FC2ブログ

肩書きが人を作るのではない

最近つくづく思うこと。


私は音楽教室の先生、
妻、母、患者、

肩書きは色々あるけれど、

先生と呼ばれるから
先生になるわけじゃなく

子どもを産んだから
母になるわけじゃなく、

中身を伴ってはじめて
肩書きにふさわしくなるんじゃないかと




でも、
逆に肩書きがあるからこそ
人を成長させる威力もあるから、

意識の仕方によりけり、

なんだろうけれど、

ただの称号にすぎないことは確か。



大事なのは、
どうありたいかで、

どんな肩書きがついても

自分をしっかり持つことで
ある時には
肩書きに左右されず、

ある時には
肩書きに合う自分になれる






もし、
肩書きにこだわりがあるのなら、

逆にそれが
コンプレックスだったりもする。


何かひっかかる人は
それが自分にとっての問題だし、

肩書きが何であれ
変わらずに成長できる人は
本質で生きれてる人なんだろうな






先生、だから
レッスンをするけれど、

たとえ先生、じゃなくても

子どもたち
一人ひとりを見れる大人でありたいな(^-^)






娘も無事に1歳




母、だから
責任があるけれど、

娘には娘の感性で
娘の人生を~







スポンサーサイト



つくづく実感する

この世は
みんな違うからこそ
上手く行くんだな~

というのを
最近改めて強く感じています(^-^)


みんなが一緒に
同じものを欲しがり

みんなが一緒に
同じことをするために
同じ場所に行くと

同じものが不足して、
ある場所にニーズが高まり過ぎて
不健康ないバランスの悪い世界に


それぞれが
違うものが好きで、

欲しいものも行きたい場所も違うから

世界は成り立つんだな~と
つくづく実感しますね!





そして、
一つの言葉には
無限の意味合いがあるということも。


「頑張れ」という一言、

普段気軽に使っている言葉の一つですが、


生死をさまよっているときに
お医者さんが頑張れ、という時、


その頑張れ、の重みは
他と比べることができないほど



「ありがとう」も同じように、

普段挨拶のように使う場面もあれば、

本当に救われて
心からの想いを伝えるときにも

ありがとう、という言葉を使いますよね。



人との接触を極力減らして、
まるで相手を菌扱いするのは、

私にはまだまだ抵抗があり、

今は仕方ないことですが、

リモートには慣れなくないと思っています



その場の空気や
ぬくもりや雰囲気、

直接じゃないと
分からないことって 
たっっくさんあります








こんなときだからこそ、

変えられないものや
変えちゃいけないものを
考えてみる、

のも大切なことだと思うのです





おそすぎないうちに

外出自粛生活は、
家で練習するのにもってこい


私は車の中で
ガンガン歌い、
(娘はその環境にも関わらず
ぐーぐー寝ます(笑)

最近の気になる曲の
コード進行を研究したり、
新曲の練習や発掘


久しぶりに歌った歌で、

"おそすぎないうちに"

というものがあります。


この歌、
今の時期に
ぴったりだなあと!




ぜひ歌詞を見てほしいな~

おそすぎないうちに歌詞サイト←歌詞サイトです(^-^)




なくなってしまってから
あのときああしておけば、
と、後悔しても遅い、

当たり前にあるものは
当たり前じゃないから、

じゃあ
どうするか?

ということを
考えるきっかけにも



私は今たまたま
演奏活動はお休み中で、

本当は3月あたりから
復帰?も考えたこともありましたが、

もし再開していたとしても
そのお仕事は出来なかったと思うと、

物事には
やっぱりタイミングがあって
それにより
いろんなことが左右されますよね





生活が一変して
ストレスフルな方も多いはずだし、

休みたいのに休めずに
毎日ハラハラしていたり
人から嫌なことを言われて

精神的に追い込まれている方も






起きることに
パニックにならず、

1人ひとりが
ちゃんと考えて、

何のために
なぜこうしなきゃいけないのか、

言われたから従う、
言われないから自由、
じゃなくね



分からないことはたくさんあるけれど


まだまだ、落ち着かない毎日ですね。


9年前に
東日本大震災が起き、

最近は新型コロナウイルス。


どんなに技術が進歩しても、
どうにもならないことが
たくさんある




どちらかというと、
リンパ浮腫になってから、

ケアに時間がとられるし、
制限も色々あり、

なるべく自分が納得のいく時間を
時間で作り出しながら
生きていきたい、

と意識してきました




それまでは、
我慢して生きていくのが人生なんだ、

というタイプでした(笑)




未来は大切だけど、

今も大切



震災のあとから
人生が変わってしまった方も
たくさんいるし、

今のコロナでも
これからどんな影響があるか
分からない。



思うようにならないことばかり、
想像していないことが起こり、

不安なことを
あげたらやっぱりキリがない(>_<)



なんとなく
暗い雰囲気の今だからこそ、

何か小さな事でもいいから
笑顔になることが
増えていけばいいなー




周りの人達と
いつも通りにふれあい、

我慢した方が良いことは
焦らずに時を待ち、

今考えても仕方ないことは
置いておく



感謝できる事は
数えきれないほどあるんだ(^-^)






前代未聞

前代未聞!


この言葉、
ここ何年かで
何回聞いたんだろ???



今までにないこと、

が当たり前にくるようになっている。


経験したことがないことばかりで、
そうなると
もう
個人個人の感覚や
判断力、行動力で
どうにかしていくぞ、

という気合いみたいなものが必要






教室に来ている子どもたちや、
コンサートで出会った子どもたち、

うちの子も

これからを生きていくために

また新しい価値観が
必要にもなるかなーと



一つ一つのノウハウより、


全てのことに
オールマイティに使える力、

考え方や精神力、
体力も含めて、

何が起きても
変わらない自立した力みたいなもの



そんな力が
1人ひとりに必要になるのかなーって



当たり前の日々が
当たり前に来ることは、

なんて平和なんだろう(^-^)




プロフィール

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

月別アーカイブ

益田音楽教室

黒石市にあるピアノ、歌(歌唱、ボイストレーニング)、ピアノを弾く前の音楽力を養う音楽あそびレッスンをしている音楽教室です♪ピアノは2歳から、音楽あそびコースは赤ちゃんから、歌のレッスンはボイストレーニングから、身体に不調を抱えている方の機能改善を目的としたレッスンも対応しております。

自己紹介(*^_^*)

青森県黒石市のピアノ・歌のレッスン教室、益田音楽教室で講師をしながら、ヒーリングシンガーとして、歌のおねえさんとして、出張コンサートをしている歌手・演奏家です。青森明の星高等学校音楽科、東京音楽大学声楽科声楽演奏家コース卒。 2008年に、原発性リンパ浮腫を発症し、病と共に生きる日々、音楽や身体を通じて出会うもの、感じるものを綴っているブログです♪ コンサートのお問い合わせ、ご依頼など、下記メールフォームからも受け付けております。※2018年11月現在、コンサートのご依頼は休止中です。

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる