09
2
4
5
6
8
10
11
13
14
16
17
19
22
23
24
25
27
29
   

自信がないからこそ



軸がぶれない、って、
本当に大変なことだなーと思います!

軸っていうのは、
ポリシーとかこだわり、
根本的な自分自身。

変化して成長する中で変わることもあるし、
頑固なだけだったり、
執着してる場合もありますが、

単純に、
何が幸せで何が大切かってこと

こんなに情報や意見が飛び交う中で、
いつもいつも貫けるか、って言われたら、
自信はないですし、

きっと誰でも、
幸せなもの、大切なものを守るとき、

なるべく誰かを傷つけたり
悲しませたり
迷惑かけたくないなーと思いながら、

時には勇気を持って、
軸をしっかり立て直すことが
試される時があるのかもしれません




いいことしても、悪いことしても、
日々色んな出来事があって、

そこから何を選択して、
学んで感じ取るか~



ある人にとってダメだったなー
っていうことが、

違う人にとってはそれが出来て羨ましい、


ある人にとって正しかった!
っていうことが、

違う人にとっては全く理解できない、

なんてこともあり得ます!



どんなことも、
どんなときも、
判断基準を忘れないってことは、
自分を忘れないってことなのかもしれません。

最後は、自分自身の中にある


感謝したいこと、恩返ししたいこと、
謝りたいこと、覚悟すること、

色んな想いを声に、歌に込めて、

私の方法はそれ


なるべく、みんなが幸せに日々を大切に出来たら(*^_^*)

なるべく、みんなが自分のことを大切に出来たら(*^_^*)


そこの軸はブレないような自分でいたい








スポンサーサイト

弾性ストッキングを履いてると…



十五夜の可愛いお饅頭
昨日はキレイな月でした





最近、病気ネタが多いですが、
昨日もやらかしましたよ(笑)


リンパ浮腫になってから、

こんな時は気をつけないとな~
あれは出来ないな~

と、イメージ出来ることは備えてましたが、
勉強になった出来事が


コンビニでセルフコーヒーを買って、
車内で飲もうとしたら、

なかなか口の中に来ないなー
なんて思ってた矢先!

太ももに熱いものが!!


そうです!

蓋をしっかり閉めれていなかったらしく、
熱々のコーヒーがこぼれました


普通であれば、

洋服を肌から離してすぐに対応する場面…


きつーい、分厚い弾性ストッキングは、
そう簡単に肌から離せないんです(T ^ T)

もちろんすぐ脱げません~


結果、軽くやけどしました


ストッキングも一度に2足しか買えないので、

うちで着替えるにしても、
すぐ手洗いして干して
次の日までに乾くようにしておかないといけないし、

一気に慌ただしく対処しました(笑)


帰宅時だったから良かったですが、
行きだったら大変でした、、、


こんなこともあるんだなーと勉強にはなりましたが、
やけどなんて想像してませんでした!


気をつけるにしても、
防げないこともあるんですが、

弾性ストッキングを履いているからこそ、

素足の場面よりも違うことが起きるんだな~と


とりあえず、軽く済んで良かったです(*^^*)





ヨガ


新しい弾性ストッキングの注文のために、
地元の病院の、
リンパ浮腫の知識のある理学療法士さんのところへ行きました(*^^*)

病院で診てもらっているわけではない、
というのがポイントです(笑)

病院では診察出来なくても、
医師以外に、
リンパ浮腫をどうにかしてあげたい!
と興味を持ってくださる方がいることが
嬉しいです🎶


弾性ストッキングは使うと伸びて、
圧迫力が弱くなるので、
買い替えが必要です!

種類も様々ありますが、
私の場合は、
オーダーの平織りのものを注文しています✨


脚のサイズを測ってみると、
やっぱり調子が良かったです🌸


最近のライフスタイルについていろいろ話していると、

精神的な負担が軽くなったほかに、

ヨガが合ってるのでは?!

という話題になりました✨




と言っても、
月に数回やっているだけのヨガですが、

リンパ浮腫の脚は、
筋肉を使って、
ポンプ作用で自ら浮腫を改善することも大事ですが、

運動の種類や量によっては逆効果💦


発症当日のMRIには、
筋肉の間に白く水分が溜まっていて
スポンジのようでしたが、

筋肉の中の水分は、
ドレナージや包帯ではなく、
筋肉運動により絞り出すようするのが
効果的なのかもしれない、

とおっしゃっていました!!


確かに、ヨガはゆっくりした動きで、
筋肉を使って、
でも結構効いているので、

いいのかもしれません💡



脚以外の身体の変化、
生活の変化と共に、

自分に合うもの、
ケアの方法、

ひとつひとつ発見出来ると嬉しいです💕


しかも楽しいのがラッキー(笑)



アロマリーフ弘前さん(*^^*)



リンパ浮腫、とやっと診断されてから、
治療できる病院がないので、さあ~どうしようという頃、

ネットで調べて見つけた、
アロマリーフ弘前さん(←リンクです♪)


今年9周年です(*^_^*)

私がはじめてお世話になったのは。。。
確か4、5年前になります!


エステなどでやっている、
いわゆる”むくみ”のマッサージ、
リンパドレナージ、という名称で提示していても、

リンパ浮腫患者用のリンパドレナージとは全く別物だったりして、

ヘタすると悪化する場合もあります(-_-;)


だから、医療用のリンパドレナージの知識と手技のある方、

そういうサロンや医療機関、


とっても貴重なんです!!


患者さんのために、これは必要だ!と、
個人的に勉強してドレナージが出来るようになった医療関係者でも、

施術出来る場がなかったり、
職場の許可がなかったりすると、

結局、患者さんはそのドレナージを受けることは出来ません。




私は、たまたま運良く、
すぐに行ける場所にアロマリーフ弘前さんはあって、

施術を担当してくださる西崎さんも、
とてもとても親身になってくださる方で、

リンパ浮腫はもちろん、
他の身体の不調も、

私の音楽活動のことまでも応援してくださって、

ずっとずっとお世話になりっぱなし!!




西崎さんは、緩和ケアとしてのアロママッサージや、
リンパドレナージ、
訪問施術などもやられていますが、

もちろん、健康な方、
リラックスしたい方のマッサージもしていますヽ(^。^)ノ


マンションの個室がサロンになっていて、
完全予約制、
個別に対応してくださるので、
おすすめですよ

何より、西崎さんが、いつも誰かのために、
どうにかしてあげたい!という想いがいっぱいの方です!




いつも、しつこいくらい、このブログでも書いてますが、

リンパ浮腫になって、

素敵な人との出会いは、本当に宝物です。




現状が変わらなくても、
寄り添ってくれる人がいる。

それだけで、救われることがたっくさんあるんです



もういやだー(T_T)ってなっても、
また気持ちを上向きにしてくれる。




尊敬の気持ちと、憧れの気持ちと、感謝の気持ちを込めて、

ありがとうございます(*^_^*)




敬老の日



今日は敬老の日(*´v`)

今年はたまたま祖母孫水入らずの2人きりなので、

我が家のおばあ(87歳)の口に合うであろう高級お寿司~


私にとっては、母が姉、祖母が母みたいな感じなので、
敬老の日ってあまりピンと来てませんが、

”祖母”は”祖母”なので一応お祝いです!


お嬢様育ちお嬢様気質は、昔から今も変わらず、

専業主婦でありながら家事は苦手、

気が強く外面の良いおばあ


でも、数年前に転んで痛みが出て歩くのもやっと、
このまま介護生活!?と思いきや、
復活して日常に戻ったことは、

本人にとっても、周りにとってもありがたいことです



親子はぶつかる、というけれど、
我が家もその通りで、

母と毎日のようにあーでもないこーでもないと言い合っているし、

今日も洗面所の掃除をしていて、
余計なものを置かないでほしい!
と、孫に言われふくれっ面(。-`ω-)


でも、細かいことは気にしな~い、
好奇心は衰えな~い、
おしゃれ心も忘れな~い、

のおばあは、健康寿命が長いおかげで、
元気に生きてます


背中も丸くなって、小さくなって、
動物みたいに見えることも多いですが、


健康寿命って本当に大事で、

「長生きしてね」がいつでも優しい言葉とは限らない。


生きることが辛い高齢者だっているはずなんです。

それを考えると、
本当に本当に、おばあは幸せだと思います

そしてすごいと思います


老いていくことをどう感じてどう思っているのか、は、
本人は言わないけれど、

我が家は、
何かを教えたり言いつけたりするようなうちではないけれど、

自分らしく生きる女性、が目の前にいつもいるので、

そういう生き方から感じることはたくさんあります

(私が蜂窩織炎で倒れている時に、水を頼んだら、
相撲のいいところだからちょっと待って!と待たされたこともありますが、
洗った包帯を巻いておいてくれたりもして、密かに、
若いのに大変ね~って思ってくれているようですw)


優しくしたりしなかったりしながら、

なるべく穏やかな気持ちで過ごしてもらえたら、と思います(^^♪

最近のブームは、
青森県の新品種のお米「青天の霹靂」を書く練習( *´艸`)



そんなおばあも、私の歌の大切なファンです(笑)




出張コンサートをやる理由




施設をメインに演奏活動っていうと、
「ああ~慰問ね?ボランティアとか?趣味?」

そんな風に捉えられることが大多数。


私は、小さい頃から音楽に触れることが多く、
ピアノを習い、合唱団に入り、オケ部で演奏したり、
高校から専門的に音楽科に進学して、音大へ。

特別に優秀でもなく、
知識が豊富でもなく、
夢や目標があったわけでもなく、
それなりに、
時間とパワーを費やして
音楽界を経験してきて、

そして、今


ライブやコンサートの場合、
”自分に興味のある人”
”聴きたいという意志がある人”
”ファン”

がお客様になりますが、

出張コンサートは、
”音楽にそれほど興味がない人”
”あなたは一体だれなの?”
”施設の行事だからね~”

という方々がお客様


つまり、みんながみんな協力的ではない空間で、
伝わるものを提供する、ということです!


個人的には、
そういう場所だからこそ、
「趣味で楽しくやってるのでみなさんも聴いてね」
っていうだけだと、失礼になるような気がして、

レパートリーから流れ、演奏まで綿密に準備しています


もし、私が施設側の立場だったら、
「この人は”いいことしてる!”って自己満足のためにここに来たんじゃ?」
なんて、ひねくれて考えそうです(笑)
本当に、社会福祉や人のために尽くしている方からお話を聞けば聞くほどに、
適当な気持ちではいけないな~と思わされます。




そして、演奏だけではなくて、
気持ちとか想いとか、
まだみなさんに出会う前から、自分自身をクリアにして、
コンディションを整えて、
やっと本番の日、人前に立ちます



それは、個人のアヤノ♪でも、
”もんぶらん”のあやのおねえさんでも同じで・・・

だけど、時々、本当に心から、

”なんでこんなに一生懸命やらないとダメなんだろう?”って
思うことがあるんです。



慰問だって演奏活動だって、
たくさんの方がやっているわけだから、

「そこまでしてやらなくてもいいんじゃない?」

って言われたことも。


そうかもしれません。




生活のために演奏活動してるわけではなく、
自己表現のため、創作活動のために歌うわけでなく、



じゃあ・・・



なんのため???(@_@)???

私が出来ることで誰かの役に立ちたいからです。

どんなことがあっても、
笑っていようね、

って、私自身が思いたい
からです(*^_^*)



私の音楽が必要ないところでは、
潔く身を引きますし、

必要としてくれるところには、
感謝して行きます


私もとてもとても弱い人間だから、
たくさんたくさん泣くけれど、

でも、
笑っていたいね、って思います(^∇^)


笑えるようにがんばってみるんです。





コンサートのひととき



最近、ラプンツェルの歌を歌っている私にぴったりな、
ディズニーお土産

プリンセスグッズが充実していて、
フェイスパックまであるのがびっくり


今週は、
高齢者のみなさんへ音楽を届け中です

もとから、
対象者を限定しないで活動しているので、
どこでも誰でも、

いいなーと思う演奏を目指して、

対応出来る、
自分でいたいと思っています(*^^*)


でも、リクエストばかり受けたら、
ただのカラオケ、
なので、

どの曲も、まずは私らしさの要素を入れてから



もうすぐ敬老の日ですが、
高齢者のみなさん、

感受性も豊かで、
可愛らしい方もたくさんいるので、

いつも穏やかな気持ちにしてくださいます


そこが好き!


現場やご家族は、
認知症や肢体不自由になっての
介護のご苦労などはあるんだと思いますが、

コンサートのひとときだけでも、

心からホッとしたり、
安らげたり楽しめたり出来たらいいなと
いつもいつも、思いを込めて…(*^^*)


元気なら♪

「今年は、一度も蜂窩織炎にならなかったね」

と言われて、

気づけば、

この数年、夏に頻繁していた蜂窩織炎、
今年は熱を出さないで過ごせています!





予定していることを予定通りに出来る幸せ


頑張りすぎている時、蜂窩織炎になります。

頑張りすぎ、っていうのは、
一生懸命にやっている、とかじゃなく、

肩に力が入って、
ちょっとイライラしたり、
これやんなきゃしょうがないんだよ、
って投げやりだったり、

あとは、
自分を大切に出来ていない時。


周りと比べて、
もっとやらなきゃ、やらなきゃ、
と焦る時も。



同じようにいろいろやっていても、
楽しんでいたり、
自分のことを大切にしながら出来ていると、
ちょっと無理しても元気です




気持ちの健やかさが違うと、
こんなにも変わるんだなー


でもね、
裏を返せば、これは正直過ぎる、
ということでもあります(笑)


自分の気持ちや想いを無視出来ない、

こんなもんか~で生きられない。





震災や自然災害で、
数年間でたくさんの方々が亡くなっています。


でも、無事に生きてる人もいる、
生かされてる人がいる、
生きると決めた人がいる


ラッキー!自分じゃなくて良かった、
ではなくて、

いつ死ぬか分からないなら好きにさせて、
でもなくて、

今生きてる私たちが、

何を想いながらやっていくか、


貴重です、かなり

託されているんだよね、きっと~
試されてるんだよね、きっと~







それでよし!!

三内丸山遺跡 縄文アートフェスティバル

Feel The Roots 2015に行ってきました(^^♪


雨でしたが、たくさんの人が集まっていて、
色んなステージ演奏やら、かわいい雑貨販売、
美味しそうな食べ物屋台までわいわい


三内丸山遺跡って、
学校の遠足以来個人的に行くことってなかったので、

ロケーションが素敵でいいなーと思った空間でしたよ


なんでもそうですが、
好きなものが一緒同士の仲間が集まって、
楽しくしてるのって、明るいですよね

興味や好みって人それぞれですが、
一つの価値観にはめることなんて出来ないので、

それぞれに、心から居心地の良いところで、
それぞれに、のびのびと自分らしくいられたら、

それでよし!って思います( *´艸`)


自分とは違うな~って感じたら、
そっとしておいたら、それで済むから、
良いも悪いもなく以上!


私のCDジャケットのイラストを描いてくれたり、
アトリエでコンサートもさせてくださった
おねえさまのブースも出展していたので、

今日は絶対に自分用のかわいいものを買うんだ!
と意気込んで行きました(*^_^*)




かわいいヒバコちゃんです~

中にヒバが入っているのでとってもいい香り!


でもね~
これ、たぶん私よりも持っていてほしい人がいます

これから赤ちゃんを産むママさん♪

結局プレゼント(笑)



一番ふさわしいところに行ってらっしゃいー





頭の中より気持ちのアンテナ




赤ちゃん、
幼児、
児童、
それ以上の子どもたち、

若い大人、
年齢を重ねた方々、
高齢者のみなさん、


楽しいと感じる、ぴったりの音楽はそれぞれ違います

成長段階が違えば出来る出来ないがあるのは当たり前、

だから合わせて音楽を噛み砕いて提供しますが、


そんなこと関係ないジャンルの音楽があります


どれ、とは言い切れませんが、

赤ちゃんでも、


深い歌詞の想いを込めるようなしっとりした歌でも、
必ず何かを感じてくれているし、


子供たちは知らないような歌も、

高齢者には馴染みのない歌でも、

共通して、

何かを感じてくれる音楽があります



だから、いい!と思っているものは、
対象者が違っても聴いてもらおうと思っています(*^_^*)


自分が、好きか、いいと思っているか、
って実は結構大事で、

流行りとか偉い人の意見でよしとされていても、

自分自身がいいと思えないものは、必要なかったりします。




人との関わりもそう。

ある人からしたら、苦手でも、
自分にとっては、大好きだったり、

色んな面があるから、

そういう周りからの意見や情報よりも、

実際にふれたときに、自分がどう感じているのか、

私にとっては、それが大事





感覚を研ぎ澄ますこと、は、

敏感になること、でもあるので、

しんどいな~とも思うこともなくはないのですが、

やっぱり大事だなー







敏感な気持ち

身体のために、歩いたり、ヨガをしたり、
運動はわりと好きです(*^_^*)

でも、体育の授業は本当に本当に苦手でした(笑)



例えばバスケ、
ボールを持ってるといつも仲いい子が、
鬼みたいな顔して突進してきて、
無理やりボールを奪われると、
なんだか怖くて悲しくなって、

例えばバレー、
相手チームがミスすると、
ハイタッチして「イエーイ」と喜ぶのが、
なんだか違和感というか、
人のミスを喜ぶ、みたいな感覚に全然慣れなくて、

単なるスポーツ、授業、ゲーム、

なのに、

どうしても純粋に楽しむことが出来なくて、

そんなことは誰にも相談したことはないのですが、

その感覚は、今にも通ずることがたまにあります(^_^;)


人の「気」アレルギーみたいなところがあって、

虚栄心、支配欲、優越感、過度の競争心、

が強い世界がどうしても苦手です


それでも、子供のころは、身体が丈夫だったので、
無理してでも、「頑張れた」んですが、

大人になっていくにしたがって、
身体がダイレクトに反応するようになってからは、
「頑張れなく」なって、

弱いと言われたらそれまでですが、

そこに”自分らしさ”があって、
その積み重ねが”信念”へとなっているような気もしています。


だから、変化し続けるんだよねー


病院はひと苦労(。-_-。)

軽度でも、
両下肢が腫れて左右差がないから、
見た目に分からなくても、

未だに、おっくうで気を遣うのが、
病院の検診です

何がおっくうかと言えば、

着替え!!!

圧迫するための弾性ストッキングの脱ぎ着は、体力も使うし時間がかかるので、

本音は、
私がリンパ浮腫患者であることを分かっている病院で全身診てもらいたいです

でも、そうもいかないので、

毎回初めての病院では、
着替えに時間がかかる旨を説明することもあれば、

他の患者さんに迷惑をかけるので、

素足のまま病院に向かい、
待合室では足を抱えて座り、

なるべく腫れないようにしながら待ちます~

特に婦人科や、消化器系など、
脱ぎ着が必要な病院は、
気合いを入れて、気持ちにもスケジュールにも余裕がある時にだけ、、、

だから、正直、
ダメなんですが、
不調を放置しちゃうときもあります

その、着替えが理由で(笑)

私は自営業なので、
検診も自己判断、自己管理の世界ですが、

まず、市の集団検診は無理です

リンパ浮腫です、と言っても、
なんだそれ?という反応が多いから、

着替えに時間がかかることも理解してもらえないし、

分からない人には、

時間がかかる人、でしかない

下半身が腫れていると、
思いがけない不調が出たり、

リンパの滞りは血流にも関係するんでしょうかねー!

一応、
まだ若い?女子だから、

なんとも言えない気持ちにもなります(笑)

同世代の原発性リンパ浮腫仲間と、

今以上に体に何か不調が出てきたときに、
病気になって治療が必要なときに、

前向きに取り組めるんだろうか、
と話したことがあります…

普通の人からしたら、
当たり前じゃん!病気は治すものでしょ!

と、言われそうですが、

リンパ浮腫+他の病気・治療=長生き

になれば、

高額なケアグッズ、
体力を使う日々の着替えやケア、
悪化するかもしれない不安、
蜂窩織炎の不安、

その他、リンパ浮腫じゃない人とは同じようにいかない現実が出てきたときに、

それでもがんばるよって言えるかなーなんて。

でも、先の未来も、今も、

今いる自分を大切にすることからはじまるので、

おっくうな着替えを頑張って、

身体メンテナンスー(*^^*)

嬉しいことはシンプル



私が付き合っているリンパ浮腫。

ありがたいことに、軽度で、
状態も良くなっているので、
そこまで神経質にならなくても日常を送れるようにもなり、

8年目になるので、慣れもあって落ち着いている近頃



発症当時、どうしたら治るのか、と色んな情報を集めたり試したり、

「治らない」ものなのでいかに「悪化させない」かを考えて、

徳島の病院へ入院したり、
患者会から色々教えてもらう中から、
今につながっています(^^♪



治療というと、

手でリンパ液を流すマッサージ=ドレナージ
外から圧迫して腫れないようにする=弾性ストッキング、バンテージ包帯

が主流ですが、最近は、色んな治療法が出てきているそうです。

でも、まだまだその治療効果が安全なのかどうか、
というものは多いようで、

それでも「どうにかしたい!細くしたい!」という場合は、

リスクを負ってでもその治療にチャレンジする方もいると思います







病気の治療に限らず、

私たちの周りには、いつも常に情報があって、

考え方や見方もたくさんあって、

その中から、どれに共感するか興味を持つか、

それによって、見える世界も自分が作る世界も変化します




よく言われることですが、
技術が進歩して便利なものが増えても、

それを使うのは結局””だから、

どんな世の中になっても、それを創りだすのは””なんですよね~




私の音楽活動だってそう、

応援してくれる人もいれば、そうでない人もいるし、

私も時々「歌うことをやめちゃおうか」と思うときだってあります。


自分の中でだって、

これでいいんだ!と思えるときと、
こんなんじゃだめだ!と思うことが毎日波のようにゆ~らゆら~


どこに自分の本心があるのか、
何を信じたらいいのか分からなくなることもあります。


でも、

脚の状態、身体の体調が落ち着いていると「嬉しい」

自分がやることで誰かが喜んでくれたら「嬉しい」

褒められたり応援してくれたら「嬉しい」

優しさや温もりにふれると「嬉しい」

楽しいことを積み重ねると「幸せ」

これはシンプルな私の真実





見る、大切にする、選択する、



常識や、みんなと同じ、普通、

からはみ出た時に、

それもいいね(*^^*)
ってスッと背中を押してくれる人は少ない。


未知の世界は怖いし、
ありえないことが成立するのも怖いから~


だけど、
それが偉業になると、
180度意見が変わるのが不思議!

常識を覆す人がいきなりヒーローにもなる!


はみ出た人、
はみ出そうとする人を受け入れられないのは、



普通にやってることを、
みんなと同じにしたから、

自分がうまく生きてきたわけで、

もし、
自分と違う方法で誰かが幸せそうにしていたら、

それまでの自分を否定されたような、
否定するような気持ちになるんだと思う。


それは、
実は、その自分と違う人がどうのこうの、
ではなくて、

自分自身に自信がないとき、
今までやってきた価値観、
生き方がこれでいいのか、

っていう不安が生まれたとき、

揺れたときに嫉妬や羨ましさが出るのかな~


少なくとも私はそうだと思う。

何かを羨ましいと思ったり、
上手くいかなかったり、
批判や否定したいときは、

自分自身に不安や迷いがあるときだったりする。


自分のやるべきこと、
やりたいことに集中しているときは、

他の人のことを気にしてる隙間がないけど、

隙間=不安、迷い

があるときには特に、気にしてる



生き方考え方感じ方、
人それぞれなのに、

自分に自信がないから、

こんな私じゃだめなのかな?
間違ってるのかな?

そう思いはじめると、
気持ちのやり場がなくなるだろうし


自分を攻撃して憂鬱になってみたり、

更に方向を間違えると、
周りを攻撃してしまう人もいるだろうし、


うつ病や、いじめも似たような流れなのかもしれないね、、、


そういう意味では、
みんな弱さを抱えているけど、

何を見て、
何を大切ににして、
そのときにどう選択するか、は、

結局自分の中に答えがある気がする


益田音楽教室

黒石市にあるピアノ、歌(歌唱、ボイストレーニング)、ピアノを弾く前の音楽力を養う音楽あそびレッスンをしている音楽教室です♪ピアノは2歳から、音楽あそびコースは赤ちゃんから、歌のレッスンはボイストレーニングから、身体に不調を抱えている方の機能改善を目的としたレッスンも対応しております。

自己紹介(*^_^*)

青森県黒石市のピアノ・歌のレッスン教室、益田音楽教室で講師をしながら、ヒーリングシンガーとして、歌のおねえさんとして、出張コンサートをしている歌手・演奏家です。青森明の星高等学校音楽科、東京音楽大学声楽科声楽演奏家コース卒。 2008年に、原発性リンパ浮腫を発症し、病と共に生きる日々、音楽や身体を通じて出会うもの、感じるものを綴っているブログです♪ コンサートのお問い合わせ、ご依頼など、下記メールフォームからも受け付けております。

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる