03
1
5
7
10
12
14
16
18
19
20
22
25
26
27
28
   

1人の元気、みんなの笑顔に(^-^)



小さな赤ちゃんが元気に笑うと、
み~んなが笑顔になります

あれよあれよという流れで、
赤ちゃんの音楽のレッスンもはじまりました

赤ちゃんの成長はとっても早くて、
毎回色んなことが出来るようになっていて、
生命力ってすごいな~と感じます!!

※興味のある方、一緒にレッスン受けたい方は
お気軽にどうぞ(^^♪



最近嬉しいニュースがいっぱいで、
結婚、出産、妊娠、などなど、

誰かが幸せになるパワーって、
ものすごい明るい世界を広げるんだと思います(*^_^*)

心が痛むようなこともあるし、
悲しいことも起きているけれど、

その中でも確実に強く強く幸せなパワーはちゃんと活きていて、

そんなニュースはホっとします



誰か一人が元気だと

その周りにいる人も嬉しくて、

その連鎖で色んな人の元気につながっている



それは、特別な立場にいる人に限らず、
誰でもそう、

どんな人でも自分自身が幸せであることが、
誰かをも幸せにしている

きっと逆も言えるのかな~



人からの見られ方ではなく、
自分で納得して、幸せだと思えること。

納得する、って結構重要なポイントだと思うんです。



どんなに周りから羨ましがられるような状態でも
納得していないことは、
やっぱり苦しくて、

どんな大変な状況でも納得していることは、
その中で自分なりの幸せをたくさん見つけられる


元気で幸せな人が一人でも多く、

大変な中でも元気に過ごせる人が一人でも多く、

元気が出ないときでも進んで行ける人が一人でも多く、

オセロのようにパタパタと連鎖したらいいな



スポンサーサイト

言葉に出来ない「感じ」

今日は画像を撮り忘れました

保育園での、年長さんお別れ会コンサート

インフルエンザの大流行で、みんなには会えずに
想いを持つことだけで終わるかなと思っていただけに、

とても嬉しい時間でした(*^_^*)



卒園式と入園式用の紅白の幕の中で、

思い出の曲を聴いてもらったり、
一緒に歌ったり、

年長さん以外の子供たちも一緒に


子供たちの持つピュアさは、
いつもやっぱり特別で、

でも、そのピュアさはきっとみんなが持っていたもの。


楽しい音楽、はもちろん楽しいけれど、

良い感じ、とか、ゆっくりな感じ、とか、

そういう「感じ」を伝えることが出来るのが音楽


不思議なもので、
どこで演奏しても、

その「感じ」をみんなが一瞬にして感じている瞬間があって、

言葉以上の力を持つ瞬間なのかもしれないなと
感じることが多いです。


大切な大切な子供たちみんなへ、

この先にもつながる一人ひとりの時間が、

それぞれに良いものになりますように~


どうもありがとうございました(*^_^*)
また会おうね~!



○○がない

幸せのハードルが低いのか、
色んな人たちとの出会いで価値観が多様化しているのか、
怠けているのか、

手の中にあるものを見つめると嬉しくなります(*^_^*)

ありがたいな~と感謝したくなります(*^_^*)


でも!

でも!

「○○がないね」


と、指摘されると・・・


(@_@)!!!!

そんなこと思ったこともなかった・・・



自分にないものを意識しないようしているわけではなく、
「ない」ということに意識を向けるより、
「ある」ということを意識したいな、

という心がけみたいなことなんですが、

「○○がないね」

と言われてしまうと、やっぱり動揺します。。。


そうか~私にはないのか~

ないのはかわいそうなのか~

ないことを気にしないことすらよくないのか!?

という自動変換・・・(T_T)



この頃は、

素敵!と思っていたものが実はそうでなかったり、
信頼していたものが崩れたり、

そんなことが多いですね~

何を信じていけばいいんだろうか、
何をしなくちゃいけないんだろうか、

考えても答えの出ないことばかりで

それでも、進んでいかなきゃいけない!




明日は、先週インフルエンザでキャンセルになった保育園が、
1週ずらしてまた呼んでくださったので、

子供たちへ音楽を届けてきます


進んでゆくみんなへ、
エールを贈れるように~



CD試作中!!



明るい方向へ、でも、
暗い方向へ、でも、

”変化”ってどこかに不安が伴うものだと思います。

3月から4月はそんな変化が至るところで起きていて、
実は、落ち着かない気持ちになる人が多いのかもしれません。



どんな”今”だとしても、
そこから変わることは見えないことに対して、
誰しも不安になるもの。


そう教えてもらったことがあります♪




ステップアップするときだって、
”今”より悪くなるかも、大変になるかも、
と思えば行動に移したりはしないし、出来ないんです。

でも、0から1、そこをエイ!と動く人には、

動いた人にしか見えない景色があるんだな~と感じています






おととしから、春に自主制作のCDを作っていて、
今年はどうもパワー不足です

「今年は辞めておこうか・・・」という気持ちも
フツフツ湧いていたのですが、

必要な人に必要なものが届いたらそれでいいので、

今、私に出来ることをただただ、意味も考えずにやろうと、
試作品を制作中です

なので、今回は、いつもよりちょっと志向を変えて、
収録曲のセレクトも歌い方も違うかもしれません~



試作品をパソコンに取り込んだら、
なぜかこんなカッコいいアーティストの作品と認識されました(笑)
↓↓↓
CD.jpg

(≧▽≦)!!!


自分で聴いてるとどれがいいんだか、
よく分からなくなってくるので、

助けて欲しい~~




目的とか意味とか、
そんなことを考えず、

とりあえず、ただただ、出来ることを積み重ねてみます



生かされて



おばあは88歳になりました

若くても長生きでも、
やっぱり「生かされているんだ」と感じることがあります



もちろん、

意識や生命力、

運やタイミング全てのつながりで、

起きることがどう展開していくかには

差があるのかもしれませんが、

どこかで「生かされている」と思うんです。

その理由は分かりませんが、
とりあえず、今があるということ(^^♪




今のところ、基本的にはどんなお仕事も、
そこに「熱」があるものは、
お受けするようにしています

やったことのないことも、

やったことのない場所でも、

とりあえずやってみようと♪




私のヨガの先生が、

『やりたいからやるんでしょ?』
確かにそうなのかも知れないが、
『やるべきであろうから、やるんです』と、言いたい。


とブログで綴っていました。

共感するというと、ちょっとおこがましいけれど、
似たようなことを想っています。


だから、自分の意志に関わらず、

提案してくださること、要望があることには、
なるべくまず実行する、というここ数年。





ピアノ講師であり、歌の講師でもあり、

ヒーリングシンガーであり、歌のおねえさんであり、

赤ちゃんにも、子供たちにも、大人にも、
障がい者、病気の方、高齢者の方々にも関わり、

楽器店の講師をしたり、
学校で講演したり、

カルチャーセンターでレッスンしたり、

出張でおうちでレッスンしたり、

誰かとコラボでお仕事したり。




失敗することもたくさんあるし、
無力さと未熟さを痛感するときもあるし、

でも、思いがけない喜びに出会ったり、
見たことのない世界が広がっていたり、

生かせれて、活かされている


うんうん、みんなひとりじゃない


そして、生かしてもらい活かされるためには、
きっと覚悟がいるんだと思ってます(*^_^*)



インフルエンザ



今日は保育園コンサートの予定でしたが、
インフルエンザが大流行でキャンセルになりました~

とっても残念(T_T)

今の時期は、卒園の子供たちへ向けてインタビューしたり、
はなむけの歌を贈るのがワクワクする楽しみ


今年は、寒暖の差が激しくて、
インフルエンザも流行りの波が何度も来ているようです!

卒園式がもうすぐだから、みんな元気になりますように・・・


直接みんなに届けることは出来ないけれど、

心の想いが、

きっときっと届きますように・・・


祈りに似たものを、歌にのせて

素敵な小学生になってね(^^♪





乾燥したり、年度末の忙しさからの疲れだったり、
花粉症などなど、

今の時期はみんなちょっとどこか不調。

でも、不調なら不調なりにがんばりすぎないで~

カッコいい~~♪



卒園卒業のシーズン

「卒業式の伴奏を頼まれた」

と、今やっている曲よりはるかに難しい合唱の伴奏譜を
持って来た生徒さんがいます(^^♪


音楽教室には様々なレベルや進度、目的でそれぞれの生徒さんに
合わせてレッスンを進めていきますが、

その子は、決して両手の曲をスラスラとこなしたり、
毎日必死に練習するようなタイプではなく、

どちらかといえば、レッスンが休みだと喜ぶような(笑)

学校関係の合唱だと責任が大きいし、
正直、大丈夫なのかな。。。と思ったあやの先生(^_^;)

でも、とってもいいチャンスだと思いました

本人も、いつもの2倍も3倍も自分の力で練習をして、
学校でも休み時間にピアノを借りたり、

ちゃんと本番までに、
スラスラと弾けるようになりました!!
※ちょっと難しいところは簡易的にアレンジしたりもしましたが~


ピアノを習っている=すぐ弾ける、

と思われがちですが、
人前で披露するまでには、

多くの時間と労力がかかって、やっと奏でることができるんです


その子は、小さなころからピアノを続けてきて、
マイペースながらに辞めずに続けてきて、

思いがけないところで大きなチャンスを手にしました

そして、そのチャンスを生かして、
任された責任をしっかりと果たしました


きっと、そういうときに、
自分自身が持つ力が試されるのだと思います。

それは、技術だけでなく気持ちの面でも。


断る理由も、出来ない理由も挙げようと思えば、
何でも理由になるけれど、

ただひたすらに、ひたむきに、

やるべきことをやる!


その姿勢ってとってもカッコいいなと感じました(*^_^*)





今も未来も☆彡

1年前くらいから足の裏にほくろが出来て、
だんだん大きく濃くなっていたので、
病院へ行ってきました。

ほぼ良性で間違いないけれど、
念のために大きな病院で検査をした方が安心、とのことで、
大学病院へ~

受付番号が誕生日と一緒(笑)



待合室には子供もいたりして、
その中にはピアノ教室でやっているであろう
音楽ドリルに取り組んでいる子もいて、
思わず教えてあげたくなりながら(^^♪


身体のサインって色々気づくチャンスだと思っているので、

万が一悪性だった場合、
良性と確定した場合、

それぞれ、そのあと自分がどうするのか、という
リストを作ってみたんです



2つのリストを比べてみると、

悪性だった場合の方が、
断然おもしろそうで、非常識で、

良性の場合の方は、
地味で弱気でつまらない感じなんですよね(≧▽≦)


多くの人は、
未来が当たり前に来るとしか思わないし、

余計なことを考える必要はないんですけど、

私の場合は、
未来のために今を使う、という要素が強すぎて、
笑えるほどです!!


でも、ふと気づいたのは
「今」をすごく意識している時間があるということ。

それは、
演奏活動で歌を歌っている時間です




憧れる姿は、
未来を見つめながら”今”を思いきり過ごすことかな♪


いつ何が起きるかは分からないけれど、

起こってもいないものに怯えず、

今いるところで今あるもので何をどうするかは無限大(*^_^*)


春は、新しいこともまたはじまっています~


はらぺこあおむし



3月も半ば~

そろそろ来年度の発表会の構想を練っているところです(^^♪


先日、友達の息子くんのお気に入りの歌を教えてもらって、
絵本「はらぺこあおむし」の歌でした


「はらぺこあおむし」は私も好きだった絵本のひとつ

この歌を子供たちが歌ったら可愛いだろうな~
見ているお客さんも楽しいだろうな~


ピアノの生徒さんがほとんどの教室ですが、

ピアノの演奏にも「歌うこと」はとても大切です!



メロディーを奏でるときに歌う気持ちがないと
単調になってしまうし、

声の良し悪しに関わらず、

「こうしたい!」「こうやったらもっといい!」
ということに気づいたり、

その表現を自分の指先の表現に生かしたり


一人ひとりが全く違うので、
型にはめず、
目標も方向も、それぞれに♪


違うことで誰も悲しまないし傷つけないし、

いいね、って同じように感じる人たちが共感して、

その中でまた世界が広がれば嬉しいですよね(*^_^*)


女性として



今日は、長いです!

そして教室や音楽とは関係のない、
個人的なお話です(笑)



今まではっきりと言及することは避けて来ましたが、

胸に突き刺さる記事を読んで、
心の奥底にあった感情がドッと出て来ました。

酒井若菜さんの記事←リンクです♪



私の夢は、

・私の歌を聴いてホっとしたり、笑顔になる人を増やすこと

・○○だから、とマイナスのことを抱えていたとしても
自分次第でいくらでも幸せになれることを証明すること

・子供たちに「大人になるっていいな」と思ってもらうこと

・同じ病気の人の”希望”になること



ネットの掲示板で、
リンパ浮腫になった女性が、結婚して出産はできますか?

と質問していた方がいらっしゃいました。

その掲示板に「大丈夫ですよ(*^_^*)」って
書き込み出来たらいいのにな、と思いました。。。




「アヤノが病気じゃなかったらいいんだけどね」

そうはっきり言われたこともあります。






圧迫が必要で素足では生活できないけれど、
私は楽しく生きています(^^♪

たくさん笑っています

普通に生活している人よりパワーがあふれていて、
元気な印象を与えていることすらあります(笑)

毎日リンパドレナージをしたり、
ウォーキングマシーンで歩いたり、

腫れがちょっと気になるときには、
バンテージ包帯を巻いて土偶のようになって生活してますが、

歩ける走れるヨガも出来る!

言わなければ分からない程度の軽度です。

出来ることはたくさんあるし、

むしろ、出来ることの中から
たくさんの喜びやおもしろさを発掘しているくらい

ケアが必要ない人と比べたらちょっと医療費もかかるし、
弾性ストッキングを履く時間とか、
ケアの時間とか、拘束時間は多いかもしれません。

先のことは、
今の良い状態のままキープできるかもしれないし、
悪化するか分かりません。


病気から学んだこと、出会いによって
嬉しいことや感動がたくさんあります(*^_^*)

「私」はそう感じています。

「私自身」は・・・




でも、周りがどう感じるか、は、
わかりません。

親しくなればなるほどに、どう影響するのか、
わかりません。


健康な女性、にはかなわないことも分かっています。






”病気”だから、
結婚や出産に憧れたら迷惑なのかな~?

もし、私がそう思ったら、
病気の女性が同じように考える可能性を広げてしまうかもしれない。

同じ病気の人を不安にさせてしまうかもしれない。





今に加えて違う病気になって、
治療が必要になったときに、
今と同じように前向きに生きていこう!と思えるのかな、
治療しようって思えるかな~

もし、私がそう思ったら、
「命を、自分を大切にしてね」
って人には言ってるのに、
ウソをついていること、になってしまうのかもしれない。






だから、

頭では分かっているから、

なるべくそう思わないように、

「自分次第だから」「私は私だから」って
言い聞かせているときもあります。


病気である=普通じゃない=ワケありの女性

みたいな社会全体のイメージを増やすこともしたくないですしね。

環境がどうであれ、
その中で、どう生きているのか、
それが大事であって、
病気だろうが何だろうが
それはその人のほんの一部だな、

と私は感じることが多いです。






でも、、、


酒井若菜さんの気持ちも
とってもよく分かります。。。

それは、自分一人で生きているわけじゃないってことを
痛いくらい分かっているから思うこと。

本当に大切な相手であればあるほどに、
相手のことを想ってしまうから思うこと。

症状や程度によって、
悩みの深さは違うはずだけれど、

生かされている限り、

何を想い、どうありたいか、

その問いはずっとある。



そして、

悩みや不安がある分、

それがパタンと反動になって、

他の人には味わえないくらいの喜びや感謝が生まれることも、

信じたいんです



5年



3月11日が近づくと、メディアでも震災の話題になって、

忘れちゃいけない、
忘れたい、
思い出したくない、

きっとたくさんの様々な想いが生まれているのかな~

特集番組で、
「震災から5年っていうと、もう終わっているかのような表現ですよね」
と、話されていましたが、本当にその通り。


震災後に知り合いになった方の講演を聞いたことがありますが、

”乗り越えることはきっとできない”

とおっしゃっていました。


5年前と今。

被災された方も無事に過ごされた方も、
振り返ってみると、その時想像出来ない今、に
いる方もいると思います

良い方に、でも、願わない方に、でも・・・


何でもそうですが、
当事者にしか分からない気持ちがあります


傍から見たら、
「そんなこと大したことじゃないじゃん」ということも、

本人の人生の視点で見たら、全く違う景色が見えていたり。

比較して「自分に起こらなくてよかった」と考える方もいると思います。


何がいいとか悪いとか、
そんなことは誰にも分からないけれど、

ただ、今、生きている人間がこれからの未来を創る



はじめて、歌をアップしてみます。

これであってるんだろうか・・・(^_^;)

あまり機械に詳しくないので、
動画でのアップにしますが、
ちゃんと音聞こえてますか?(笑)


今日は、
ふさわしい言葉が見つからないから、

歌うことにしました


5年前と今。

5年前から今まで。

今からまた明日へ。




39サンキュー



サンキューレターが届きました(*^_^*)

とっても嬉しいです

そして、一つ一つの言葉が沁みて、こうやって
色んな方々に支えられているんだな~と感じます(T_T)

3月9日サンキューの日




「ありがとう」って言えることがいくつあるでしょうか?

数えてみたら本当にたくさんあると思います。




それは、

当たり前過ぎてなーんとも思っていないことに、だったり、

他者じゃなくて、自分自身にだったり


でもね、ありがとうって思えないことには
思わなくってもいいと思います。

それは、

今、まだ思えないからかもしれないし、
本当に感謝出来るときに、

そっと想ったらいいのかなって


ここ数年、心の中に強く残っている言葉がひとつ。

「想いを行動にしてこそ本物」

ただ想ってるだけではだめ、
想いと行動を一致させてはじめて、本物になりますよ、

ということです!

人への態度も、選択も、
○○なんだけどね~と思ってるうちは、

まだまだなんだなーと思います


本気になったとき、
行動が変化する。


やりたいと思うことはやってみる、

とか、

やめたいと思うことはやめてみる、

とか、

小さなところからそのジャッジははじまっています~


最後に、改めまして…

いつもブログに遊びに来てくださるみなさん、

非公開でコメントくださる方々、
(非公開のため返事は控えていますが嬉しく拝見してます!)

この場をかりて、

ありがとうございます~(^^♪




今年はどうしようかな~





fc2blog_201505220745188d4.jpg


おととしから、1枚ずつCDを作って、
自分の生きた記録とか、

いつも施設や関係者のみの場所で演奏しているので、
それ以外の方のご希望があって、

やってきているのですが、

今年はどうしようかなーと思っています


一人で全部やるとなると、気合いと勢いが必要です(笑)


リクエストをいただくこともあって、
今までの2枚とは違うカバーもいれてみようかな~とも



言葉のある歌にするのか、
ない歌にするのか、

あるけれどないアレンジにするのか。

今、みんなに伝えたい言葉は何なのか、

必要な言葉は何なのか。

今、私に歌える言葉は何なのか。






ここ数か月は、ニュースを見聞きしても、
”それまで隠していたことがあきらかになる”

そんな感じがしています


「バレなければいい」

そういうことが、明るみになって騒ぎになって・・・


言い換えれば”真実”とも言えると思います。

人との関係や、
後ろめたいことだけじゃなく、

自分自身の気持ち、も”真実”に気づいている人が
多い時期なのかもしれないな~と感じています

それに気づいたとき、
何を大切にして何を選択するか、
何に感謝できるのか、

簡単にはいかないけれど、

それぞれの良い方向へ導かれていったらいいな、と想う今です






適材適所



春になると、ふきのとうが庭にひょっこり(*^_^*)

春に花が咲くように、冬に雪が降るように、

人間も、きっとそれぞれの役割と適材適所で力を尽くせば、
それでいいと思います


最近ずっと、
私の仕事や音楽活動ってなくてもいいんじゃないかな~
なんて思う日々が続いていて、

周りの人の輝く姿や立派な姿を見ては、

比べて落ち込んだりして。


目立つポジションにいれば、
影響を受ける人が増える分責任も増えますが、

目立たないポジションだからといって、
そんなに大事じゃないというわけでは全然なく、

自分の与えられた役割の中で、
与えられた場所の中で、
力を尽くして生きること




子供時代は、きっと色んなことをして、色んなものを見て、
色んな人に出会って、
その中で、自分の「適材適所」を探した方がいいんじゃないかな~

一つの世界の価値観が全てではないし、
苦手なものがあっても、とりあえず体験してみることが、
子供にとっての役割だと思います

考え方が偏ってしまうこと、

それって怖いなと思います


それは自分と他人、に関わらず、
自分と自分、でも言えること。

誰も何も言ってないのに、
自分の中でただただ、偏った見方をしている時は、

”適材適所”を忘れてしまう時


病院は病気を治療する場、

保育園は生活のルールを教える場、

学校は集団生活と勉強を学ぶ場、

音楽会は良い音楽を楽しむ場、

マッサージサロンは日常を離れてゆっくりする場、

全部大切で、全部役割が違う、

ただそれだけならば、

比べる必要なんてないな~


藤崎町の子どもたち(^-^)



子育て支援イベントやコンサートでいつもおじゃましている保育所で、

春のコンサートでした


支援センターと保育所の子供たちが一緒に聴いてくれました(*^_^*)

インフルエンザが大流行りで大変だったようですが、
今日はみんな元気に会えて良かったな~




出張コンサートのコンセプトは、
その施設を利用している対象者だけでなく、

そこで働いている職員のみなさんや先生方にも
リフレッシュしてもらうこと

「先生の歌を聴いたらさーっぱりした!」
と、所長先生のお言葉がとても嬉しかったです

私も歌うとさっぱりするし、
そのさっぱり感が聴いている人にも感じてもらえるなら、

一人で歌うより、
やっぱりお客様がいる場所でもたくさん歌いたいです




「昔と今とでは時代が変化したけれど、
いきなり変わったわけじゃなく、
だんだん、だんだんと今になってるんだろうね~」


コンサートのあとにお話している中で先生がおっしゃっていました。




変わらないもの、変わってゆくもの。

変わっていいもの、変わったらさみしいもの。


色んな場所で、色んな世界に触れると、
いつもためになることばかりで、
ありがたいなと思います


また会う日を楽しみにしています(^^♪


ありがとうございました!



ひなまつりコンサート♪

今日は黒石市の高齢者デイサービスセンターで、
ひなまつりコンサートでした



控室にはこんなおもてなしが(*^_^*)↑


今日は3月3日、ひなまつり&耳の日、
「耳の日は良い音楽を聴きましょうね~♪」とスタートしました




冬から春になる今の季節、
音楽でも冬から春へ~




終わったあとには、桜餅とお抹茶まで


昔の歌は、自然と一緒に口ずさんでくださったり、
手拍子をしてくださったり、
和やかなひとときでした(^^♪


歳を重ねると身体が思うように動かなくなったり、
生きがいが減ってしまったり、

私たちには想像できない感覚があるんだと思います。


「健康寿命」といわれる期間は案外短いのかもしれませんが、

変化していく自分と折り合いをつけながら、
みなさん今を生きていらっしゃる

また元気にお会いしましょうね~




どうもありがとうございました(*^_^*)



バロメーター



自分が奏でる音楽、
出てくる声で、

自分自身の状態を知ったり気づいたり、
そんなことが出来たらいいなと思います(*^_^*)

”アヤノちゃん、自分のために歌ってね”
と言われてから、
意識するようにしています。


気持ちが荒立っていると指がもつれたり、
集中出来ていないと小さな音を見逃したり、

疲れていると声が出にくかったり、
あとは、言葉・・・


3月は東日本大震災を強く意識する時期なので、
「花は咲く」をよく披露しています



「叶えたい夢もあった」


叶えたい夢もあった・・・


歌の中の1フレーズ、
言葉の中に入りこみ過ぎると、
たまに涙が出て歌えなくなってしまいます

あ~私も叶えたいことがあったんだな~
もしかしてあるのかな~

とか、言葉に敏感になるときには、
やっぱり自分の中に何かあるとき


でも、演奏のときには、
言葉の意味を想いつつも、
押し付けないように、
入り込み過ぎないようにしないといけません。


色んな音楽を届けることで、
聴いた方が、今、何が響くのか、

それは子供も大人も一緒で、

一人ひとりにその時その時の状態と感情があると思います


音楽を通して、
自分自身を見つめたり気づいたり、

単なる音楽を超えたものを伝える道、

もう踏み出しているのかもしれません






益田音楽教室

黒石市にあるピアノ、歌(歌唱、ボイストレーニング)、ピアノを弾く前の音楽力を養う音楽あそびレッスンをしている音楽教室です♪ピアノは2歳から、音楽あそびコースは赤ちゃんから、歌のレッスンはボイストレーニングから、身体に不調を抱えている方の機能改善を目的としたレッスンも対応しております。

自己紹介(*^_^*)

青森県黒石市のピアノ・歌のレッスン教室、益田音楽教室で講師をしながら、ヒーリングシンガーとして、歌のおねえさんとして、出張コンサートをしている歌手・演奏家です。青森明の星高等学校音楽科、東京音楽大学声楽科声楽演奏家コース卒。 2008年に、原発性リンパ浮腫を発症し、病と共に生きる日々、音楽や身体を通じて出会うもの、感じるものを綴っているブログです♪ コンサートのお問い合わせ、ご依頼など、下記メールフォームからも受け付けております。

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる