02
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
16
17
18
19
20
21
22
23
25
29
   

気にする言葉

「みんな一人ひとりが大切な存在だから、
自分のことを大切にしてください」


そう言葉にして、子供たちの前で講演や演奏をした昨年。


”自分のことを大切にする”っていうのは、
自分勝手にしていいよってことじゃなく、

本当にあなたのことを大切にする人達を大事にして、
気にしなきゃいけない言葉と、
気にしなくていい言葉を選んでほしいってこと


私自身も、自分のことを大切にしなきゃな~と思っていると、

同じようなことを言葉にしてくれているのを目にしました↓





100%完璧な人間がいないように、
100%好かれる人間もいないから、

誰かが何かを言ったとして、
誰かが何かを思ったとして、

本当に自分のことを大切にしてくれる人の言葉なのか、

本当に尊敬する人からの想いなのか、

そこはとても大事だと思います


尊敬も出来ず、憧れもしない人が
何かを言ったり思ったとして、

それを気にする必要はないと思うんです(*^_^*)

色んな考え方や見方はあるけど、
どんな言葉を信じて、
どんな人を信じていくかは、

自分が決めること


そして、何がいいなと思うのか、
どんな人を好きだと思うのか、

その方向が変になると、
本当のもの以外のところに憧れたり進んでしまうのかも。。。



私が進む道、生き方を考えるとき、

これにパワーを使う必要、時間を費やす必要が、

私にはあるのか、といつも考えています


生きている時間には限りがある。


スポンサーサイト

かがやく人



ピンポーン♪

我が家に可愛いお客様が(*^_^*)

小学5年生の女の子が、
お手紙を持って訪ねてきてくれました!



「地域のかがやく人」について学習していて・・・

地域の”かがやく人”!?(@_@)



お話を聞くと、学校の授業の一環で、
地域の人を取り上げるものがあるそうで、

いくつか質問を用意してきたので、
答えてもらいたいというお手紙でした

興味を持ってくれて、とても嬉しいです



質問の一つに、
単純だけれど、
今の私には深い、深い、ものがありました。



”足に病気を持っていても、音楽活動をつづけているのはなぜですか?”


こういう、子供たちのピュアな想いから派生する質問は、
私にとって、とてもありがたい質問です♪




なぜなのか。。。

その答えは、子供たちへのお返事だけの秘密にします(*^_^*)




”かがやく人”に見合っている私なのか、
というか、
”かがやく人”に見合う私でいられるように、

私にとっては一つの応援とエールのような、

そんな気持ちになっています

どうもありがとう♪



春のコンサートへ向けて♪



久しぶりに羊毛マスコット♪


2月もそろそろ終わり、春のコンサートのプログラムは、
ホっとするような、明るい気持ちで歌いたいです

昨年の小学校での講演でも話しましたが、

”私たちにはきっと一人ひとりに出来ることがある


でもそれに気づくか、
その力を発揮するかしないかは、
個人差があるんだと思います。



謙遜しているようでいて、
実は面倒くさがっているだけかもしれないし、

ヤル気に満ちているようでいて、
実は傲慢になっているだけかもしれないし、

本当は、一人ひとりがイキイキと自分の力を発揮することは、
誰かのためになったり、
自分の幸せになったり、

そういう広い世界につながっていると思います



だから、大変なことがあっても、
やっぱりあきらめちゃいけないんですよね~

自分自身を。



冬のコンサートは寒さからホッと温かくなるような音楽を、

春のコンサートは出会いと別れを想うような音楽を、

出会う全ての人が少しでも笑顔になるように~(*^_^*)


自分の力で(^-^)



最近フェイスブックやブログ更新をお休みしていると、
色んな方から「元気ですか?心配しています」
というご連絡をいただいて、

今はネットの世界が現実に直結していて、
その影響と、思いこみで
誤解が生まれたりしやすい社会なんだな~と思います

お気遣いに本当に感謝しています(*^_^*)



このブログも、フェイスブックを何をどう発信していくかというのは、
1前から振り返ることもあって、

今後の自分の活動や仕事、人生について、
様々に思い巡らせたり、見つめる今です


今は、頑張って止まらないように~
自ら止めないように~


そんな時は、原点を思い出したりして、

「自分の力を信じて元気になる人が増えますように」

ここがコアな部分。



ピアノや歌のレッスンも、
音楽活動もその願いは一緒で、

人に自慢出来るようなものがない私だからこそ、

「大丈夫だよ」「マイナスや不遇な環境があっても自分次第だよ」
ということを見てもらえるのかなと



教えたり、言ったり、伝える前にまずは、

”見てもらえること”


これはとっても大切だと思っています。


私の周りには、
何かを教えたり教育するようなタイプの人はあまりいなく、

逆に、何も言わずにその姿からたくさんのことを教えてくれます


それは、いつも笑っていることだったり、

自分自身の気持ちをクリアにすることだったり、

自分の存在を大切にしてあげることだったり、

そうやって輝いている方が教えてくれること



大人が楽しく仕事をすること、
親が仲良く生活していること、
年齢を重ねてもイキイキ生きること、

”そんな風に見せる”のではなく、

本当にそうやって思える自分でいること。


そういう本当の幸福感を感じれる人が増えたら、
どんどん変化が生まれてくると思うんです



でも、、、

どうやっても上手く思えないときも、
気づけないこともある。


そんな時は、答えはきっと自分の中にある。


”自分の力”、それを信じること




時間がかかる良さ



はじめて、パッチワークに挑戦してみました

実は母がパッチワークも教えていて、
いつも制作しているのを側で見ながらも、

あんなに細かくて、
時間がかかって、
面倒くさそうなことを、←失礼(笑)
よく出来るなー

としか思っていませんでした




生地選び、裁断、キルティングなどなど、
少しずつ少しずつ、
集中しながら、ひたすら完成に向けての作業


実際に体験してみると、
完成のイメージやどこがどうつながるか、
を考える想像力や、
集中力、忍耐力が必要だなと思いました


これをやっている母の凄さがはじめて分かりました!←これも失礼(笑)


そして、

すぐ完成しない良さ、

というものを強く感じたんです

今は、なんでも便利になって、
速く、すぐに、

が当たり前。



丁寧さより、時間をかけることより、

効率の良さ。





すぐに完成しない良さ、
って音楽も同じだなと思います


楽譜を読む、練習をする、
メロディーを奏でられるようになるまでは、
時間と労力がかかります!


それは…面倒でしょうか?

それは…無意味でしょうか?




なんでも速く、効率良く、
を求めたときには、

どこかで、
気持ちの余裕がなくなる瞬間が出て来たり、

息が詰まりそうになる人も、

人間だったら、

人間だからこそいるんじゃないかな?


すぐに出来ないこと、
時間や労力のかかるものの価値は、

学校の教科に”音楽”があることからも、

多くの人に必要なことだからなのかな~


友人が言っていました、

音楽の授業を減らすから、子供たちは
殺伐としてるんだよ、って!



音楽も、パッチワークも、
よく考えれば、
私のリンパ浮腫のケアも、

時間がかかる、労力がいる、

でもそれが大事、なのかな






春に向けて☆彡



ここ最近、
体調を崩して寝込むことも多くて、

ちょっと頑張り過ぎたかなーという今です



カウンセラーやセラピストのように、
誰かに寄り添うことをするときには、

まず自分自身の中を見つめないといけないことがあります

それまで気づかなかったこと。

それまで蓋をしていた気持ち。

そんなものと向き合う時間。


子供のころは、そういう自分は弱いんだと思っていたので、
どんどん自信がなくなるばっかりでしたが、

私が尊敬する方々はみなさん、

自分自身とよく向き合いながら、それでもなお、
輝いて、誰かをまた幸せにしていらっしゃる




生まれてから人それぞれの悩みや課題は違うけれど、

それとどのくらい真摯に向き合うか、
何のせい、誰のせいでもない、

ただその人自身が気づいて選択するのみ。



ありがたいことに、
春からの新しいお仕事の依頼や、
今までやったことのないお仕事も提案してくださったり、

関わる方々が増えれば増えるほどに、

自分の管理、体調も気持ちもしっかりしていかないと!
と身が引きしまります


健康を意識した音楽の活用や、
リラックスのために音楽を使ったり、

今より更にレベルアップした「音」の提供が出来たらいいな~

そして自分も元気になったらいいな~(笑)







大好きなシロクマ、

自分の存在価値になんて悩まずに、

ただただ生きている♪


ただ、それだけ。



今日はデイサービス施設でのコンサートでした(*^_^*)

高齢者の施設は、
マヒの方や認知症の方など色んな状態の方がいらっしゃいますが、

私はみなさんのことを何も分かっていませんし、
知ったような気持ちにもなれないですし、

どのように私の音楽への反応があるのか、
毎回襟を正す気持ちになります



どんな場所でも誰がお客様でも、
時間を共有していただく、という気持ち






話がズレますが、
最近ちょっとあまり前向きでない自分がいて、

音楽を届けることは私じゃなくてもいいんじゃないか、

誰かのためになることは音楽以外のことの方が多いんじゃないか、

なんて声が湧いて来たりして、

いつもよりも、演奏する曲に浸ったり、
詞の世界を私自身が味わう気持ちが強かったかもしれません。






私は「活動している」のではなくて
「活動させていただいている」


音楽を奏でているのではなくて、
「奏でさせていただいてる」にすぎないなと思っています




だから、活動の中で、みなさんとの出会いによって、

私自身が励まされたり元気になることの方が

実は多いかもしれないんです。




そんな、想いの交換、交流が、
また新しい流れを作ったり、新鮮な風を吹かせたり


本当にただ、それだけ。


それだけのことだけれど、
涙が出るくらい嬉しい時間や思い出になる







美味しいおやつまでご馳走さまでした(^^♪


来月もまたおじゃまさせていただきますので、
よろしくお願い致します!

ありがとうございました♪



”プロ”として

「舞台に立っていない時でも、
日常から自分自身の在り方そのものが、
いつでも舞台人でなければいけません。」

この言葉は、大学の時、
オペラの授業で先生が発していた言葉でした


授業の時だけ、その演技をするときだけ意識するのでは甘い!

自分自身そのもの、がいつでも人前に立てる生き方をしなさい!

そういう意味です


”プロ”と言われる人たちはみんなその意識があるんだと思います。

そして、これは舞台に立つとか、
人前に立つとかに関わらず、

人間としての”プロ”も同じだと思っています。


誰も見ていないところでも、
自分がどのような振る舞いをするのか。

ごまかしたり、上手く見せずに、
どうやって強く自分を正していけるのか。


”プロ”を目指しても目指さなくても、
もちろんどちらでもいいとは思うけれど、

人間のプロ、が少なくなっていくと、
たぶん世界はさみしいものになるんじゃないかな~と・・・



ごまかすことや、バレない方法ばかり上手になって、
それで喜んで生きるのって
なんだろう?

やっぱりさみしくないかな~


人間のプロに出会うと、
心から感動します



益田音楽教室

黒石市にあるピアノ、歌(歌唱、ボイストレーニング)、ピアノを弾く前の音楽力を養う音楽あそびレッスンをしている音楽教室です♪ピアノは2歳から、音楽あそびコースは赤ちゃんから、歌のレッスンはボイストレーニングから、身体に不調を抱えている方の機能改善を目的としたレッスンも対応しております。

自己紹介(*^_^*)

青森県黒石市のピアノ・歌のレッスン教室、益田音楽教室で講師をしながら、ヒーリングシンガーとして、歌のおねえさんとして、出張コンサートをしている歌手・演奏家です。青森明の星高等学校音楽科、東京音楽大学声楽科声楽演奏家コース卒。 2008年に、原発性リンパ浮腫を発症し、病と共に生きる日々、音楽や身体を通じて出会うもの、感じるものを綴っているブログです♪ コンサートのお問い合わせ、ご依頼など、下記メールフォームからも受け付けております。

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる