08
7
9
10
17
28
   

今年の夏



今年の夏は、急なお別れも多く、

新聞を読んでくれた生徒さんから、

病気に負けず、仕事がんばってください

とお手紙(T ^ T)


今年は、6月末から7月にかけて蜂窩織炎を起こして以来、

去年のように繰り返さずに8月を終えました


去年と比べてみると、

長めに抗生物質を飲んだこと、

一段決意をして自分のポリシーを貫いたこと、

横になる時間を増やしたこと、

好きなことをたくさんしたこと、

心の深いところから感謝する出会いや、

たくさんの方々の応援を更に実感してること


去年と比べると、

肩肘張らずにナチュラルな私でいれたことが大きい気がします


身体はいつも何かを教えてくれます(*^_^*)


年内、蜂窩織炎を起こさずに過ごすことが出来たらいいな♪
スポンサーサイト

ごちそうさまです★

生徒さんのお宅におじゃましての、出張レッスン


いつも素敵なおもてなし、をわざわざ私のためにしてくださる(*^_^*)


先日は、一緒にDVDを観ましょう~と、ランチのお誘い



テーブルコーディネートもステキで、

お取り寄せのパンとソーセージ、お庭で育てているハーブ


手作りのケーキもよく焼いてくださいます




レッスンだけでなく、おしゃべりも楽しんでくださるくらい、

親しくさせていただいて、

先生生徒という関係だけじゃないことが嬉しいです

プラスになる☆☆

おとといの東奥日報に、私の記事を載せていただいて、

知り合いの方、昔の私を知っている方、県内の遠方の方からのCDのご注文など、

様々な反響をいただいて、また深く深く感謝してます(*^_^*)



ありがたいことに、私の活動について、取材を受ける機会が増えて、

色んな方とお話をしていますが、

今回の記者さんの感性もとても素晴らしく、

新聞記事たるもの!という概念は詳しくないですが、所々に彼の感性から来る言葉があり、

心が温かくなります

「生きる勇気 歌で恩返し」
なんてタイトル、、、そう、恩返し、まさにそう!

そういうことを感じ取ってくださったんだな~と(T_T)



2回に渡って、長く長くお話をする中で、どこの部分をピックアップするか、

どの言葉を使用するのか、は、聴き手によって左右されますよね~

だから、縁あって担当してくださった記者さんに心から感謝しています(*^_^*)



私自身は、自分の病気のこと、身体のことを「もういいです~」というくらい、

受け入れ?あきらめ?こんなに公表しはじめたら、さらに「普通」になってしまって、

でも、周りからみたら実際病気は”マイナス”なこと、

と割り切っています。

進んで苦労しよう!なんてめったに思わないでしょうしね(笑)

でも、今回、衝撃的な感想をいただいたんです!!


「アヤノさんにとって、病気は魅力です!」


ええ~~!!!!(@_@)!!!!


自分のことだから、私はいいとして、

周りの方が「そこがいいとこじゃん!」だなんて、衝撃!!!(笑)



応援してくださる方、受け入れてくださる方、理解しようとしてくださる方、

みなさんが宝物ですが、

想像をはるかに越えるご意見があるんだ、と知ると、泣きそうになります(笑)


”前に出ることの怖さ”と、”出ることで誰かが励まされること、役に立てること”

この天秤はいつもユラユラしていますが、

みなさんのためにも笑顔で進みます(^^♪






ちょっと慌ただしい日々も、

ゆっくりとクッキーを焼いたりしながら


今日の東奥日報の記事





原因不明の難病を患いながら、病院や福祉施設を訪問して歌声を披露している歌手が黒石市にいる。
アヤノ♪(本名・益田彩乃)さん(29)=同市内町 は6年前、
体内のリンパがスムーズに流れずに手脚などが腫れる「リンパ浮腫」の診断を受けた。
将来を悲観した時期もあったが、患者仲間たちと話すうちに前向きな気持ちになれた。
「病気があって今の私がある。病を受け入れてどう生きていくのかが大事」。
力強い歌声と、明るい人柄で人々に生きる勇気を与えている。

  
 リンパ浮腫は不治の病とされる。乳がんなどの手術後に発症する例が多いが、
益田さんのように原因不明の発症例もある。
益田さんは、時期によって程度差はあるが、下半身全体が常に腫れている。
合併症により急に高熱が出ることもある。
腫れを悪化させないよう、きつめの医療用ストッキングを履いて生活し、
疲れている時以外は毎晩、寝る前に30分間のウオーキングと、自身で行うマッサージを欠かさない。
 

 青森明の星高校(青森市)音楽科を卒業し、東京音楽大学に進み声楽を学んだ。
大学卒業を間近に控えた2008年2月、突然右足が腫れた。
「単なるむくみだと思った。でも右足だけ。何かおかしいと思った」
 病院に行ったり、インターネットや本で症状を調べたりして、不治の病だと知った。
「もともとマイナス思考」の益田さんは「痩せれば治る、と勝手に思って何も食べられなくなった。
精神的にバランスを崩した」。
 
 でも、多くの患者仲間と出会い、病気が「小さなことに思えるようになった」。
印象的だったのは、卵巣がんで子宮を摘出した後にリンパ浮腫を発症した同年代の女性。
女性は常に明るく、腫れ上がった体を笑い話にまでしていた。
「病気を治そう、治そうって考える人ほどつらそう。
病気なんて別にいい、って考える人は楽しそうに生きている」ことに気付いた。

東奥日報

 
 大学を卒業して黒石に帰郷した益田さんは、
体を気遣いながら、母親が自宅で開いていた音楽教室の講師になった。
縁があって保育園で子どもたちの前で歌った時、大きなホールで歌う時とは違う楽しさを感じた。
「すぐそばで子どもたちが喜んでいる様子が分かる。そのスタイルが気に入った」。
現在、2カ月に1回ほどのペースで、黒石市内外の保育園や病院、福祉施設に赴いて歌声を披露している。
 
 今年4月、関西に住む患者仲間から要望を受け、「軽い気持ちで」CDを自主制作した。
自身が落ち込んだときに力をもらったという「BELIEVE」など合唱曲3曲を収録したCDは、
当初の想定を大きく上回り、注文は250枚近くに上っている。
「びっくり。聴いてくれる人がいることがうれしい」と声を弾ませる。
 CDが反響を呼んだことで、歌うことが人の力になると実感した。

「病気で困ることはある。でも、考え方次第で人生を楽しむことができる。
病気や障害があっても大丈夫、ということを伝えていきたい」

 CDに関する問い合わせは益田さんのメール(nqi21404@nifty.com)へ。

怒り



眠れない、食べれない、ってことはめったにない私ですが、

このところ、眠れない食べれないが続いていました(+_+)


悲しいことや、泣きたくなることは、いつか疲れて眠くなったり、

時間やちょっとした気持ちの変化で、だいぶ早めに浮上することが出来るようになりましたが、


今回、どうしてこんなに負担になってるのかな~?と

自分なりに考えてみると、

それは

「怒り」が混ざっているからだーと気づきました!


思えば、ムっとしたり、イライラしたりは、人並みにある方だと思うのですが、

本気で怒るっていうことはめったになく、

その「めったにない」ことが起きたんだー!と(笑)


人のココロを考えない行動とか、物のように動かす勝手な振る舞いに、

私だけではなく多くの人を悲しませて、

そういうことが私は本当にイヤなんだな~と分かりました。


自分が我慢したら終わることはまだしも、

関係のない人まで巻き込んだりすると、もうそれはそれは、、、(恐ろしい(笑)


でも、おもしろいくらい、


そのひっかかってることが終わると、

今度はいきなり眠くなって、交感神経から副交感神経にパチっと切り替わったようです~


身体って素直~~



喜怒哀楽、様々な感情があるけれど、

怒りのパワーって、怖いくらい強いんだな~と実感した出来事でした。



東奥日報に明日、記事が載る予定ですよ~と記者さんが連絡をくださいました!

嬉しさと恥ずかしさ、ドキドキが入り混じりつつ、

今日はたっぷり寝ます~♪


応援してるからね!



自分で決めたことだけれど、

やっぱり別れはさみしくて、

でも、

一時的な感情での決断ではなくて、前に進むために必要なことなんだ、

とちゃんと確認出来た一日でした



私の勝手で、生徒たちに迷惑をかけたり、

動揺させたりすることが心苦しくて、「これで良かったのかな」と揺れながらの日々。



短い付き合いでも長い付き合いでも、

ずっと応援している気持ちは変わらないし、

私が次に進むように、生徒たちも一人ひとり次へ進んでいく姿に、


ありがとうの気持ち、そして、がんばるからね、の気持ち


レッスンでの付き合いは終わっても、

またきっとどこかでつながれるし、

想っていれば通じるから、

ごめんね、さみしいね、よりも、

応援してるからね!をたっぷり大盛り(^^♪


まだまだ別れは続きますが、一つひとつを味わって想いをこめて。

子供たちの人生の一瞬の時間でも、私が入り込めたなら、

もうそれだけで光栄なことです



ホスピタルミュージシャンの活動中止



半年ほど、緩和ケア病棟でおじゃまして演奏していた、
ホスピタルミュージシャンの活動ですが、

活動を中止することになりました(>_<)



私も、病棟のみなさんも今までやったことのない試みだったので、

試験的な面もありましたが、

音楽は、やっぱり一方通行では悪影響を及ぼすこともあり、

特に、緩和ケア病棟の患者さんはとても敏感で、

音楽のパワーが刺激が強すぎて疲労感を与えてしまうことも。。。




でも、そのことは逆に、

音楽、声の持つパワーを改めて実感した、というか、

私がやりたいこともまた、ただの楽しさだけではない、ということを

再確認出来た経験となりました




もしも、音楽療法を勉強して、患者さんに合う試みが出来たら、

それはまた違う面でお役に立てるかもしれませんが、

私自身、限定された場所や相手に対しての音楽をやりたい、ということではなくて、

求められる場所、必要としてくれている方のところへ届けたいと思っています(*^_^*)



そして、もちろん、

歌で元気や安らぎを感じてもらえたら、

ちょっとでも身体やココロが楽になってもらえたら、

という根底の想いは変わりません。


結果的には、力不足でお役に立てませんでしたが、

それでも、

普段考えることのないことを考えるよいきっかけにもなり、

触れ合いをもてた患者さんや、緩和ケアの世界を知ることで、

私自身の糧となり、とってもありがたい気持ちです



また新しくホスピタルミュージシャンの活動が出来るように、

見つめなおして、タイミングとご縁を待つことにしたいと思います


ありがとうございました(^^♪

ほどほど



朝起きて、まず弾性ストッキングを履く。

もしくは、包帯をはずして、弾性ストッキングを履く。

さあ、寝よう!と思って、

ウォーキングマシーンで歩いて、弾性ストッキングを脱いで、指包帯をはずして、

ドレナージをして、

ストッキング&指包帯を手洗いして干して。

肌の乾燥を防ぐために保湿剤も欠かせない。


一日のうちトータルするとケアの時間は多いです(+_+)


力のいる作業で、時間のかかる作業で、

これをあんまり一生懸命にやっていると、

寝不足にもなるし、ストレスにもなるので、

ほどほどがいいんです


はぁ~疲れたな~っていうときには、

日常のちょっとしたこと、

いつもと違う保湿剤を試してみる、とか、

香りのいい化粧水をつけてみる、とか、

シャンプーを変えてみる、とか、

少し気分が変わりそうなことをちょこちょこしてみたりして。


ケアはお休みにして、早く寝る!


目の前の現実は変えられないけれど、

日常を楽しむ工夫をすると、

ちょっと気持ちはあがりまーす(^^♪


大きなことじゃないのよね、小さいことなのよね~

全部つながる





くま好きの私に、くまビスケットのお土産



言葉で説明しなくても伝わるものって確かにあるな~と思います。

分かりやすくい言葉で言えば、

感性?

価値観?

方向性?

そんな言葉になるのかな。



本音で生きていると、心がむき出しだから、たまにダイレクトに傷つけられて、

でもその分、

理解し合えたり、共感できると、

ものすごーく深く深く喜びを感じれる(^^♪


生活、仕事、人に対しての言動や行動、

いちいち説明しなくても、見てくれている人って必ずいて、

普段から、どんな風に生きているか、がポロポロ出ているんだろうな~と思います


話し方だったり、歌い方だったり、表情、声、言葉の選び方、

スピード感、動き方、

それらぜーんぶ


目に見えるところを磨くだけでもダメで、

目に見えないところを磨くだけでもダメで、

たまに迷走しちゃったりして(笑)



表面を上手く取り繕えたら”器用”なんだろうけど、

不器用なら不器用なりに、

内面から表面に出ちゃうものを、恥ずかしくないものに



遠くにいても



お互いあせらず、がまんせず、無理せず笑顔で過ごせますように!!


遠く離れた、患者友達からの手紙。



彼女は、原発性(原因不明で発症する)の私とは違う、

続発性(治療後の2次的な発症)のリンパ浮腫です。



リンパ浮腫は、がん治療の後遺症として認知されることが少しずつ増えて来ましたが、

私と同世代のまだ若い彼女でも続発性の患者さんがいることに、

ちょっとせつなくなった出会いです。


出会ったのは2年前の入院の時、彼女は歩くのも辛い状態で、

それでも、いつも笑っていました(^^♪



とっても明るく楽しく、笑いの絶えないキャラクターで、

その姿に、私も、周りの患者さんもみんな照らされる


決して軽症ではない彼女の脚。


久しぶりの手紙にも、その症状の大きさが書かれているにも関わらず、

こうして私を励ましてくれる



彼女が私に言った言葉、


「あっちゃん、歌いながらリンパ浮腫広めてね!衣装は包帯マキマキで!(笑)」


自分が大変な思いをたくさんしているからこそ、

まだ医療機関でさえ認知度の低い、リンパ浮腫を広めて治療環境を良くしたい、

という想いがあるんだと思う


その彼女のためにも、私が出来ることをやっていきたいな



元気な理由♪



もらったLINEのスタンプ

私に似ている!とご感想をいただいてます(笑)

近頃はおだんごヘアよりはポニーテールですが、表情とか雰囲気が似ているらしい。。。







特に↑の笑った顔はそっくりらしくて、

自覚がないのですが、こんな元気キャラなんだなー(笑)


最近、受けた取材で記者さんが、

「どうしてそんなに明るくて元気なんですか?」という質問をしてくださいました。


その質問に、今まで理由なんて考えたことがなかった私は、

とても困りました(゚∀゚)


でもね、確かに、20代前半のころと、今とでは、性格が変わったと思うんです

それは、仕事をするようになって、仕事柄、という影響はあるでしょうが、

病気になったことが大きいのかな、やっぱり。



子供のころ、学生のころ、いつも先のことばかり心配で、なるべく目立ちたくなくて、

ちゃんとしてないと不安で、勉強とか専門的に音楽をやるようになってからの練習とか、

もうそれはそれは、毎日の自分への課題!で、

それを怠けたら、とんでもない人間に陥るのでは!?という恐怖の塊でした

だから、正直、毎日全然楽しくなくて、

生きるって一生こんな感じなんだな~いやだな~(T_T)って本気で思うような冷めた人間!!

大きな声では言えませんが、音楽を楽しむとか歌うことを楽しむっていうのは二の次三の次で、
音楽が好きなタイプでは全然なかったです(笑)




でも、病気になったことで、

ケアしたり制限することが出来たにも関わらず、内面はとても自由になったんですよね


それはまず、まだ起きてもいない先のことを心配しなくなって、

いつどうなるか分からない、命の長さも分からない、

ということを感じ始めたからですね。


一応誤解のないようにしておきますが、リンパ浮腫は生命に関わる病気ではありません!

合併症はちょっと怖いですが、上手に付き合えたら、そこまで怖がる必要のない病気です。

(もちろん、症状に個人差があるので、重症の方にとっては本当に本当に辛い症状ですよ!!)




先のことを心配しないというのは、

どうなってもいいや~という自暴自棄ではなくて、

いつも後悔しないように生きたいな、出来ることを心をこめてやりたいな、

という気持ちが強くなりました


たぶん、健康だったら、

10年20年先、ある程度一般的な人生を想定して今を生きていたと思いますが、

それがちょっと人とは違うかもしれない!?ならば、

「今」の積み重ねで、ココロからの自分で時間を使うことで、

未来を作りたい!と、そんなことを思っているから、

いっぱい笑えて、元気なのかもしれません(笑)





”想い”のお話



青森市のカフェ0371(おさない)さんに、CDを置いていただけることになりました(*^_^*)

ありがとうございます




魔法のお茶がなくなったので、受け取りがてらランチです

魔法のお茶のお姉さまとも、

カフェのオーナーさんとも色んなお話をさせていただいて、

”想い”の重要さをさらに実感します。


例えば戦争とか、世の中の大きなことも、一人ひとりがしょうがないよね~"(-""-)"、

とあきらめるんじゃなくて、

違う希望を想えばそれが、大きな勢力になるということ。


それって、特別なことじゃなくて、

お正月に初詣でお願いしたり、七夕の短冊に願い事を書いたりするのと同じだなって。


人を変えることはできないし、抱えているものを一緒に背負うことはできないけれど、

その人自身が、立ち上がろうと、変わろうとするお手伝いや気づくきっかけを

与えることがしたい、

という私の中のコアな部分


それと同じだー    ”想い”



そして、ちょっと話しただけなのに、

オーナーさんが私が歌を歌っていく理由を

お薬と一緒ね、サプリメントね」と(*^_^*)

すごーい!

ちょっと話したたけで、それを感じていただけるなんて


聴いてくれる人が元気になったり、ちょっとホっとしたり、

そうなってくれることが一番、嬉しい

だから、薬のように、音楽を提供出来たらとても嬉しい


薬というと、病気の人限定みたいなイメージになってしまうけれど、

そうじゃなくて、誰にでもある、

疲れとか、ちょっとモヤっとしてしまう出来事とか、

そういう人に言わないちょっとしたこと。

そんなことに響いて効いてくれたら、いいな~




浴衣の工夫

昨日は地元のお祭りで、

今年は、友達と一緒に浴衣を着ていこう!ということに


浴衣を着るときの問題点は、履物!!

ズバリ履物!!


分厚い弾性ストッキングプラス、指包帯をしているので、

草履や下駄を素足で履くのは、ちょっと抵抗があり、しかもキツくて痛い(+_+)


虫にさされるとまた大変だし。。。


ということで、ソックスタイプの白い足袋を履いて、

母の普段用の下駄サンダルを借りてそれっぽく♪







前回、ねぷたで立ちっぱなしで次の日脚が痛くなって失敗したので(笑)

今回は、ちょっと慎重に、でも、楽しいことは楽しみたいのです


いつも合奏指導に行っている保育園の子供たちが、

私を見つけるなり、大きな声で「あやのせんせー!!!」なんて叫ぶので、

恥ずかしかったです(笑)

でも、普段お会い出来ないご父兄にも挨拶することが出来て、

ピアノの生徒や、久しぶりに会えた方もいらっしゃったので、

地元のお祭りって楽しい~


ちゃんと考えて、今日は休みにしています!

ドレナージを念入りに、ストレッチやウォーキングで筋肉もしなやかにして、

「昨日はありがとう」と身体に伝えます


イメージカラー

その人のことを伝えると、

イメージでオーダーメイドでアクセサリーを作ってくれるんですよ


と、生徒のママさんが、私にプレゼントを~~~(≧▽≦)


そういうの好きです!

かわいい包みを開けてみると、、、




ピンクのアクセサリー


水晶に着色した、チェリークォーツという石!


なぜか最近、ピンクのイメージ、と感じていただけることが多くなって、

私自身は、青とか、緑、とか寒色系と思われてそう。。。と思っていましたが、

言われるのはみなさんピンク!

意外!!(笑)


ママさん的には、周りがピンクで芯の部分が淡い青、とも(^^♪





ピンクって嬉しいです♪♪♪


チェリークォーツ、

恋愛運と美容の石

幸せでいてください♪

お盆休みと、

悩みや迷いから解放されてひと段落、

仕事もゆったりな最近、

本を読んでます




先日DVDを観た原作本





どうか、幸せでいてください。

幸せなあなたが好きです。



というようなラブレターが届く場面があるのですが、

とってもいい手紙だなと感じました(^_^)



私もみなさんへ

幸せでいてほしい、

笑顔でいてほしい、

安心してほしい


それはいつも、どこでも、


歌うときに必ず込める想いです

お兄ちゃん(^_^)

お兄ちゃんに出会いました(≧∇≦)


血のつながった兄弟はいませんが、

歌でつながったおにぃです


縁って不思議なもので、

出会ってからまだ日は浅いのですが、

いろんな話をしたり、

相談が出来るようになり、

一緒に歌うことにまでなっています





私が、誰かと一緒に歌を歌うなんて

いつも姉御の私が妹だなんて(笑)



今までみんなで音楽をやるのは、

合唱や合奏、部活、

授業で2重唱で歌うことはありましたが、

今やっている活動に賛同して、

同じ方向で、似たような価値観、雰囲気でなければ、

よっぽどじゃなければ、

出来ないだろうと思っていました


その証拠に、1人で演奏活動しているわけで、、、


しかも、自分のことは、

人と一緒にやることが出来ない未熟者、とすら思っていましたから(笑)


仕事も、どこかに所属する、ということを辞めると決めた今、

自ら1人になる方を選択しているのに、

逆に仲間や出会いがどんどん増えて、

むしろ、

自分に正直になることで世界が広がっていく


私も、一緒にシェアして楽しめる人間だったんだー

っていう新発見(笑)


まずはお試しですが、

おにぃとの活動でも、みんなが楽しんでくれたら~

ワクワクします




お盆だし、ご先祖様も応援してくれているのかもしれません(^_^)

そして、それは私だけでなく、

きっとみなさんそれぞれに、

1人ひとりに、

見守ってくれている何かがあると思います


種に水を♪



「鉢かつぎ姫」

この昔話知っていますか?

病気の母親が、自分がいなくなったあとの娘のことを心配して、

災いから守ってもらうため、

鉢をかぶせて育てます。

母親はやがて亡くなり、姫は鉢をかぶったまま、

子供たちにいじめられたり、

義母に追い出され、

辛さのあまり川に身を投げようとした時、

鉢のおかげで沈むことなく、

流れ着いた先は素敵な殿のもとへ。

殿のところで働くようになり、

殿は姫の働きぶりと琴の音色に心惹かれ、

ある時鉢が割れ、

美しい姫と殿は幸せに暮らしました。




災いの元でしかなかった鉢が、

姫に大きな幸せをもたらすことになる




先のことは分からないけど、

幸せのタネは、

思いがけないところにあるのかも(^_^)


でも、そのタネに水をあげて芽を出すのは自分自身だってことは、

忘れちゃいけない

当たり前じゃない


今年のお盆は、人生で初めて父方の実家へ~~

不思議な人生の流れで、去年25年ぶり?に父に再会してから、

私の世界では「当たり前」だったことがどんどん変化しています♪


会うきっかけになったのは、父方の祖父が亡くなったこと。


父も、父方の祖父も祖母も、ずーっと私のことを気にかけてくださって、

そんな風に、離れていても想ってくださる方々がいるということがありがたい



本当ならば生前に再会出来ていた方がよかったのですが、

祖父が私に読ませるために、生まれた時に準備していてくれた絵本の全集!






日本昔話。

子供のころ、この本を読むことが出来ませんでしたが、その分大人になった今、読みました。


祖母も私にプレゼントをくださって




お盆の親戚周り、とか里帰り、

今まで経験なく、一つの形しか知らなく、それが当たり前だったのですが、

今の歳に初めて行くと、孫として、よりは

まるで、主人の実家へ遊びに行った嫁!みたいな気分でした(笑)


しきたりや宗派の違いも様々で、

色んな世界があるんだな~と、また勉強にもなりました


自分を知ること、大切にするために、

今まで知らなかった、父とのことに向き合う



マキマキ族の村




ミスチルを聴いて、外を散歩すると、
入院していた頃の時間を思い出します

音楽ってその時の感情や場面を思い出させてくれるすごいものですよね


病院は、面白いところで、

私は勝手にマキマキ族の村、と呼んでいます(笑)

みんな、脚や腕に包帯ぐるぐるミイラみたいな、

土偶みたいな感じだけど、

それが当たり前で、

アフリカの首なが族も同じような感じだなーなんて思うからです(*^^*)




リンパ浮腫は、ケアが大変!

そのケアを一生しないといけないんだな~という現実に、

カーテンで仕切られた病室のベッドで声を殺して夜に泣いたこと。

でも、

無理やりポジティブにはなれないし、

無理をするとかえってどこかに歪が生じることも分かっていたから、

ただ、それを味わいました。


同じ患者さんは、みなさん明るく楽しい方ばかりで、

その姿に励まされ、

ゆっくりゆっくり、私なりに受け入れながら、

今につながっています




今日はお盆、

はじめて父の実家で過ごします

人生って良くも悪くも分からない(^_^)

それについてはまた今度~

自分の奥の気持ち



東奥日報さんの取材、今回も感じのよい記者さんが担当してくださって、

色んなことを素直に話すことが出来ました(*^_^*)


自分のことを誰かに伝えて、それがまた誰かに伝わっていく。

その過程には、聴いてくださった方の感じ方や理解も欠かせないもの。


おかげさまで、色んな方と取材でお話する機会をいただいていますが、

人の話を聴く姿勢や、受け入れる態勢の大切さを感じて、

私自身も、こうでありたいな、と思える方が多くて学びになります(^^♪




これまでのことを振り返って話してみると、

自分が思っていたよりも、思いがけないときに、

グっと涙が出てきそうになったり、

「あ~私って辛かったんだな~」なんて気づくこともあります。

仕方ないこと、過ぎたこと、と思っているはずなのに、

これが本心なのかもしれないな~と


慢性疾患の方は同じように、受け入れたり諦めたりしながらも、

普通にそうに、元気に生活している方が多いのかもしれません。



自分に向けて、

いつもお疲れ様、頑張ってきたんだね

たまには、そんな風に言ってあげようかな~




今日はヨガと新聞取材!



今日は、ヨガ。

ヨガのお姉さまも、また、私をいつも励ましてくださり、

深い深いメッセージをくださる素敵な女性


身体のために、しなやかな筋肉やストレッチのため、と思ってなるべく通いたいヨガですが、

それ以上に、精神的なことも整えることの出来る特別な時間だなと、いつも感じます。


「決断したことが良かったかどうかは、

決めたことよりも、そのあと、

自分がどう動くかですねますます広がりますね


そんな言葉をいただいて、また、私の軸がしゃんとする思いです(*^_^*)




そして、今日は、突然依頼が来た東奥日報の取材で、

記者さんとお話させていただきます


不思議でたまりませんが、フリーになる決断をしたあと、

そのことを伝えあとすぐに、

依頼をいただいて、

もしもちょっとタイミングがずれていたら、

また少し困ったことになっていたかもしれないけれど、

本当にミラクル!!


まるで何か大きな力に誘導されているような、そんな気がしてなりません(^^♪


ちょっとおもしろい(笑)


楽しみつつ、進みます♪

今の私の軸

人との出会いは生きていく上で、本当に宝物です

宝物があると、その光に照らされる



大人になってからの友達、すっごく多いです(*^_^*)

私には、

お母さんみたいな、お父さんみたいな、

お姉ちゃんみたいな、妹みたいな友達もいて、

最近はお兄ちゃんも出来ました(笑)

おばあちゃんもいるな~♪


応援してくださり、

支えてくださるみなさん全て、

今の私につながります


その出会いの中に、今の私のコアな部分の軸になっているのは、


チハラダクニコさん←リンクです。


このブログとの出会いが今年の私を変えています!

全ての言葉が沁みるけれど、

今、私を必要としてくれている人たちのために、

また新しく動こうとさせてくれた言葉。



 遠慮をやめましょう。
 やるべき貢献をしましょう。
 私になにかお役に立てることはありませんか?
 何かあなたのお役に立てることはありませんか?
 と自ら、世の中に自分を押し出しましょう。
 そうしなければ、あなたを必要としている人が
 あなたのことを見つけられないのですから。




先月実際にお会いすることも出来て、
セッションをしていただいて、
導いてくださったクニコさん




そして、ライティングワークショップを開催しているライターの熊谷圭子さん。

そのワークショップに参加した時、

自分の内面をよく見つめ、

先のことや感じているものを深く深く向き合って、

そこで出て来たもの、

向き合い知ることで、

また勇気を持って覚悟して、前に進める





出会いをどう育てるか、


気づきをどうするか、

放置してもいいし、

分かっちゃいるけど現実はね、としてもいい、

全ては自分次第


決断出来たのも、出会いと気づきのおかげ、

ありがとうございます(^_^)






まさかの決断!!

何かを決めるとき、

「はじめる」か「やめる」か、

「やる」か「やらない」か、

決断の種類も様々ですが、

私の思いよりも早く、「やめる」決断をしました!


え?やめたいと思うからやめたんじゃないの?!(゚∀゚)

と、???な書き方ですが、、、

いつかはやめる日が来るだろうな、と思っていたのですが、

計画では、あと数年はそこにいるつもりでした。


頭では、次が見つかってから、環境が整ったら、

なんて思っていたのですが、つまりそれは思考。


でも、あれよあれよと、色んなことが起こり、

トラブルや一見マイナスのことだけれど、中身はチャンスでした。


それはまるで、思考ではどうにも出来ないような、

何かが私をそうさせようと仕向けているんじゃないか?という流れでした


ずっと胸に秘めていた想いを、今、行動に移す時!


もちろん、勢いまかせではなく、色んな方に話を聞いてもらって、

なるべく感情的にならずに、客観的にも考えて。






急な流れに、戸惑ったり、悩んだり、

決断を伝えるときも、

ものすごくパワーを消耗したので、アロマでゆっくり落ち着かせて





来年からは、

完全にフリーで仕事をします!!


音楽を使う難しさ

今日は、ホスピタルミュージシャンでしたが、

音にはパワーがあるからこその難しさを痛感しました(+_+)


ある方には楽しみだとしても、

ある方には疲労感だけになってしまったり、

それは、音楽にパワーがある証拠ではあるけれど、

使い方を間違うと凶器にもなってしまうということ。。。


私には何が出来るだろう?



レッスンしていても、「体調悪いですか?」なんてご父兄に気づかれる始末で、

何か無理をしてしまっているのかなぁ、、、






仕事のこと、音楽のこと、身体のこと、

気兼ねなく話せる友達と一緒に、隠れ家カフェ








一人じゃ、気持ちも頭も混乱することも、

たくさん話して救われる


ありがとう(*^_^*)

沁みる歌



「涙そうそう」は未だにダメなんです(T_T)

と、教えてくださった大人の歌の生徒さん。


ご主人を突然亡くされ、精神的にも辛い日々を乗り越えて、

歌う楽しさを知ってレッスンを受けてくださっています。


「歌詞の内容が私にぴったりだから、

涙があふれてくるの。」


「歌って、歌詞があるから、言葉ってすごいですね。」


「庭で手入れをしたあとにね、主人が見てるかな~なんて、空を見上げたりして、

本当にそういう風になるのよね。

家には誰もいないけれど、どこかで見守ってるのかなっと思ったりして。」



今日はホスピタルミュージシャン、

刺激が強すぎず、耳心地良く、ホッとしたり、やわらぐ歌を、

ピアノの音を届けられるように


選曲も順番も雰囲気次第、

幅広く、レパートリーを日々増やしていきたい。

振り返る。

独り言。


私のいいところは、人に媚びないこと。

私の悪いところは、「普通こうするよねー」が出来ないこと。

本当に思ったことしか言えないし、出来ないこと。




中3の大事な時期に「一旦人生をストップさせたい」と思って、学校に行くのをやめた。

勉強も人生も、どこにいたって、

自分の力でどうにかするしかないんだ!と。

ある種、勘、みたいな、”こうするしかないんだよな~”で本当にそうした。


それが転機になって、私は音楽の道に進むことになって、

高校の時に祖父が亡くなって、残してくれた財産で音大に行けて、

東京になじめなくて、青森に帰ろうと決めていた時にリンパ浮腫になって、

学校の先生は諦めた。




たまたま声をかけられて楽器店の講師になって、

出張コンサートの担当になって、それが今の音楽活動のつながりになって。



大手の講師としてレッスンもしていたけれど、

大事にしたい「ココロ」がない場所で、そこを離れ、

また声をかけられたお店に、今度はちょっと違う音楽のレッスンで講師になって。



エリートだけど冷たい彼、貧乏だけど優しい彼に出会って別れて。


25年ぶりに父に再会して、父方の祖母に再会して。


リンパ浮腫の状態は軽度なのに、蜂窩織炎を繰り返していて。


CDを手探りで作って、全国的にたくさんの方に聴いていただいて、

新しい出会いがたくさんあって。


ホスピタルミュージシャンの活動をはじめて、そして、今。


どこに向かってるんだろう~

立ちはばかる壁と、後押しする波が混在。


壁にフォーカスしたら、私はきっと元に戻る。

波に乗る勇気が出たら、私はきっと進化する。


身体のために


STAP細胞の笹井さんのこと、

弘前ねぷたでの死亡事故、

昨夜からの大雨。


いろいろと考えさせられる昨日からの時間。


1分先のことでも、本当に何が起こるかわからないな~と思います


いいことも、悪いことも。


今日は、大雨の影響で取材は別日に延期になりました

自然の力ってものすごい、幸いにうちの周りに被害はないですが、

自然災害の前には人間ってとても小さくて、従うしかなくて、

それってたまに自然が人間に怒っているんじゃないか!?とさえ感じます。



硬くなった脚のために、昨日今日と2日連続包帯マキマキ~

理想は、夜寝るときに毎日マキマキするといいのですが、

私は、夜中に痛くなって目覚めたり、不快感で歯ぎしりで顎が痛くなるので、

なるべく日中出来る日には巻いています


包帯を巻く、というのは、イメージとして脚にギブスをつけているような感じ。

厚くて重くて、膝が曲げられず、床に座ったり立ったりは一苦労!

しかも、巻いた包帯がほどけてくることもあり、出先でそうなると恥ずかしいです(笑)


でも、包帯を巻くと、(圧迫を強めたいところにはスポンジも入れますが)

やわらかくなって、見た目もスッキリになるので、

効果があることなので、うう~"(-""-)"と唸りつつもマキマキ~~!!


身体のために、

思い切って新しい枕とマットを買いました






テレビ取材



暑中お見舞い申し上げます(*^^*)



最近ハマっている手作りキャンドルの色付けのクレヨンを探していたら、

偶然、ぬりえの絵はがきの本が見つかりました


今日は包帯マキマキ休日とにかく暑い(+_+)


ぬりえをして暑中お見舞いを書きました





明日はテレビのキャスターさんとの取材の日です。


5月ころから、取材を受けていて、いろいろ話すうちに方向性が変わって、

今は、一番良い形で伝えるためにどうしたらいいか、

ゆっくり進めています



でもこれは、とてもありがたいことです!


表面的なことを伝えるのはなく、

私のやっていることの想いや、

それに関わる方々の想い、

そして、それを伝えようとしてくれる方々の想いが、


みんな同じ方向を向いた!という感じです


分かり合うということは、実はとても大変なこと。


でも、真摯に向き合うことでつながることが出来ます(^^♪



全てに向き合ったりつながる必要はないけれど、

大事にしたいこと、

尊敬出来ること、

信じたいこと、には向き合いたい


リンパ浮腫についても、広められるようないい機会になって欲しいです!


弱気虫




自分の芯の想いを信じて向かう時に、

関わる人やことが多くなればなるほどに、問題も増えて、

時々、

もっと大人しくしていればよかったなあ。。。

と、自分の活動をやることに弱気虫が発生します(T_T)

一般的に、音楽教室で先生をしてるだけでいいんじゃないか?と。。。






「何か本質へ向かうとき、一見マイナスが起こるのは、

本当に本気でやる気があるのかい?というおためしなんだよ」

と教えてもらったことがあります。


本当のことだから、壁があって、逆風がある。

それを超えるのか、まだ同じ場所に戻るのかは、自由。




弱気虫でも、

たぶん私は、進んでしまう。


どう自分に問いても、

「真の意味で、人にパワーをあたえる、支える歌を歌いたい」

「人のために生きたい」

という想いが揺るぎないから。



そういう頑固さに苦しめられつつ、いつも弱気虫退治~~~!!!

反省(*_*)

夏だしね、楽しいこともしなくちゃね、

なんてアクティブに、ちょっとアクティブに若者っぽい過ごし方をすると、

ダメなんですよね"(-""-)"


ちょっとくらい。。。というこの油断が、、、


昨日は、ねぷたを数時間立ったまま楽しんだのがダメでした、たぶん。

太ももが硬く、ピリピリして痛いし、

いつものウォーキングマシーンで歩いて、ドレナージして、ほぐしても、全然やわらかくならず(T_T)


ヨガで筋肉を使ったプラス立ち見だったのが、良くなかったと思われます



寝るときに、包帯マキマキした方がよかったのかもしれませんが、

この暑さでは熱中症になりかねないし、気力もなかったのでせず~~



身体の不快感からか、

朝起きると顎が痛くて口が開かず、

小学生の時の顎関節症と同じ症状が出てます!

夜中に歯ぎしりしちゃっているようで。。。



下半身のリンパが滞っているので、

全身のだるさ、疲れやすい、免疫力低下を感じます


そんな状態で、ちびっ子たちとわいわいレッスンしちゃうので、

無意識に身体には負担があるのかもしれません~


でも、なんでもないようにしないと、仕事ができないのも事実


周りには伝わらない宿命でーす(笑)




反省をしつつ、いてて~と仕事をしている今日ですが、

思いがけず嬉しいことも






私のかわいいかわいいお友達、母校の後輩から、

放送部の全国大会のお土産です!!とわざわざ贈り物が


元気不足している時にも、

こうして、支えてもらえるのは幸せ者です~(*^^*)

このタイミングが素晴らしいね(笑)



今日も念入りにケアをして、早く寝ます~

益田音楽教室

黒石市にあるピアノ、歌(歌唱、ボイストレーニング)、ピアノを弾く前の音楽力を養う音楽あそびレッスンをしている音楽教室です♪ピアノは2歳から、音楽あそびコースは赤ちゃんから、歌のレッスンはボイストレーニングから、身体に不調を抱えている方の機能改善を目的としたレッスンも対応しております。

自己紹介(*^_^*)

青森県黒石市のピアノ・歌のレッスン教室、益田音楽教室で講師をしながら、ヒーリングシンガーとして、歌のおねえさんとして、出張コンサートをしている歌手・演奏家です。青森明の星高等学校音楽科、東京音楽大学声楽科声楽演奏家コース卒。 2008年に、原発性リンパ浮腫を発症し、病と共に生きる日々、音楽や身体を通じて出会うもの、感じるものを綴っているブログです♪ コンサートのお問い合わせ、ご依頼など、下記メールフォームからも受け付けております。

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる