FC2ブログ

嬉しいお知らせが☆

受験シーズン、
嬉しいご報告をいただきました(^_^)


副科の科目の勉強で
レッスンに来てくれていた生徒さんが、

無事に合格したというニュース


おめでとうございます\(^o^)/






私は
ちょこっとだけのお手伝いではありましたが、

嬉しいお知らせは
やっぱり嬉しいです





望みが叶うのは、
本人も嬉しいですし、

その子を応援していた
みんなが嬉しくなりますよね(^_^)




人それぞれ、
望み、願いは違うもの。


人それぞれ、
感じ方も考え方も違うのだから、

望みや願いが違うのも
当たり前



だから、

本人が望んでいた願いが叶う、

というのは

みんなで良かったね、と

喜んであげたいですよね



3月は終わりとはじまりが
入り混じりやすい時期






もういらないものを手放して、

新しく必要なものに飛び込んで、

脱皮するように

進んでいけたらいいですね(*^_^*)





スポンサーサイト

オリンピックの100円玉

インフルエンザも流行りの今の時期、
レッスン部屋には
空間除菌のジェルを置いたり、

鍵盤を拭いたりして感染予防をしております






先日、大人の生徒さんからもらった100円玉









一見すると、
記念コインのように見えますが、

これは実は

東京2020の100円玉で、
平成30年のものです




銀行などでこちらへの両替をお願いすると
変えてもらえるそうで、

たぶん普通に100円玉として
使えるものだと思います!


各銀行に枚数に限りがあるらしく、
絵柄も何種類か存在してるみたいです(^-^)



おもしろいですよね


もちろん使えませんっ(笑)






弾ける、だけではなくて

メロディーを覚えたり、
指の動きがスムーズになったり、
音を読むのが得意だったり、

ピアノを弾くためには、
様々な力が必要です



楽譜に書かれた音を
形にするだけなら、

頭で考えるだけで

手っ取り早く音楽が形になります。


でも、、、

ただ、音を正しく出したところで、

つまらない音楽になりかねないんです



不思議なもので、

ピアノに向いていて、
指も動くし理解力もあるのに、

ある程度弾けるようになると

そのあと伸び止まりしてしまう
パターンがあるのです!



それは、

音楽を感じれないから



例えば、

強く弾くところと
弱く弾くところがあったとして、

強い箇所は乱暴に、
弱い箇所は音が聞こえないくらい

数値化したような弾き方しか
出来なかったり、

弾けているのに、
無味無臭な音楽になってしまう



逆に、

譜読みも苦手で、
指も不器用なのに、


なんとなくピアノを続けているうちに、

綺麗な音を出せるようになって、

味わいのある
温かみを感じる演奏が出来るようになる
パターンもあります



だから、

音楽は、

ただ弾ければ良いわけではなく、

そこに個性や人間性が出てきます







上手かどうか、

よりも

大事なことが

たくさんあるんです(o^^o)







今年のクリスマスは~

毎年、子どもたちに
サンタさんに何お願いするの?

と、聞くのが好きなんですが、

最近はなんだかちょっと
変わってきています










小学生以下の子どもたちは、

普通に
おもちゃ系のおねだりをしているようですが、

小学生になると
欲しいものがない、と言います!


ないから「お金!」という子まで(笑)




でも、これって、
子どもたちも、

目に見える物より
精神的な満足とか、
目に見えないものを求めている、

ということなんじゃないかなと感じました。



どんなにたくさん物を手にしても、
心が満たされていなければ、

どんどんエスカレートして

肝心なところがスカスカのまま、

物が溢れてしまいます。


物というのは、物質だけではなく、
評価、とか、称号、とか、
自分を飾るステータスのようなものも。。。



もちろん、

「このおもちゃをサンタさんにお願いする」と
話す子もたくさんいますから、

それはそれでホッとするんですけどね(^^♪



ちょっと前は、
ご褒美制度、というか、

仕事でも勉強でも、

やりたくないことを頑張ったら

ご褒美にあれがある!



というモチベーションで生きれていた時代も、
もはや古くなって、




今は、

ご褒美があるとかないとかに関わらず、
ただ自分の好きなものや
満足するものを日常に取り入れる方が、

何十倍も幸せになりました


満たすべきは気持ち





悲しさや寂しさも

大人の方のレッスンをしていると、

いろんな経験をされている分、

その曲その曲で
想いや感情が溢れることもあります






歌のレッスンは、
特に季節の歌を歌ってみたり、

歌詞が感情とダイレクトに繋がって
思い出だったり

蘇る気持ちなどが出てきます



だから時々、

涙が出てつまってしまったり、
グッと来ることも。



自分の無意識の中に隠れたものが、

音楽によって刺激されます



でもそれは、

すごーく大切なこと。






悲しみや寂しさなど
直視できないもの、

きっと色々あるけれど、

消化するように、

蓋をして我慢しないように、

循環させてあげることは大切



その感情は

歌の表現にも、

人生の生き様にも、

必ず活きてくるから。



負の感情は、
浸るためではなく、

忘れなきゃいけないものでもなく、

一つのエネルギーに変換出来るから





益田音楽教室

黒石市にあるピアノ、歌(歌唱、ボイストレーニング)、ピアノを弾く前の音楽力を養う音楽あそびレッスンをしている音楽教室です♪ピアノは2歳から、音楽あそびコースは赤ちゃんから、歌のレッスンはボイストレーニングから、身体に不調を抱えている方の機能改善を目的としたレッスンも対応しております。

自己紹介(*^_^*)

青森県黒石市のピアノ・歌のレッスン教室、益田音楽教室で講師をしながら、ヒーリングシンガーとして、歌のおねえさんとして、出張コンサートをしている歌手・演奏家です。青森明の星高等学校音楽科、東京音楽大学声楽科声楽演奏家コース卒。 2008年に、原発性リンパ浮腫を発症し、病と共に生きる日々、音楽や身体を通じて出会うもの、感じるものを綴っているブログです♪ コンサートのお問い合わせ、ご依頼など、下記メールフォームからも受け付けております。※2018年11月現在、コンサートのご依頼は休止中です。

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる