08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
14
15
18
22
24
26
28
30
31
   

ヘアドネーションの先輩

先月、新聞記事で見つけた、
ヘアドネーション↓↓↓

ヘアドネーションについてのブログ記事


今の目標は、腰まで伸ばす、の私です(*^_^*)





益田音楽教室でピアノを習っている5歳の女の子、

今まで長かった髪が肩までの長さになって来ました


ママが、

「産まれてからずっと切ったことがなくて、
そろそろ切らないとなと思って10センチくらい切るはずの予定が。。。

パパと一緒に行ったがために、

20センチもばっさりと切られたんです

そして、号泣して帰って来ました(^_^;)」

と教えてくださいました!


そして、切った髪を持って帰ったのはいいのですが、
捨てるのはもったいないので、

色々調べたら、寄付があることを知ったので、
寄付することにした、と


女の子にとって、
髪の毛は自分の宝物で、

切ってからしばらくした今でも、
まだ悲しそうにしています。

そのくらい、髪の毛は女の子にとって大切なもので、
(女性に限ったことではないですよね)

「いらないものだから、日常に支障のないものだから」
という理由で誰かのために寄付するよりも、

「宝物だけれど誰かのためになるのなら」
という気持ちで寄付するって、

本当にすごいことだなって



もちろん、それは、
周りの大人たちが主導権を握ってはいますが、

それでも、

その子にとって、
自分の大切なものを誰かのために使ってもらう、という経験、


そして、
その宝物を受け取る子は、きっときっと、
とっても幸せだと思います


持ち主が変わっても、まだまだ役立てる髪の毛も、
とっても幸せ


奉仕や寄付や支え合うことは、

自分自身をないがしろにするということではないし、

良いことをしているんだ、という自己満足でもないし、

してやっているという優越感でもないし、

「愛」なんだろうな~って思いました



意外なところで、
ヘアドネーションの先輩が出現して、

ちょうど、私が想っていたときに、
同じようなことをしている巡り合わせにもびっくりですが、

宝物を手放したその子を、

心から尊敬しています(*^_^*)


スポンサーサイト

ちょーーーっとしたこと♪

その人に会うだけで、なぜだかグっと元気になる人って
とても素敵だと思います(^^♪

笑顔とか、声、
特別に何かをしたり、
言ってもらうわけじゃないけれど、

ただただ、会うだけで、
なんだか気持ちが良くなったり、

すーっと心が晴れたりする人

そんな人に、私もなりたいなー(*^_^*)


ただ、明るければいいわけでもなし、

それはどこかクリアな純粋な気持ちやオーラ?




素敵な言葉をくれるものも、



私のことを気にかけてくださる想いも、



毎日のちょーーーっとしたことだけど、
その、ちょーーーっとしたことに救われて支えられている




いつも分厚い弾性ストッキングを履いて、
履ける靴を履いて、
おしゃれはなかなか難しいけれど、




自分しか見ない足元をカラフルにしてみると、


そんな、ちょーーーっとしたことでも、
どこか元気になります(*^_^*)



私の仕事も、そんな、ちょーーーっとしたことに過ぎないけれど、

ちょーーーっとしたことで確実に元気になったり、
笑顔が増える瞬間があることを知っているので、

歌を歌って、ピアノや歌のレッスンをして、

自分を楽しませつつ、

マイペース~~


経験を生かして(*^^*)

夏のミニひまわりが終わったので、
秋の花も植えました




つくづく、身体とココロはつながっているな~と感じていますが、

私の場合、身を持って本当にその通り


「体は丈夫なので!」という方も、
本当は丈夫ではなくて、
我慢し過ぎて身体が鈍感になっている場合もあるんじゃないでしょうか?


体調が悪いと、
言いようのない不安の波に押しつぶされて、

周りに迷惑をかけている、
元気でいなければいけない

という自分自身の思い込みや、
「悪いこと」という捉え方が強かったのですが、

「それは身体が教えてくれているから感謝しないとね。」

と教えていただいてから、
元気じゃない時もあるんですが、
その時はその時でそれなりに~とやり過ごしています(*^_^*)


でもね、
いくら、身体とココロが大切だから、
といっても、変えられない現実もあれば、
感じるストレスもみんなあって、

その中で、いかに工夫して、自分を大切に出来るのか!

というのが、日々起こる日常だと思うんです


私は、演奏活動以外に、
音楽教室やNHKカルチャーセンターで講師をしていますが、

気持ちを解放して声に出すことや、

身体を使って楽器に触れること、

頭の中の意識を一時的に変えることで、

リフレッシュして元気になってもらいたいといつも思います



身体とココロの関係を強く感じている私に出来ること。

まだまだたくさんあるのかもしれない!


頑張ろう~、、、、じゃない!(笑)

顔晴ろう~~

歌で笑顔づくり

大学時代お世話になった先生に
久しぶりにお会いして、

変わらずお綺麗で温かいオーラに、

懐かしさと、素敵さを感じました

高校大学と、
音楽しか、なかったので、
とにかくがむしゃらに続けるしかなくて、

周りがみんな、
やりたいことを目指しながら励む中、

いつも、何かをつかみたくて、
モヤモヤしていて、

でもとにかく頑張るのみ!


そんな感じだったので、

今思うと、
もう少し楽しめばいいのにー
と言ってあげたいけれど、

当時の私ではきっと無理(笑)


そんな時を経て、
歌っている今



昨日は、高齢者のみなさまと一緒の時間

子供でも大人でも、
歌が大好き、音楽が大好きな方は本当に楽しそうにしていらして、

その様子や、
職員のみなさんが楽しませようとする空間、

ご家族のみなさんが、
利用者さんを労わりながら一緒に過ごされ、

たくさんの笑顔と笑い声にふれると、


いつも元気をいただきます


我が家のおばあを見ていてもそうですが、

年齢を重ねると、
出来ないことを受け入れる努力、
みたいなもの、
受け入れる余裕、とでもいうのかな?


日々変化する自分と向き合うのは、
想像以上に切ない感情もあるのかも


それでも、今いる場所で、
なるべく良い時間を過ごしてもらいたい、
とたくさんの人の想いが支えてる


ありがとうございました(^_^)


すき

マクドナルドのハッピーセットのおもちゃ、
今は、ジャッキーの絵本シリーズ



キャラじゃないクマが好きな私ですが、
このジャッキーのちょっと不機嫌な顔が可愛くて、
気になる存在です


うちの音楽教室に置いておきまーす( *´艸`)



大人の生徒さんのお孫さんが、
「いわゆる特別支援を必要とするタイプの子なんです」

と教えてくださって、
色んなエピソードを聴きました。


独特の感性と興味の範囲や、許容の範囲が、
周りと比べるとどうしても違いや差があり、

成長もゆっくりなので、
ご家族としても接し方や理解を得る努力も絶えず、

「色々と心配なんですけどね・・・」

でも、お盆に久しぶりに会った時、
水泳やピアノを弾いてくれたり、
目に見えて成長を感じてびっくりしたそうです


だから、「頑張ってるのね」と褒めると返って来た答えが、


「ぼく、頑張ってないよ、好きなことをしてるだけだよ」


本人の感覚としては、

ピアノはちゃんとレッスンを受けているわけではなく、
レッスンを受けること自体も苦手なので、

興味を持った、弾きたい!というお気に入りのものだけ
気の向くままに弾いていたら、
出来た!

ということに過ぎないのでしょうが、

はたから見たら、

とても頑張ったね、という印象になるっていうことですよね(^^♪



すき、という気持ちが原動力になると、

ものすごいパワーが出る!!!

「努力」=苦でなくて、
「努力」=楽しいになる!


それって本物だなーと思ったお話でした



呼吸するように歌う

声って、
その人そのものが表れると思います(^_^)

それは、いい声とか音色ではなく、
気持ちや内面が表れるという意味です

歌のレッスンをしていても、
生徒さんの気持ちや身体の状態で、
ちょっとずつ変化しています♪

私がよくレッスンで言うのは、

歌うことは呼吸の一部ですよ、

という自然体の声

身体を使って鳴らして奏でるのが、
うた。

私の場合は、身体のケアのためにも、
ストレッチやら運動が大事になるんですが、

それは歌にも通ずるところがあります

そして、気持ちのケアも大事

誰かに接するとき、
演奏するとき、

なるべく気持ちも穏やかに
整えておきたい

日々、色んなことが起きて、
解決しないものを抱えたりもするけど、

それがあるからじゃあだめ、
ではなく、

抱えていたとしても、自分にオッケーを出す

その時の自分が、出来ることを
心からの笑顔と想いで表現したいです(^_^)

色んなことが起きて、
悩みを抱えたりするのは、
みんなきっと同じだからね

何にも特別ではない私がやれること♪

夏ももうすぐ終わりかな~

青森に吹く風は、もう秋の風で、
今年は炎症を起こさなかった久しぶりの夏
(とか書いちゃった後に倒れたりするので、
まだまだ油断できません(笑)




数年前は、蜂窩織炎が続いて、
「手術で軽減する可能性があるから、考えてみた方が良い」

と言われていた状態から比べたら、

本当に人生分からないものです!( *´艸`)

同じ生活スタイルでは仕事も出来ないな~と限界を感じて、

手術する気持ちにならなくってそのまま。


「手術して今よりパワフルに動けるようになったとしても、
そのために手術をするよりは、
炎症を起こさないような生活を工夫したい!」

という気持ちが強かった、というのが本音です


今年になってから、
脚もやわらかく、指包帯もしなくても過ごせたり、

包帯のケアもほぼしなくてもそんなに腫れないし、

元気になった理由は、はっきり分かりませんが、

色んなもののバランスがちょうどいいのかな~今


演奏の仕事でも、
夏っぽいイベントに参加したり、

地元のお祭りを見に行ったり、




浴衣を着て花火を見たり、




自分のことで悩みは尽きないけれど、

それでもそんな日々を過ごせたことには、

元気でいてくれる身体には、

ありがとう、って言いたい


感謝出来ること、嬉しいこと、幸せなこと、

たくさん見つけたい


アナ雪とシュガーラッシュ

最近は、”進み”モードから”待ち”モードになっていて、

お盆もゆっくり本を読んだり、DVDを観たり自分ごもり。


ディズニーの「アナ雪」と「シュガーラッシュ」を観てました




アナ雪は、
もうだいぶ有名なのでストーリーもご存知の方が多いと思いますが、

シュガーラッシュは、ゲームの世界の話で、
悪役のキャラクターが自分もヒーローになりたい!と悩み、

ヒーローに憧れる話です

エルサもコントロールできない魔法に悩み、

シュガーラッシュのキャラもまた、
悪役である自分の役割を受け入れる苦悩があり。。。





子供のころから、
私の周りには、可愛くて愛される友達が多かったので、

”しっかり者”の私は、
どちらかといえば、頼りにされることが多くて、

愛されキャラの友達に合わせてみたことがあるんです(笑)


出来るのに知らないふりをしてみたり、
気持ちがないのにはしゃいでみたりして、

自由奔放さを真似て~

でもそうなると今度は、「ちゃんとしてない自分」に不安になるんです!


しかもそれは、本来の私ではないから、
ただただモヤモヤするばかり。

というわけでそれは失敗

他の誰かになることは出来ないのです~




もちろん、比較されたりして自信がなくなったり、
落ち込んだりもしてましたが、

それでも「自分は自分」としてそのままいくしかなかった




生きてる人がみんな”役割”や”使命”があるのなら、
教えてくれてたらいいのになーって
時々思っちゃいます。。。。




自分と違う人を批判したり、見下したり、
争いが生まれる前に、

尊重し合える関係、

あなたにはあなたの役割、

わたしにはわたしの役割、

って尊重し合えたらいいのにねー


それが支え合い、なんじゃないだろうか



どんな場所でも、どんな人の前でも、
”音楽”を使って、

私はその世界を広げたーーーーい





バラバラ

頭とココロがバラバラになると、
身動きがとれなくなって、ギュっと苦しくなります。

頭だけであれやこれやと考えずぎると、
見える景色もまた変わって、
見えてくるものも違って、

頭の中、思考をストップしたくて。




朝早く、一面の蓮の花を見たくなって





鈴虫が鳴いていて、人も少ない自然の中、
しっとりとした空気に触れて、

今いる自分の覚悟、とか、

歌うこと、をどうやっていくか、とか、

あきらめと受け入れの違いはなんだろ、とか

でもそれも、結局頭で考えてるので、
きっと違う。

何か答えが欲しいし、気づきたいのに、

ずっとモヤモヤとしているような、そんな今。


ギュっと縮こまっていると、
どんどん縮こまってしまうことをよく知っているから、

そんな自分が発する気は
いいものを生み出すことも出来なくなってしまうから、


やるべきことはいつも同じ。


今、手の中にあるものを、
やるべきことを、

真摯にやっていくことのみなんですよね


じっと耐える時間も必要、

誰かのために自分を使うことも必要、

自分のために自分を使うことも必要、

だけど、

きっときっと、

レベルアップするチャンスなんだ、って信じていきたい




みんながつながってる(^_^)

我が家は本家なので、
ずっとずっと、お盆は迎える側


去年からは、

父方の実家に行って御線香をあげたり、
父方の祖父が眠るお墓にも行ったり、

私にとって”つながり”が増えました

周りには、
キリスト教、天理教、仏教関係の友達や
学校に通っていたので、

いろんな宗教を味見程度に知っている中での
個人的な感覚ですが、

お盆、仏教って、

縦のつながり、血の繋がり、ご先祖様や、
血縁関係を重要視しているイメージがあります



今の時期は、街には家族、
親族のみなさんが一緒に出歩いていて、
似たような雰囲気のグループがちらほらいるから、
面白いなーと思います

生物学的なつながりでも、
仲の良し悪しや相性は様々で、

いろんな事情によって、
家族や親族の形もまたいろいろ。

私の場合も、
その”いろいろ”に含まれているので、

自分のルーツ、とか、
どういう血が流れているか、とか、


感覚としてあまり意識がないというか、
なんとなく、

自分はどこにも属していなくて、
でも、みんなとつながっている
ような気がしました、

不思議ですが(笑)


母方のお墓には、
買い物の帰り道にふと拝んだり、

「今の私は、ご先祖様に恥じない私ですか?教えてください」

なんて問いかけることが多いです


fc2blog_20150813161154222.jpg



個人的には、キリスト教の方が、横のつながり、

不特定多数の人々のために活きる働きをしましょう!
みんな平等に、同じところから生まれてきましたよ、

というニュアンスを感じています



縁あって産まれた家族とのつながり、
身体の造りや遺伝子レベルの病気のなりやすさとか、
習慣、責任、みたいなものは確かに血縁関係が強く影響しますが、



精神的なつながりや相性、価値観や感性は、
血の繋がりよりももっと違うつながりも強い結びつきがあるな~
なんてことも感じました




スピリチュアルな世界では、

魂とか、
宗教を越えた根本的なもの、

になるのかもしれませんが(^_^)






何が一番大切で、

誰が一番つながっているか、

なんて、決められないんじゃないかなと






どんなに身近にいても繋がり合えないこともあり、

どんなに遠くにいてもいつも繋がれることもあり、

形にこだわらず、

⚪︎⚪︎でなければならない、にもこだわらず、

感じるままに、

みんなとつながっていたい


ちょっとひさしぶり。

しばらく、
自分自身とずっと向き合う時間をかけて、
ブログもネットも控えていました

放置したら書きたいことは
いつも山ほどあるのに、あえて(笑)


でも、今年はやっぱり体調がかなりいいです!
いつも硬くなっている脚の細胞もとっても柔らかくて、
素足はもちろん無理ですが、
リンパが流れている感じがします~(*^_^*)



自分を知るためには人と関わらないと見えないよ、と言われたことがありますが、

それも一理、


自分を知るためには、1人で深いところの声を聴いてあげないといけないよ、
という意見もあるし、

それもまた一理。


どちらかといえば、
後者の方が私には必要な感じがして、
今までも乗り越え方は全て内観してきたから。


弱いところ、ダメなところ、
自信がなくて縮こまり、

頭で願っていることと、
気持ちの底の本心は違うのかなーって

他人の気持ちのアンテナを閉まって、
自分を気持ちのアンテナを出して。


普段、頭で考えて、
たくさんの情報の中で忙しく刺激を受けていて、
そんな日々を「充実」というのなら、

「充実」が私には多すぎるようで

頭をからっぽにする時間とか、1人になると、
自分自身と対話するしかなくなって、
明るい自分じゃない自分もわんさか溢れ出るけど、



特に、歌う本番が近いときには、
気持ちを整えておきたいって思います。

どこで何を歌うにしても、
いつも楽しみで、同時にちょっと不安で、

聴いてくれる人に心地よさ、良い気持ちを感じてもらいたい。

(って、こんなことを書いてると、
まるで修行中の仙人みたいですね(笑)

特に、山にこもったりしているわけではないので、
普通に生活してますからね(≧▽≦) )





昨日は、夏のイベントで気持ちよく歌って来ました





コンサートなどの告知、
直接お誘いしたりすることがないのですが、

最近は、無性に、
前から知っている子供たちに会いたくなったり、

いつもレッスンで会っている子供たちに歌を届けたくなったり、

私が直接知らなくても、いつも聴きに来てくださる方がいらしゃったり、

気づかないうちに、
本当に多くの方に支えられているんだよな~ということを、

心から恵まれているな~と温かくなって




歌や音楽って、空気と同じ中に溶け込めるものだから、
空間を彩るもので、

集中して聴いてなくてもよくて、

その空気に触れてもらえたらいいというか、

でも、空気ってことは、
結構重要だったり影響力が強いってことでもある。



自分は一人だな~と実感するのと同時に、
たくさんの人に支えられてるな~とも実感する



みんなが心地よく、争わず、平和で、
穏やかな気持ちでいられる空間。

昨日のイベントにはそんな心地よい空気が集まっていて、

その中で、みんなが笑ったり楽しんでいて、

知ってる人も知らない人もみんな友達みたいになっていて、

1人ひとりの人生の思い出の一瞬になって、

そんな空間を小さいところから広げたり、
多くしていくことって、

今すごく必要になっているんじゃないのかな~



益田音楽教室

黒石市にあるピアノ、歌(歌唱、ボイストレーニング)、ピアノを弾く前の音楽力を養う音楽あそびレッスンをしている音楽教室です♪ピアノは2歳から、音楽あそびコースは赤ちゃんから、歌のレッスンはボイストレーニングから、身体に不調を抱えている方の機能改善を目的としたレッスンも対応しております。

自己紹介(*^_^*)

青森県黒石市のピアノ・歌のレッスン教室、益田音楽教室で講師をしながら、ヒーリングシンガーとして、歌のおねえさんとして、出張コンサートをしている歌手・演奏家です。青森明の星高等学校音楽科、東京音楽大学声楽科声楽演奏家コース卒。 2008年に、原発性リンパ浮腫を発症し、病と共に生きる日々、音楽や身体を通じて出会うもの、感じるものを綴っているブログです♪ コンサートのお問い合わせ、ご依頼など、下記メールフォームからも受け付けております。

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる