04
1
3
4
7
8
9
10
12
14
15
16
18
19
21
22
23
24
25
27
30
   

良いとか悪いとか

優しさ、思いやり、明るい、
努力、真面目、忍耐、
優秀、穏やか、勤勉、
礼儀正しい、常識に合う、

きっと誰もがそんな自分でありたくて、
そんな自分を探しては認め、
また周りからも認められたい、

その感情は、心地よく安心するし、
生きていていい、
軽やかな清々しい気持ちになるからね

でも、

でも、

でも、

間逆な自分も見てあげないと、
気にしてあげないと、

本当に輝くことは出来ないんだなと思います


ひがみ、羨ましさ、嫉妬、
批判、足引っ張り、虚栄、
見栄、嘘、比較、

これ、私にもたくさんあります。


そこに気づくとき、
なんて小さな人間で
なんて心が狭いんだろう、

と、言葉に出来ないほどになりますが、

それは、心地悪く、不安で、
生きていてはいけない、
重くてどんよりした気持ちになるのが
好きじゃないから

でも、

でも、

でも、

それを聞いてあげないと、
強くなれないんだなー、

強くなるために、
そうやって心がサインを出してくれているんだなーって


決して外に出す必要はなくて、
自分が自分と向き合うだけ、
認めるだけなのに、

どうしてこう難しくて大変なんでしょうね



良くないなと思う自分を
赦すことでもある

それが実は一番難しい!










マイナスの感情をプラスにする、

そのためには、
どっぷりとマイナスの感情と向き合い、
味わうことを避けては通れないんだ、

ということが、

今までの人生を振り返ってみても、

まさにそうで、




良いとか悪いとかじゃなく、

いくら恥ずかしい自分がいたとしても、
それでも生かされているんだということ


スポンサーサイト

体験会とCD予約

セントラルフィットネスクラブ弘前

セントラルフィットネスクラブ弘前での
「美声ボイストレーニング」講座、

初めての場所で新しい試みでしたが、
参加してくださった皆様、スタッフの皆様、
どうもありがとうございました(*^_^*)

スタジオは鏡があること、響きが良いこと、
声を出すのにとても気持ちの良い場所でした。

健康のために、声を出す、歌を歌う

言葉にならない感情や、
モヤモヤしている自分の内側にあるものを出すのに、
「声」ってとても効果的です!

歌は、歌うことが好きな人、
上手な人のためにあるのではなく、
気持ちの消化も出来るのだと思います



先日お知らせしたCDの告知



「予約はもうできますか?」
「いつから予約ですか?」

という問い合わせをいただきまして、
ありがとうございます!

予約受付を明記しておりませんでしたが、
5月になってからこちらで告知する予定です


全国各地のまだお会いしたこともない方が、
どこかで歌を聴いてくださっていると思うと、

私が抱える葛藤や感じ方、
それを伝えてゆくことで、
無意味ではない、と思えるから、

身近なところから
手の届くところから

いつも応援してくださる皆様、
ありがとうございます(^^♪



進んでゆく

来月発売するCDに、
「もっと強く」という歌を収録しました。

fc2blog_20160411085701b20.jpg


知りたくもない現実や
見たくないことばかりで
それでもきっと僕らは
進んでいかなきゃいけなくて



この曲を収録することに決めたのは、
2月か3月。


進んでいかなきゃいけない、

今にとてもぴったりだなと感じます


傷ついたり傷つけたりは避けられないけれど、
進んで自分を傷つける必要なんてないって思うんです。

強くなっていくこと、
課題を繰り返し乗り越えて成長する、
とは分かっていても、

強くなるためにも乗り越えるためにも、

自分の内側にあるパワーや体力がすごく必要。


どうしようもないこと、
受け入れるしかないこと、

でもそれは、本当にどうしようもないのかな?

本当に受け入れるしかないのかな?



英語の歌詞の歌はレパートリーが少ないのですが、
最近は繰り返し繰り返し、

マイケルジャクソンの「Heal The World」を練習しています


今、とにかく魅かれる歌がこれで、

”この瞬間にも死んでいく人がいる、
僕たちで世界をもっと良くしていこう、
愛を持って。”

というような詞の世界。

Heal=癒す、治療する、
ということだけど、

なぐさめるっていうのではなくて、

隣に寄り添って一緒にあがっていくようなイメージがあります。

ヒーリングシンガー、
その真髄は、

癒された~キレイだった~
良かった~で終わらずに、

元気になった分、
もっとよりよいことに自分を使い、

進んでいくパワーや体力を取り戻す、

というところまでいって
初めて役割を果たすと思っています



今日は、セントラルフィットネスクラブ弘前で、
「美声ボイストレーニング体験会」

参加してくださる方々が
すっきりして元気になれるような時間になればいいな*^_^*)
↓↓↓
美声ボイストレーニング

感動や楽しさは栄養



生の演奏は、そこに熱があるから、
一気に空気を変化させて、
エネルギーが発生します。



去年からだいぶ体調が落ち着いて、
一泊くらいの遠出でも身体が持つようになってきたので、
今年は更に、

遠出が出来るかのチャレンジと、

人をもてなす、笑顔にする、元気にすることの重要性を知りたくて、

おとといから遊びと学びを兼ねて出かけてきました


去年からずっとモヤモヤしている、
私の音楽活動の意義や、
最近の震災からも、

また色々感じることが出てきて、

「生きることに必要なもの以外のこと」は、
どういう可能性を持っているんだろう、

というテーマみたいなことがずっとありました


つまり、
生活に必要な
ライフラインや医療、学校、福祉、物流、食事関連のもの、

は、かなり優先度重要度がありますが、

音楽や芸術やレジャーは贅沢なのかな?
そんなに大事ではないのかな?
という想いです。


でも今回、色んなものを見て、

そこで仕事をしているプロの姿勢と熱に触れた時、

何かとても大きなことに気づかされました!



楽しい!おもしろい!ワクワクする!
嬉しい!幸せ!感動!



この感情は、

きっと人間にとってものすごく大切な栄養で、

人が元気に生きていくための

基盤になるんじゃないかって。




生かされていること、生活の最小限が「普通」になっていることは、
とても恵まれて感謝する日常だけれど、

感謝した上に、

イキイキとした命で生きることは贅沢ではなく、
今ある命への賛美なんじゃないかって。
※ここまで来るとちょっと大げさで、宗教っぽくなってしまいますが特定の宗教の信者ではありませんので誤解のないように(笑)

楽しい!嬉しい!
と思えるときに、

イキイキと笑顔になり、
頑張ろうというヤル気に満ちて、
どこか奥深くで「生きよう」とパワーが湧いてくる。

そして、それは、
音楽によって、
かなりもたらすことが出来るものだということが、
だんだんはっきりと自覚出来るようになりました。


音楽のない空間、
音楽のない演技、
音楽のない映像、

プラス

音楽があるだけで、
一気に彩りが増す。

同時に、その音楽は合うものでなければ
その素晴らしさは半減してしまう。

だから大事なんだ、と






音楽でより多くの人に笑顔になってもらいたい、

楽しませたい、

ホッとしてもらいたい、

元気になってもらいたい、

自分の可能性をあきらめないでもらいたい、

それぞれの人生がより輝けるようでいてもらいたい、

幸せを感じるココロを持ち続けて



それが、私が音楽をやっている軸でした。
やっぱりそれが軸なのでした。

必要としてくれる誰かのために。


支える力は色んな形が



よりよく生きる。

衣食住が当たり前になって、
その当たり前が突然失われたとき、

悲しさが強く心に響きます。

九州の大きな地震、

「自分じゃなくてよかった」
「生きていることに感謝しよう」
「自分はなんて無力なんだろう」

それぞれに色んなことを感じている今だと思います。

こんな時に、
義援金詐欺、とか、
信じるものさえ信じられなくなる現象、

そんなことを考える人間がいるという今の世界、

これは本当に、
「どんな自分でありたいのか」「どう生きるか」

一人ひとりの在りかたを問われるんだろうな
と強く感じます。。。



ただただ生きても良いし、

理想を追求しても良い、

よりよい自分を実現するのもありだし、

自分を使って人のために生き尽くすでも、

自分自身の欲求を満たすために生きても良い。



どれを選ぶかはその人自身。


今あるすべてのものが奇跡的にあるとしたら
生きてるすべての人がギリギリ生きてるとした

きみはどうやってそれを守るだろう愛すだろう


2枚目CDに収録した歌の歌詞。


生かされている私に、
何が出来て、何をやらなくちゃいけなくて、
目の前にある日々をどう過ごすか、

これからを生きる強さを。



ひとつの世界




コンクールの春

私の生徒さんでも希望する子は参加しています♪

賞をもらいました、という嬉しい報告も

おめでとう♪





何でもそうですが、
どういう方針で何を大事にしているか、

ということでその世界は変わりますよね


音楽の世界もそうです。

例えば、私がしている音楽活動も、

子供たちを対象とした場合と、

高齢者の方、ヒーリングシンガーとしての歌は、
また別で、

大切なこと、が違って来ます



ピアノや歌を習っている子供たちには、
自分のためにその時間と気持ちを使ってほしい

と想っています。


先生のためにピアノを練習するのでもなく、
親のためにやるのではなく、

自分のために


周りの大人が環境を作ってあげることはとても大事ですが、
操作してはいけないなー
というのは常に忘れないようにしたいこと。


私自身も、色んな人に会って、
世界にふれて、
視野が狭くならないように





この世には、
数え切れないほどにたくさんの世界があって、
色んな人がいて、

その中で、「自分」というものを作っていくのだから、

こんなのもあるよ~
これもいいね~
こっちはびっくりだね~

というきっかけを与える一つが、

習い事のピアノになればいいな(*^_^*)


告知です!

今年はどうしようか、やめようか。。。

なんて悩んでいたCDですが!

頑張って今年も続けてみようと気合いを入れました



5月16日(月)発売!

voice room

1、The Rose
2、大きな古時計
3、糸
4、もっと強く

(収録曲)
※今回も限定150枚とさせていただきます。


エイ!と制作に気合いをいれたと言いましたが、
今回は、歌声は気合いを入れていません~

ちょっと肩の力を抜いて、

これまでの自分これからの自分、

私にとって歌うことの意味、その存在、

ただただ声にしてみる。

そんな雰囲気のCDになりました♪


たぶん、どんな人もいる意味があるし、
同時に存在の意味なんてない。

愛する人がたくさんいても、
孤独でも、

明るい人も暗い人も、

子供がいる人もいない人も、

社会貢献をたくさんする人も、
仕事をしない人も、

病気でも健康でも、

生きる人は生きて、今の世界を創る一部。


誰かを支えて誰かに支えられながら、
でも、
立つのは自分の脚で。





そして、発売日には、

楠美家住宅さんで、
ミニコンサートも



これは、いつもジャケットにイラストを使わせていただいている、
リアンノンさんの作る
羊毛フェルトのかわいい~お人形、マスコットがあるのですが、

そのお人形たちのイベントがありまして、

そこに参加させていただくのです♪

詳しくはまた告知致します(*^_^*)



セントラルフィットネスクラブ弘前でもカルチャー体験講座あります↓
美声ボイストレーニング

美声ボイストレーニング

セントラルフィットネスクラブ弘前

セントラルフィットネスクラブ弘前さんで、
カルチャーレッスンとして新しく講座をはじめることになりました♪

まずは体験レッスンです(*^_^*)


4月26日(火)15時~15時40分
セントラルフィットネスクラブ弘前 スタジオにて
(ホテルナクアシティ弘前 5F・6F)

美声ボイストレーニング~歌って若々しく~

お申込み セントラルフィットネスクラブ弘前
       TEL 0172-35-1611



スポーツクラブでのカルチャー教室ということで、
歌うことで健康づくり、を意識してレッスンしていきます!

歌の先生ってどなたもみんな
とっても元気でお若くて、
それはきっと歌を歌っていらっしゃるからかな~と思います

歌が上手になる、ことだけでなく、

身体をいっぱい使って意識しながら声を出します。

実際に今現在、声の衰えが気になって
ボイストレーニングを受けている生徒さんもいらっしゃいます。

声も筋肉が大切なので、
使わなければ声が出にくくなったり、

人に与える印象が変わってしまいます。

興味のある方はぜひご参加ください(^^♪



体は心も含まれる



カラーセラピーとか、色彩心理とか、
色によって人に影響を与えることがあります。

冬から春、白や灰色の世界から、
色とりどりの世界に変わって行きます



健康って、身体の状態の方が強く意識されがちですが、
私はどうしても、
体=身体と心、というのが切り離せないので、

体調管理=身体の元気&気持ちの元気

と感じています(*^_^*)


身体の調子が悪いと病院に行って、
周りもそれは大変だ!仕方ないね!

とすんなりと受け入れられるのに、

心の調子ってなんでだろう~
見えないから?
「我慢すること」「気にしないようにすること」「努力すること」

で片付けられてしまいがちだと思います。

周りが、じゃなく、自分自身が一番。



正義。正しいこと。

それはもちろん大切だけれど、
その正しさが時には苦しんでしまう原因だったり、

正義によって深く傷つく人も出てくることがあります。


広い世界に、たくさんの人種がいて、国があって、
同じ場所にいても、それぞれの感じ方には差があって、
反応にも違いがあって、

そんなにたくさんの人と世界があるのなら、

当然、真っ直ぐに、正しく、生きれない人も出てくるのは、
自然なことだと思うんですよね。

でも真っ直ぐ正しく生きれる人は、
美しいなと思います

だから、みんなそこを目指すように、
それを称賛するようになるのかな~



人間って複雑なものです。

特に心は。


だからこそ、身体と同じくらいに、
心の状態だってとても大切


中3の時に半年くらい不登校だった時期があるのですが、
その時、無理やり学校に行かせり、
頭ごなしに怒ったり、学校に行かないなんてダメな人間だ!

と直接言われることはありませんでした。

言葉に出来ないものを、ちゃんと感じてくれる大人がいてくれたから。

それは本当に心から感謝したいことです!


もしあの時に、
正しさのために無理やりねじまげられていたら、
今頃、私はどうなっていたんだろう?

もちろん、とても迷惑をかけたし、
心配もかけたし、
当時は自分のことを責めるばかりで、
胸を張って言えることではないです。

ただ結果的には、私にはあの時間が必要でした




本当はどう思っているの?
どう感じているの?
最近どうだい?

そんな風に、自分の心をケアするのは、
自分自身。


ラブレター



2月にもブログに書いた記事→かがやく人

小学校の総合学習?かな?で、
私の活動や私自身のことを取り上げていただきました(*^_^*)

その発表会が終わって、どんな風に発表したのか、
その内容をいただきました

どうもありがとうございます(^^♪

質問を考えて、その答えをまとめ、
そこから自分たちがどう感じたか、という感想まで
まとめてくださっているものです♪

パソコンシートで完成させているので、
打ち込んだレポートなのですが、

いただいたシートの下には、

一人ずつの手書きのコメントもあって、

その手書きのところがとっても嬉しかったです


感想って、ある部分ではとてもドキドキです

自分を出すということは、
その分いいことも悪いことも受け止めるってこと。




「あきらめないで努力している」

そのコメントが多くて、
そんな風に捉えられ見られているんだな~と、
客観的に自分のことを見るきっかけにもなりました。

あきらめない。
努力。

そっか~そう感じてもらっているのなら、

あきらめないで努力をしないといけないんだな



まだ4、5歳の子供たちが、
ピアノを弾いていると

「これは出来ない」と弾く前に言う子がいます。


それは、

出来ない=ダメ

といつもプレシャーを感じているからなのか、

出来ない=恥ずかしい、怒られる、

という思いこみなのか、

単にやりたくないから出る言葉なのか~



でも出来るとか出来ないとかじゃなくて、

やるか、やらないか

どんなことでも、
「出来ません」の中には、
「やりません」が少し含まれているような気がします。

つまり、

誰かに言われた、環境のせい、で、
やりたいけど出来ません、

でも、

やりたいけど出来ないのでやりません。


そう、どこかで最終的には自分が決めている。
そんなこと、きっと結構ある。



益田音楽教室

黒石市にあるピアノ、歌(歌唱、ボイストレーニング)、ピアノを弾く前の音楽力を養う音楽あそびレッスンをしている音楽教室です♪ピアノは2歳から、音楽あそびコースは赤ちゃんから、歌のレッスンはボイストレーニングから、身体に不調を抱えている方の機能改善を目的としたレッスンも対応しております。

自己紹介(*^_^*)

青森県黒石市のピアノ・歌のレッスン教室、益田音楽教室で講師をしながら、ヒーリングシンガーとして、歌のおねえさんとして、出張コンサートをしている歌手・演奏家です。青森明の星高等学校音楽科、東京音楽大学声楽科声楽演奏家コース卒。 2008年に、原発性リンパ浮腫を発症し、病と共に生きる日々、音楽や身体を通じて出会うもの、感じるものを綴っているブログです♪ コンサートのお問い合わせ、ご依頼など、下記メールフォームからも受け付けております。

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる