01
1
3
4
6
7
8
9
12
13
14
15
16
17
19
22
23
24
25
26
27
31
   

喜びのふり幅



「あやのせんせい」

言葉の発達がちょっと遅くて、
”普通の子とちょっと違うかも”と言われている子。

誰に促されるわけでもなく、

「あやのせんせい」ってはじめて呼んでくれました(*^_^*)


その感動と感激の大きさといったら言葉になりません!!


”普通”と違う、ことで、
不安や悩みは増える。

でも、その分、

”当たり前”じゃないことがこんなにも嬉しさを生み出すんだ



成長するのが当たり前、
日常生活が送れるのが当たり前、
平凡、普通、

その中で感じることは、もしかしたら時々、
感動が薄くなっているのかもしれません。



ちょっと風邪をひいたり頭痛が出たあとに、
元気になると「あ~よかった」って思うのに、

普段元気なのが普通だと、「あ~よかった」とは思いにくい。


良かったな、嬉しいな、と心が動いたとき

幸せが生まれるのなら、

何かを抱えている人の方が、感動は大きいのかもしれない


見かけ、条件、肩書きを基準になんて決して出来ないですね♪





スポンサーサイト

自分の力を引き出して



出張レッスンでの出来事です(*^_^*)

ここ数日体調不良で寝込んだり、
不安な日々を過ごしていらした生徒さんが、

「レッスンがあるから元気にならなくちゃ!
と、今日は少し調子が安定しているけれど、
いつものようには歌えないかな~」

とおっしゃっていたので、
リラックスをメインにしたレッスンに変更してみました

それは、本当に即興的な、
感じたことをやっていく、というようなレッスン♪


呼吸に合わせて声をただ心地よく出して、

日頃、無意識のうちに緊張している気持ちや身体をゆっくりと。


ふと、今の生徒さんに沿うような音を伝えたくなって、

”本来持っている自分を守る力がまた出てきますように・・・”
と想いながら、

「浜千鳥」を静かに静かに歌いました


※傍から見たら、とても怪しい光景です(笑)



自分で意識していない「当たり前」は、
気づいたときには「疲労」や「負担」になっていることもあって、

そのサインが体調不良になっているのではないかな~と感じたので、

側で歌っているうちに、

生徒さんから見る見る涙がこぼれ、

強張っていた力がスっと抜けていくような気がしました



頭では理解出来ている、
理性で保っている、

でも、

どこかで、不安や恐怖、疲れたな~という処理できないもの。


レッスンしているうちに、
内臓の働きが活発になって、

お腹が動いたり、

やっぱり音には力があるんだな!と実感した時間になりました


自分の内側から湧き出る力を、音を使って引き出せたら・・・


私がやりたいのは、やっぱりそういうことなんだな~と、
気づきを与えてくれたレッスンになりました(*^_^*)

どうもありがとうございます


感性はいつでも輝いて☆彡

最近美味しいコーヒーをいただくことが多くて、
一緒に食べたいな~とハードパンを焼きました



美味しいココアもいただいて、
卵の消費のためにもシフォンケーキもついでに




我が家のおばあの骨折が判明して、今は入院中
年齢を重ねると色んな不調は出てくるのはしょうがないけれど、
リハビリに励むおばあを見ていると、

つくづく、歩けることとか、痛みがなく生活出来ること、

そういうなんでもないことってとってもありがたくて、
幸せなんだなーと思います




小さな時から、

「頑張ること」と「無理すること」の違いってなんだろう?

というのが私のテーマで、

似たようなことって他にもあります。

「自分の気持ちを大切にすること」と「ワガママ、自分勝手なこと」

「誰かのために尽くすこと」と「自分をないがしろにすること」

「向上心を持つこと」と「欲深くなること」

「反省」と「落ち込み」

そして「感情」と「感性」



レッスンで色んな子供たちに出会うと、
生まれ持った「感性」にたくさん触れて、

その感度はいつでもなくさないで
大切にしてほしいなと感じます。



勉強や仕事をしていく中で、
「感情」を暴走させると周りと上手くいかなくなったり、
その環境は本人も辛くなるので、

どんな風に付き合うかというのは
一人ひとり成長と共に学んでいくのですが、


「感性」は押し込める必要がないことだと思っています


本当は「感情」との付き合い方を学んでほしいのに、

いつの間にか「感性」をマヒさせなきゃいけないような、

そんな気持ちにさせる社会?大人?の姿勢??



感情と感性がごちゃ混ぜになっていることは
多々あるのではないかな~


だから時々、
「感性」を大切に進んでいる人が輝いて見えたり、

感じていることを伝えると「感情」だと捉えられる=自己中、ワガママ。

そんな混乱が生じていると思います


「感性」を消そうとすると、
それは苦しいし辛いことです


更に、すごーーーーくもったいない!!!

生まれ持ってる、誰にも真似できない「感性」なのに。。。



頭で考えずに、感じる「感性」。


理屈で整えずに、見えてくる「感性」。

会食サービスアトラクションその2



昨日の天気から一転、
今日は大雪の日でした

一人暮らし高齢者のみなさんへの会食サービス事業、
平川地区でのアトラクション演奏です♪


地域のボランティアさんが、毎月一回、
減塩レシピや健康のための料理を振る舞い、

おしゃべりをしたり、
様々なアトラクションを楽しむひととき。


みなさんとお会い出来て嬉しかったです(^^♪



知っている歌を一緒に口ずさんでくださる方、

じっと聞き入ってくださった方、

たくさんの拍手で応援してくださった方、

みなさんの温かさに包まれました


雪国の冬は、本当に危険がたくさんあるので、
どうぞ、お気を付けて、
また元気にお会い出来たら、と想いました


どんな出会いでも、

ほんの少しの出会いでも、

やっぱりそれもご縁。


そのご縁に、
昨日も今日もありがとうございました(*^_^*)





会食サービスアトラクションその1



冬には珍しい青空の中、

今日は尾上地区の一人暮らし高齢者の会食サービス事業の
アトラクションコンサートを担当してきました(*^_^*)



毎月1回、みんなでご飯を食べよう!という
会食サービスをなさっているそうで、

施設内の温泉でゆったりしたり、
様々なサークルを楽しんでいる高齢者のみなさまもいらっしゃいました

今日はデイサービスの利用者のみなさんも
一緒に聴いてくださっていたようです(^^♪


冬は景色が灰色や白になるので、
色の影響から気持ちが落ち込みがちになりやすかったり、

太陽の光が減るために心身に影響があるといいます。


今回のテーマは、歌で色を感じてもらう!

みなさんに耳なじみのあるレパートリーを中心に、

ホッとしたり元気になるような時間に。。。




余談ですが、ここ数日、脚の調子が悪くて
衣装はロングスカートで隠しました

冷えもすごいので、冬は縮こまったりして、
リンパもさらに流れが悪くなっているような・・・

きっと、身体全体で歌う歌は、
体調の変化によっても違う声が出ている気がします!


でも!!

その時に出せるベストを、
集中して、心をこめて



「とても良かったです。また聴かせてくださいね。」

その言葉に、

心から心から、また励まされて、


出会う人の幸せを願う想いを高めて


明日は、
平川地区の会食サービスアトラクションに行ってきます~!!





ダメな子なんだ



音楽療法が存在するように、
音楽には、
人の内面を表出させて浄化したり
言葉以上のコミュニケーションがあると
信じています


コンサートでもレッスンでも同じです




「お友達のものを見るとね、隠したくなるんだ。
でも、そういうことをするのはダメな子なんだ。」

そんな言葉を発してくれた子がいました。


誰かが傷つくのは分かっているし、
自分が叱られることも充分分かっているし、

それでも何かコントロール出来ないものがいて、

それに怯えて、

どうしてそうなるのか分からないという不安。


心理学の専門家や
子供の心理に関して詳しい方なら、

それは注目されたい気持ちからくるもの、

とか、

さみしさが表れている証拠、

などと当てはまることがあるのかもしれませんが、

大人だけでなく、
子供にだって一人ずつの生活環境があり、
気持ちの敏感さにも差があって、

その中で調和を保つようにしているんですよね


時々、

解決したいことを努力すればするほど

上手くいかないことがあります。


逆にココロを緩めて、

楽しいことで満たしてあげたり、

考えずにちょっと置いてみたり、

一人で抱え込まないで助けを求めたり、

”ダメ”だけで片付けられないことがあります。



でもそれは「人間らしい」。




強い感情が生まれるとき、

それは、悲しいよ!さみしいよ!苦しいよ!イヤだよ!
っていう感情も、

自分の中に確かにあるって受け止めること


でもそれは、自分自身が一番受け止めたくなくて、
逃げたくなる感情なのかもしれませんね。。。


蓋をしてなかったことにすると、
どんどんあふれてきて、

どこかで折れてしまいます


どうしようもなくて、でも、どうにかしたくて、

そんなものを、

呼吸や音に乗せて消化して前に進めたら・・・


そう願っています

涙が流れる



コンサートで出会うお客様の中には、
歌を聴いて涙してくださる方がいらっしゃいます。

それは、ヒーリングシンガーという立場に関わらず、
ちびっ子向けのコンサートであっても、
楽しい場のコンサートでも、です。

身体の汚れを流すためにお風呂に入るように、

人は時々、心の中も洗わないといけないんだと思います


心の中を洗うというのは、

マイナスの感情を無くする、
ということではなくて、

言葉には出来ない蓄積してるものをすっと取り除くような。


声や音楽は、
そういう言葉にならないところに響くと想っています。





子供のころから、楽しい、嬉しいの中間みたいな感情とか、
悲しい、苦しいより強い感情とか、

そういう表現できない感情を感じていて、

それはきっと私だけじゃないんじゃないかな?


多かれ少なかれ誰にでもある”言葉”にならないもの。


例えば、自分は元気で大丈夫!と頭で思っているのに、
実はどこか疲労していて、

そんな時に、
自分でも気が付かなかった隙間に声や音が響くと、
自然と消化できないものが流れていくのかもしれない

それが涙となって。

歌詞とか言葉の意味とかは関係なく。





健康診断をするように、心の元気もメンテナンス出来たら、

その人が元気になれば、
その人に関わる周りの人がまた支えられたりパワーをもらって、

広く捉えたら、大きな世界につながるんだと信じています


自分のためでも、人のためでも、
どっちでも良いけれど、

誰かの笑顔や誰かの元気は、
それだけパワーがあるということ。


私が施設や保育園で演奏するのは、
利用者さんや子供たちだけでなく、
そこで働くスタッフのみなさんやママやパパが、
また元気になることがとても大切だと思うからです。

利用者さん、子供たちに接する人にまず余裕がなければ
よいサービス、教育は出来ません。


忙しいとか、そんな必要ない、とかじゃなくて、

人間は身体とココロで出来ているから、

両方大切なんですよね


まるで、
水や風のように、

心の隙間や消化出来ずに残っているところに入り込んで、

すっと軽くなるような、

そんな歌を歌いたいのです


親子でコンサート(*^^*)

今日は、歌のおねえさん、として、
親子で楽しむコンサートの日でした(*^_^*)

歌のおにいさんと一緒に、パパもママも、
子供たちも楽しめる時間


ママとお子さん、というのはよくあるのですが、
私はぜひパパの参加もお願いしたいです!

女性ばかりだと、
居づらかったり気が進まなかったりする場でも、
おにいさんがいることで、
ちょっと参加しやすいんじゃないかな?
と思っています

休日に家族で、
音楽の時間を共有するってとても素敵だな~


子供は、あっという間に大きくなります!

だからこそ、貴重な時間がたくさんあるのではないかな♪

小さいうちにしか出来ないこと、
経験させられないことを、
パパとママもたくさん楽しんでもらえたら、
と想いながらの親子コンサート



遠方から駆けつけてくださって、
差し入れまでお気遣いいただいたり、




いつもファンレター、いや、
ラブレターをくれたり




会場を設営してくださる先生方にも、
初参加のみんなにも、

心からどうもありがとう(*^_^*)




みーんなすくすくと元気に大きくな~れ~♪

パパとママも
子供たちから幸せをたくさん受け取ってください♪



それぞれの音がある(*^^*)



昨日から雪景色が本格的になっている青森です

年明けは、10年以上ぶりの中学の同期の同窓会があったりして、
久しぶりすぎる再会に緊張しながらも、

不思議なくらいみんなの持つカラーや雰囲気が変わらなくて、

当時はまだ子供なのに、
大人になっても同じものがある、

突き詰めたら、
やっぱりそれぞれに生まれながらにして持ってるものがあるんだ、

ということを強く感じた時間でした


大人になるに従って考え方や価値観は変化し続けるけど、

存在の空気、というか、
そういう一人ひとりにまとっているもの、

それは、ずっと変わらないのかもしれません



ピアノや歌のレッスンでも、

コンサート活動でも、

生徒さんにはその人だけが持つ”音”を表現してほしいし、

お客様にも自分の中にある”音”を実感してほしいと想います。


同じことをしていても、
人によって違いが出るし、

生まれながらにして持っているもの、

それを生かせる音楽の場所、を

たくさん作れたらいいな(^^♪



支える人がいて、支えられる人がいて、

それで調和が保たれるなら、ステキですね



よろしくお願い致します(*^^*)

あけましておめでとうございます♪

2016年になりましたね



お正月は、刺繍をチクチク~






ただの粗品のタオルだって、
ちょっと手を加えたら華やかになるし、

いつもの日々だって、
ちょっと意識したらいくらでも楽しくなるんだよ~






いつからか忘れましたが、
”目標”や”抱負”は新年に関わらずその都度自分に問いかけているので、

今年もまた新たな気持ち、や達成したいこと、
みたいなものはないのですが、

人間力はいつでも高めたいな~と想います

人間力は、
平和を創りだすパワーだったり、
愛情だったり、
勇気と覚悟だったり・・・♪


今、私の手の中にあるものは”音楽”なので、

歌を歌ったり、

レッスンをする中で、

なるべく多くの方に良い影響があるように。


音楽の使い方、まだまだまーだあると思っています!




きっと今年も
たくさんの方々に支えられながら、
お世話になると思いますので、

どうぞよろしくお願い致します(^^♪


皆様の1年が、それぞれに輝きますように~


益田音楽教室

黒石市にあるピアノ、歌(歌唱、ボイストレーニング)、ピアノを弾く前の音楽力を養う音楽あそびレッスンをしている音楽教室です♪ピアノは2歳から、音楽あそびコースは赤ちゃんから、歌のレッスンはボイストレーニングから、身体に不調を抱えている方の機能改善を目的としたレッスンも対応しております。

自己紹介(*^_^*)

青森県黒石市のピアノ・歌のレッスン教室、益田音楽教室で講師をしながら、ヒーリングシンガーとして、歌のおねえさんとして、出張コンサートをしている歌手・演奏家です。青森明の星高等学校音楽科、東京音楽大学声楽科声楽演奏家コース卒。 2008年に、原発性リンパ浮腫を発症し、病と共に生きる日々、音楽や身体を通じて出会うもの、感じるものを綴っているブログです♪ コンサートのお問い合わせ、ご依頼など、下記メールフォームからも受け付けております。

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる