声楽演奏家コース卒。 2008年に、原発性リンパ浮腫を発症し、病と共に生きる日々、音楽や身体を通じて出会うもの、感じるものを綴っているブログです♪ コンサートのお問い合わせ、ご依頼など、下記メールフォームからも受け付けております。

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる