01
2
3
8
13
14
16
20
22
24
   

歌うことと、リンパ浮腫であることと。

私の中で、
常に自問自答し続けていることの一つ。

「リンパ浮腫であることを公開するべきか」




プロフィールやパンフレットにも
載せていることですが、
それには2つの意味があります。

1つは、音楽活動をするきっかけは
そのリンパ浮腫がなければ今がないから。

2つは、同じリンパ浮腫のことで、
誰にも相談できずに孤独を感じている方が
もしかしたらいるかもしれないから。





田舎ではあるけれど、
一応”人前に出て何かを発信する立場”に置かれる私としては、

いつどこで
どんな人と出会うか分からない、
という意識があって、

先日も思わぬところで、
「実はリンパ浮腫なんです」

と教えてくださった方がいました。




そんな出会いがあると、
公開していて、良かった!と、
心から思うんです


今だってこれからだって、
いつどうなるか分からない、

それは病気じゃない人だって同じはなず。

出来るうちに出来ることを、
出来るうちにやりたいことを





私自身、
病気っていうのはその症状や状態よりも、

受け入れることや
病気であっても前向きに生きれることの方が
何十倍も大事だと思っていて、

何も変わらなくても、

そうそう!と共感できるだけで、
何だか元気になることもあるんです





でも、コンサートで、

「私はリンパ浮腫で。。。」と
話すことはほとんどありませんww

必要がないからです



リンパ浮腫の歌、
を歌うことがあるとしたら
(そんな歌は今の所知りません(笑)

話すと思いますし、

自分の経歴や、
子どもたちに音楽活動をする経緯を話すときに、
伝えることは今までにもありました。




私がどうであれ、
一緒に音楽を聴いてくれた方が、

楽しかった!良かった!元気になった!

と感じれること、

それが一番大切なコンサートの要です(^^♪




スポンサーサイト

碇ヶ関中央保育園



数年ぶりに伺った
碇ヶ関中央保育園


去年から園舎が新しくなったそうで、
おしゃれな建物です(*^_^*)



ホールにはコンサートの飾りつけもしてくださり、




準備はばっちり♪




碇ヶ関中央保育園といえば、
個人的にこのイスたちが思い出で(笑)

とっても可愛いですよね~


久しぶりにおじゃましたにも関わらず、
このイスを見た瞬間に
色んなことを思い出しました!


おとなしめの年長さんと、
元気いっぱいの年中さんのギャップが
また良くて、

その年の子どもたちの性格とか、
クラス内での子どもたち同士の相性とか、

色んな要素で変化するので、

いつどこに行っても、
コンサートは毎回初めてのような気持ちで
新鮮な気分になります



不思議なもので、
同じ歌や同じセリフを言っても、

その都度その都度
新しくなっているような気がします。



素敵なプレゼントも
用意してくださって、



今日の様子の写真まで



碇ヶ関中央保育園のみなさん、
どうもありがとうございました!

また元気に会おうね~♪


弱いんじゃなく敏感なだけ



美大出身の素敵女子と
いろんなテーマでおしゃべりしました





強い=鈍感、
弱い=敏感、

ってことないですか!?

例えば、

みんなが我慢出来ることが、
自分には我慢出来ない場合、

一般的には
我慢出来る方が強く偉く、
我慢出来ない方が弱くダメ。


でもね、
感じ方に差があるとしたら…?


みんなは、蚊に刺された痛みでも、
自分には、ナイフで切り刻まれる痛みなら…?



蚊に刺されるくらいで済んだ方が
確実に生きやすい、
感じないのだから。


いつもナイフで切り刻まれていたら、
いちいち生き辛い、
いろんなことが分かってしまうから。



特定の世界でしか
自分を表現できない、とか、
居場所がない人も、

きっといるんですよ

でも、だからこそ、
人とは違うことが出来る





最近共感したことの一つに、
ある方が、


その人の影の努力、苦労、耐え忍んだ過程を知らずに
その人が築いてきた今や結果だけを見て
羨ましいとかあり得ない

というようなことを発信なさっていて、

それって、
誰かの才能を軽んじることになるのかもしれない、
と感じたことがあります。




自分にもあんな才能があったらなあ、
と尊敬と憧れを抱くことがあったとしても、

才能だけでその人が
そこで輝いていると思ったら大間違い



尊敬しているならしているなりの
態度や言動があるはずで、

相手を軽んじるのは失礼なんだと思う。







自分を認めることができてはじめて、
人との違いを受け入れることができる。

だから、
何でもかんでも、

違いは受けいれなければだめだよ!

と教えたって分からないよね


いい人になるために、
みんな生きているわけじゃないんだから。






小沢保育園参観日



今日は朝から良い青空(^-^)





小沢保育園の参観日に
おじゃましました


参観日コンサートは、
子どもたちだけとまた違って、

みんなが嬉しそうに甘えたり
パパやママとじゃれあったり


音楽は場所や空間を
タイムスリップするような気持ちを
味わえる良さがあります!

色んなメロディーや音で
一瞬にして気持ちが変わるもの





子どもたちのイキイキした姿を見ると
私もとても嬉しくなりますが、

パパやママ、先生方一人ひとりが

音楽の時間に

ちょっと力を抜いてリラックス出来たり、

ぽっと心が温かくなってもらえたら、

もっともーっと嬉しいです(^^♪





小沢保育園は、以前一緒に
「うたのおにいさんおねえさん」でユニットをやっていた

たけひろおにいさんの母園でもあり、
おにいさんの奥サマの職場でもあり、

色んなご縁がつながって
また一つ新しい場で歌えること、

出会いがあることに、

心から感謝の気持ちです



いいなあ~と思えるものがたくさんあると、
気持ちが前向きになりますよね♪





小沢保育園のみんな、
また会おうね(*^_^*)

どうもありがとうございました





尾上保育園コンサート♪



今日は平川市尾上町の、
尾上保育園におじゃましました(^_^)


始まる前から、
子どもたちが、

あやのおねえさん!あやのおねえさん!

と名前を覚えていてくれて、
とても嬉しかったです


尾上保育園さんには、
初めておじゃまするので、

初めて出会う子どもたちは、
いろんな音がするとびっくりしたり、
ジーッと集中していたり、

ちゃんと
お行儀よくお座りして聴いてくれました



コンサートのプログラムは、
事前に準備していますが、

お客様の様子、
今日の場合は子どもたちによって

変更したり順番を変えることもあります


今日は前半にわりと聴くシーンが
多かったのですが、
順番を変えることなく、
進めることが出来ました(^-^)



カラフルコンサートは、
対象者やお客様だけが喜んでもらえるのではなく、

主催者や関係者のみなさんも一緒に
楽しんでもらえることを大切にしています。



知っている曲だけがおもしろいわけではなく、
初めての歌や音楽もいいな、と思ってもらえる伝え方



今日はなんと、
同じ名前の「あやのちゃん」という子にまで
出会えました(≧▽≦)

最後の写真撮影の時に、
「同じ名前だねえ~」と2人でニヤニヤいちゃいちゃ(笑)




尾上保育園のみなさん、
ぜひまたお会いするのを
楽しみにしています(*^_^*)

どうもありがとうございました!





人前に出ること



インフルエンザも流行し、
引き続きR-1やハーブティー、
プロポリス、しょうが、
などなど、

免疫力をつけるために
日々気を付けていながら、

今月も風邪っぴきです


毎週のように風邪をひいていた頃よりは、
自分の体調を過信しないようにはなりましたが、

ホルモンバランスや
疲れにやられることはまだまだ





SMAP好きのおばあ88歳10か月と一緒に、
去年の最終回のスマスマの録画を観ていたら、

体調不良の中パフォーマンスをする中居くんの
ステージがありました。




最後の方に一人ひとりがコメントする時にも、

「こんな無様な姿をお見せして申し訳ない、
体調管理に気を付けたい」

と話していました。




見ている方は、辛そうだな、大丈夫かな、と
心配になりつつ、応援する気持ちになるのですが、

パフォーマンスする側の気持ちも
よく分かるので、

演者とお客さんの
両方の気持ちになって観たような感じ

本当にプロの姿勢は、
すごいなあと感じました。




自分をよく見せるためとか、
そういう理由ではなく、

観に来てくれたお客様を想う気持ちと、
自分自身のプライドに対しての気持ちから

生まれてくる想いだと思います。



でも、見ている方は、
うわ~ちゃんとやってほしい、
なんて少しも思わないです。

(いろんな人の感じ方があると思うので、
一概には言えませんけれど、
具合悪いから出来ません!というのではないのが
ちゃんと伝わるものは、
観ている人に分かると思います。)




というか、

そういう異常事態の時には、

普段どういう意識でやっているか、
がはっきりと出るのではないかな~って。


気持ちの余裕がないときこそ、
いつも何を想い、
自分に対してもどう感じ、

それが出るんじゃないかなって。


つまり・・・


何でもない時、
どうやっているか、
がものすごく重要だということですね!




レッスンでもそう、
発表会があるから、コンクールがあるから、

だからしっかりやるんじゃなく、

そういう”理由”がなくても
ちゃんと出来るか、っていうことです


目標がある方が頑張れるけれど、
ないときにもどのくらい出来るのか、

それがその人が持つ「力」だったりして



ラテアート体験しました(^-^)



ラテアートの講座に参加しました

エスプレッソにフォームミルクを注いで
図柄を描くあれです

↑は私が最後にチャレンジしたハート(笑)



キャンセルが出たために、
急遽参加した講座でしたが、

とても楽しかったです!







講座を担当した先生は、
ほぼ独学でラテアートを学び、


というか、

お客様を喜ばせたいという一心で
試行錯誤し、

理論も分からないまま
手探りでやってこられ、

今ではその身につけたノウハウで
世界大会などにも参加しているそうです。





ちなみに、





これが先生の技!








生活とか仕事とか、
私たちは本当は
何でも選んでいけるんだけれど、

しょうがないから、

という気持ちを持ちながら
やっていく人も多いはずです。




日本特有の美学というか、
我慢や忍耐してなんぼ、
という考えや、

こんなに大変なのに頑張ってる私、

に価値があると感じているのも
その理由の一つかなと~






でも、昨日、
ラテアート体験をしたときに、


やっぱり、
自分のやっていることや、
そこにどんな気持ちでいるか、は、

伝染するんだなと感じました、強く強く





先生はとても楽しそうで、
ラテアートの楽しさが伝わるようにしたい

と、
ものすごくピュアな想いでそこにいらして、

受講生が出来ると心から嬉しそうにしていて、

ビジネス的なものじゃなく、
一個人としてその時間を使っていることは、

同じ時間を過ごす人に
こんなに清々しい気持ちをもたらすんだなって






苦労して身につけた技術を
惜しげも無く人に与え
共有することに喜び、

そこには、
単に、喜んでもらえたら嬉しい、

が軸にあるもの








例えば、

病気の治療法の選択や、
離婚、離職や転職で、

変化、に対して罪悪感や不運を嘆いたり、
”負”のものを感じている方も
いらっしゃるかもしれませんが、

私個人的には、
そんな変化は、
全く”負”ではないと思うんです





違和感を感じたものに対して、
自分の気持ち、自分らしさを
単に選んだだけ。





もちろん、違和感がありつつも
そこにいることが悪いことではないし、

誰でもが
選択して生きていけるわけじゃないけれど、



確かなことは、

自分に納得している人は、
ものすごく輝いていて、

周りをも照らす存在になること





それって、いいなと思うんです(^O^)





マキマキ族のおしゃれ

軽度ではあるものの、
リンパ浮腫である私は、

脚のリンパケアは必要不可欠です



ケアしないとどんな感じか、と聞かれれば、
下半身がずしんと重くだるい感じになって、

本来排出されるべき不要な水分が溜まって、
ボテっとした太さになります(^-^;

まあ、常にボテっとした太さではあるのですが、
それでも、ちゃんとケアすると少しほっそりします(笑)





でも太さよりも大切なのは、
蜂窩織炎。

いらない老廃物の液が溜まると、
そこに菌が繁殖して発疹と高熱が出ます


健康体の人よりは
免疫力も低下しているだろうし、
”めぐり”が悪いというのは、
色んな病気を招きます。





大切なケアは色々ありますが、
中でも一番効果的なのはバンテージ、
いわゆる包帯を巻いて圧迫する方法です!

徳島の病院で指導されたのは、
毎晩寝る前に包帯を巻いて運動をして寝て、
朝起きたらはずす、というもの・・・


めっちゃ時間かかります!ww


ので私は、
包帯を巻いて大丈夫そうな仕事のない日や、
座ったり立ったりする動作が少ない仕事の日には、

前の夜から包帯を巻いて、
次の日の夜までずっと巻きっぱなし

自称、マキマキ族、です(≧▽≦)







マキマキ族の日は、
脚が出せないんです。





スカートの中はこうなっているためですw




最近になって
ロングスカートが流行ったりしていますが、
それでも足首は出る丈だったりして、
足首を一番隠したいのに!ww

服のテイストも変わるので、
似合わないし、マキマキ族のおしゃれ、
が今の悩みでもあります。






マキマキ族で外出すると、
靴は履けないし、
出先で包帯がはずれてきたりして、

そんなときには"(-""-)"←こうなってます。





以前に比べて、指先の包帯を普段しなくても
腫れなくなってきたので、
毎日の包帯のストレスからは解放されつつ、

指先が素足だとそこが腫れてくるので、
指先ソックスもマストアイテム!



ただしこれは、
洗濯の時によく行方不明になるやつらです(*‘∀‘)





リンパ浮腫との付き合いも長くなってきましたが、
それでも"(-""-)"となったり、
(T_T)となったりするのは、

まだ慣れていない!?ということでしょうね~





私の場合、リンパ浮腫だからこその
”当たり前”がありますが、

この”当たり前”は
人や世界の価値観の違い
でもあるんじゃないかと思います


習慣や常識だけでなく、
好みや感じ方はみんな違っていて、

ちゃんと理由があることも


誰かに迷惑をかける、とか、
よく思われないから、とか、

そんな理由からの当たり前ならば、
一度、本当はどう思っているか、

を考えてみるのもいいかもしれませんよね!


好きでそうしているのか、
本当はそうじゃないのか。


自分の当たり前も、
正しさも、

最後に決めるのは自分(^-^)


それは時々、
孤独なことになるかもしれないけれど、

自分と向き合うときは、
他と比べたりしちゃいけないんだ







いっちばん底にあるのは、、、


自分対自分。





今年のCDについて

2014年から毎年春に
自主制作CDを発売していましたが、

今年はちょっと違う取り組みを考えています(^-^)


機材や、パソコンなど、
必要最小限しか使わない私がw

YouTubeで音声動画をアップして

多くの方にも届けられるようにしようと思っているんです








あとは、

ちゃんと会場を借りて、
自分主催のコンサートも考えています!

といっても、
どんなスタイルにするかは
まだまだ未定で、

場所なども目処が立っておりませんが


あの曲をCDにして欲しいです!

というリクエストは多々いただいているのですが、
著作権の関係があったり、

手続き上難しいこともあるので、

そういう事情を考えずに、
みなさんに提供出来る方法は何かないか・・・と
考えて、

実現する方向へ向かっているところです(^^♪


大好きな楽曲を、
聴きたいという方に届くように



正直、

私が歌っても歌わなくても
別に他の人でもいいんじゃないだろうか、

とマイナス思考になることも多く、

意味があるのか、何のために、

と、うじうじすることも多いですが、

私自身の特性で一番伝えやすいことは、
「歌える声がある」ということ。



それなら、
やっぱりその声を使うことが、

私に出来ることなんだろうなと


やってみよう、世界を自分で広げてみよう


おじいの命日

おじいちゃん子だった私は、

無口な祖父にいつもちょっかいを出しては、

色んなことを教わったような気がします(^-^)


祖父が亡くなって、今日で16年。








当時、警察医として貢献した実績で
叙勲をいただいたお祝いを予定していた前日に、

普通に生活していたようにみえた祖父が
いきなり倒れそのまま~


今思うと具合の悪そうな兆候も
あったそうです





お祝いパーティーでは、
本格的に学び始めた
声楽の歌の演奏をするはずでした。


高校生のとき、
バスで1時間半かかる学校へ通っていたので、

冬場にちょっと下宿をしていましたが、

いきなり祖父が亡くなってから、
また自宅通学に切り替えたりして。





お祝い用に注文していた記念品は、
一転して香典返しに(笑)

とてもドラマチックな展開です!


でも、祖父のおかげで、
そのタイミングだったからこそ、

私は音大に進学出来たようなものです







「たいしたもんだ」

それが口癖のように、
いつも褒めてくれたから、

祖父に懐いたんですね、たぶん(笑)




手に怪我をしてはいけないから、
重いものは持たず、

いきなり呼び出しが来たらいけないから、
休みの日はずっと家にいる。




我が家はみんな
目はかけるけど手はかけない家族で、


ドライでありながら、
それぞれが面白い感じでした






子どもは、両親を選んで生まれてくる、
障がいも病気も、
自分でハンデを背負いながら生きよう、という
チャレンジ精神の高いタイプである。


というのを本で最近読みました。






ふと、

子どもたちは、
もしかしたら、

この世に産まれた段階で

もう既に、

両親に最大に感謝して、

もう自分の人生を自律して
生きているんじゃないかな

と思うことがあります



環境的にはお世話をしてもらいながらも、
存在的には自律しているような


みんなが持つ力が
色んな可能性を秘めている


そんなことを想う命日です。




大浦保育園コンサート♪


今日は数年ぶりにおじゃました、
大浦保育園でコンサートです

広いホールで、
みんながのびのび遊んだり、

元気でイキイキした子どもたち(^-^)



※始まる前に先生のお話を聴いているクラスです。


支援センターに来ている、
ママと小さな子どもたちも参加してくれました!



コンサートは、
流行り物からスタンダードなもの、

あまり耳なじみのないものまで、

様々取り入れるようにしています



きっと感じ方や
今日の音楽の残り方も
みんな違うから、

ちょこっとでも構わないので、

思い出の種が
心の中に置かれたらいいなと



言葉の意味が分からなくても、

何か伝わることがあるし、
感じてくれることがあって、

言葉でコミュニケーションが難しければ
難しいほど、

音楽が役立ったりして






今日は、終わり際に、

「どうしたらこんなに弾いたり歌ったり上手になるのか、
あやのおねえさんに訊いてみよう!」

というインタビューを受けましたが、

とっさに、

子どもたちに分かりやすいように

「音楽が好きだから、
弾くことも歌うことも大好きだからです。」

と答えました(*^_^*)

練習をたくさんする、とか、
努力!より、楽しむことを追求した先に広がる世界もあることを、
伝えないと、という謎の使命感を感じてそう言ったような・・・(笑)






でも、本当は、

音楽を届けた時に、
みんなが楽しそうにしていたり、

じーっと集中して聴き入っていたり、

親子で笑顔になったり、

それが、大好きです



音楽が好き、だけなら、
きっと、一人で楽しんでいます

嬉しそうな顔、楽しそうな顔、
わくわくした顔、笑顔、

そんな姿は、

きっときっとたくさんの人を元気にし、

実際、私自身が元気になる空間です(^^♪



大浦保育園のみなさん、
どうもありがとうございました!



また会える日を楽しみに~♪


52万5600分


最近、ドジを連発しています(@_@)!



スーパーで買った卵をカゴから
袋に入れ忘れて来たり、

時間を間違えて行ったり、

連絡をいただいた保育園の名前を見間違えて
違う対応をしたり


色々やらかしております、、、


きっとキャパオーバーになって来ているような(-_-;)





丁寧さ、落ち着き、余裕がないと、
伝わるものも半減してしまうだろうな~

と反省しつつ、
いろんな見直しが必要なのかな?


やらないといけないことに対して、
何の疑問もなく出来るのであれば、

それはちゃんと自分のやりたいこと、
やるべきこと、として定着しているはずで、

もし、
そんな、やらないといけないこと、

でさえ、上手くできない時には、

私は一体何がしたいんだろう~と思うのです。




でも、誰でもそうだけれど、
他の誰かの真似をするとか、

他の誰かになろうとすることなんて
出来なくて、

自分が自分であること、以外に、

出来ることなんてないんです。







大学の時に、友達が教えてくれた、

ブロードウェイミュージカル「RENT」に出てくる歌、

”Seasons of Love”


日本で森山未來さんが主演を務めた時に、
一度観に行ったことがあります。





1年は、52万5600分だそうで、

その時間を、

一体何で数えよう?
愛はどうだろう?

というような詞の世界です。



今では、
結婚式の曲でも使われることが多いそうで、

どこかで耳にしたことのある方もいると思います


愛で数える。

素敵な言葉だけれど、
それは一体どういうことなんだろう?


愛から生まれるものと、
そうじゃないものと、

強いのはきっと前者(*^-^*)



ヒロロのファミリーコンサート



今日はヒロロ3Fのヒロロスクエアホールで、

ファミリーコンサートでした(*^_^*)


ヒロロは誰でも利用できる商業施設なので、

毎回、
いつも関係者のみで行うコンサートがほとんどの私は、

教室の生徒さんだったり、
久しぶりに会う元生徒さんだったり、

遠方に住む友人親子にも会えたり、

ブログで知って足を運んでくださる方もいらして、
嬉しい場所です







エレクトーンを弾いてもらったり、




ママとパパと一緒に手遊びしたり、




今回はヒロロの先生とコラボで、
「はらぺこあおむし」の絵本も♪





最後にはアンパンマンの歌を一緒に歌いました!





目の前に座っていなくても、
遠くのあそび場から顔をのぞかせていたり、

ホールにいて足を止めて聴いてくれたり、

そんな皆さんもいらっしゃって、
本当にありがとうございました(*^_^*)






子育て支援のイベント、ということで、
プログラムには、

ふれあい遊びや
手遊びを増やすことが多いのですが、

今回は音楽を”聴く”という時間を長めに、

”静”の時間を少し意識してみました。






本当に音楽の使い方は色々ありますが、

まず、単純に”聴いて”感じること





そして、その音楽がどこかで思い出となり、

一緒に聴いたよね、
あの日この音楽だったよね、
あんな時期だったな、

という記憶と一緒に残るといいな~と思います




子どもたちの成長は早いから、
その「今」は一瞬の時間のようなこともあります。



そんな時間をもっと良いものへ~




時々、普段にも増して、
子どもたちが、

「なんて可愛いんだ(≧▽≦)」と
キュンキュンすることがあるのですがww

今日もその波がやってきて、

知ってる子も初めて出会う子も、
久しぶりで成長してる子も、

みんなとっても可愛いです





今日、一緒に時間を過ごしてくださったみなさん、
私もとっても楽しく豊かな時間でした♪

心から感謝です♪



そして、

いつも企画、お手伝いしてくださる、
弘前市駅前こどもの広場の先生方も、

ありがとうございました(*^_^*)


またみんなに元気に会いたいです


仲良しは最高(*^_^*)


廊下の息も白く、
外にも真っ白な雪がどっさりで、

((+_+))←みんなこんな状態になる
雪国の冬ですが(笑)

これはまだ雪だから

いつかは溶けるけれど、

土砂やがれきだと、
本当に大変なことだろうなあ・・・と

想像しながら雪かきです




雪国あるあるですが、

雪かきをしていると、
同じように雪かきをしている
お父ちゃんに声をかけられることが多く、

妙な仲間意識が強まりますw
いわば戦友!


毎年のことなのに
「大変だね~」
という気持ちには全く慣れない雪。。。


それでも、
どうにかこうにか毎年生き延びているのだから、

無駄な抵抗を辞めて、
降参しながら、

雪に合わせた暮らしをします


私も、とりあえず今は、
足も動くし力もあるので
出来るうちに出来ることをせっせと







よく、

「アヤノさんは、やりたいことをやっていて、
自分の気持ちを優先して決めればいいから」

というようなことを言われるのですが、

やりたいことって何だろう?と思うのです







指導者のエキスパートになりたいわけでもなく、

有名になりたいわけでもなく、

音楽はこんなに良いものです!と広めたいわけでもなく、

病気と闘ってますが元気です!とアピールしたいわけでもなく、、、








ただ、強いて言えば、

仲良しは最高だよね(≧▽≦)

という世界は広げたいですw


子どもみたいなことを言ってますが、
めちゃくちゃ本音。





仲良しっていうのは、
ケンカをしないことではないし、

争いを避けて自分だけ我慢することでもないし、

表面的に笑うことでもないし、

妥協や諦めでつながる関係でもない。




お互いに向き合いながらも、
尊敬したり尊重して、
受け入れたり受け入れなかったり、

みんな違うのに、

それぞれイキイキしていること





友達だから、親子だから、
夫婦だから、
仲良しです、

っていうのは大間違いで、


関係が仲良しを作るのではなく、



心のふれあいが
きっと仲良しを作ってゆく





だれのもの??

SMAPが解散してから、、、

SMAPのCDが欲しい(o^^o)

と言っているのは…

おばあ88歳10ヶ月!


SMAP世代はむしろ私、
いや、私はどちらかというと嵐派…


おばあがSMAPを聴く隣で、
若者たち、や、りんごの唄、を
練習する孫…


愉快な我が家です(笑)





おばあの要望と、
久しぶりに聴きたい歌がチラホラあったので、
大量レンタルです








オリジナルの歌手ではなく、
いろんな歌手がカバーして
アルバムにしてる作品もあり、

同じ歌でも歌い手が違うと、
本当に違うし、

良い歌はやっぱり良い







そう考えると、
作品を生み出す作曲者、作詞者、
編曲者、

そしてそれを歌う歌手。



全てが良いバランスのときに、
その音楽の本質が伝わるのかなと







作品って誰のものかな?と
考えることがあります。



もちろん、

生み出した方に著作権があるのは
当たり前ですが、





例えば、

学校で合唱したり、
吹奏楽で演奏したり、

おうちでママが子どもに歌ったり、

それぞれの形の音楽に
変化していくものなのかもしれません






速さやアレンジ、キーによって
違う印象にはなりますが、

それを伝える媒体となるもの。





歌い手の解釈であったり、
目的や想いが重なると、

料理のように
味付けがちょっと変わる、みたいな






そんな意味では、

音楽は誰のものでもなく、

同時に、

みんなのものなんだなと感じています






雨が降ったとき、

この雨は私のものだ!

と言う人がいないように、

音楽もまた、

降り注ぐようにあったらいいよね(^^)






ドイツ国際平和村

大好きだったテレビ番組「世界ウルルン滞在記」で
その存在を知った、

ドイツ国際平和村。

ドイツ国際平和村日本語HP

確か、中学生の頃から、
お小遣いで寄付をするようになりました。



それから、毎年1月に1年分の寄付をしています。
といっても微々たるものですが。。。(^-^;




ドイツ国際平和村、というのは、
簡単に言うと、

戦地でケガをした子どもたちを
治療してまた母国に返す活動をしている施設です。



ここで私が語ることが出来ないくらい、
深い問題があったり倫理的なこと、
様々なことが絡み合っているのですが、

地雷や銃撃の被害を受けた、
罪のない子どもたちがたくさんいます。






日々の、ちっぽけな悩みにでさえ
負けてしまいそうになる私ですが、

想像を超えた世界で生きる人が、

今この世界にいるということ。




自分に関係ないからどうでもいい、
ではなくて、

今を生きる一人の人間として、

やっぱり意識しておきたい、という気持ちもあって
続けている寄附です。






今年は、自分主催のコンサートを出来たらいいな
と思ったりもしていて、

入場料なし(著作権申請手続きがおっくうということもあります)

チャリティーとして
みなさんのお気持ちを何らかの役に立てるような形で
生かせるようなコンサートを。。。

と少し構想を練っています。


あとは、被災地でも歌いたいな~と




歌の力をもっと知りたいのと、
想いは行動にしてはじめて本物になるから、

今の私の環境と状況で
出来ることは、

今のうちに
どんどんやらないといけないんじゃないかと、

そう感じているんです


自分の中で終わらせると、
行動出来ないような気がするので、

今、思っていることをここに。。。




嬉しい年賀状(o^^o)

お手紙好きな私は、
年賀状も嬉しいものの一つです(*^_^*)





可愛い生徒さん、
遠くに住む友達、

コンサートでお世話になった皆さんや、
ファンの方々からもいただいて、

本当に心温まる贈り物です




”年賀状”と呼ぶには、もう遅くなってしまったので、

お返事することが出来なかったみなさんには、

こちらを借りて感謝を伝えさせてください

ありがとうございます♪



メールや得?のない年賀状は
年々出す方が減っているそうで、

確かに義務的なものなら、
本質を考えるのもいいかもしれないな、と思います。


私自身もこだわったり、
時間をじっくりかけて書くわけではなく、

時代に乗ってパソコンでプリントアウトですし、

普通のありふれた年賀状の一つなのですが、

宛名や一言は、手書きにするようにしています


いつもメールや、
手紙を出さないような相手にこそ、

年賀状をいいチャンス!
として書く楽しみがあります


そして、やっぱり
いただくと嬉しいです♪

だから、出そうかなと思いますね~






たぶん、
なんだかんだいいながら、

やっぱり生きている限り、

みんな、

より良くなっていこう、とか、
もっと楽しいことや嬉しいことを増やそう、とか、

そういう前向きな思いってあると思うんです。


もちろん、今ある幸せを味わいながら感謝しながらも、

その上で、次に進む一つ上のレベル





悩んだり不安になるのも、
その証拠で、

今より前に進みたいと感じているからこそ、

これでいいや~ではなく、
悩みになるとも言えますよね。





HAPPY NEW YEAR

あけましておめでとうございます


その言葉には、新しく始まる時間や日々に
前向きさや期待、願い、希望が込められた、

そんな言葉だと感じています(*^_^*)




1月15日はヒロロです♪

1月15日はヒロロでお子様を対象とした、
ファミリーコンサートを担当します♪


2017年1月15日(日)
ヒロロ3F ヒロロスクエア広場
11時~

ヒロロHPファミリーコンサート



子育て支援イベントの一環で、
毎回お世話になっています(*^_^*)





ヒロロは広場になっているので、
一般のお客様でも
その場にいれば音は聴こえるので、

ふらふらとしているのもありですよw



内容は子供向けなので、
あやのおねえさん、としてのコンサートです





今回は、依頼者である
弘前市駅前こどもの広場の先生とコラボして、

パネルシアターと歌のプログラムもあります



やっぱり1人では出来ないことを、
一緒にやっていただくことで、

お客様が更に楽しんでくれる(o^^o)


私もワクワクでーす




みなさんどうぞ、
遊びに来てくださいねー!





ありがとう(^^)からはじまる。




新しいコップをゲットしました

merci、フランス語の、
ありがとう



ありがとうれしあわせ、


というしりとり?を思いついてから、

まずはじめに、
ありがとう!なんだなーと感じています



幸せである人は、
きっと、ありがとう、がたくさんあって、

ありがとう、から生まれる嬉しさが、

幸せになる


幸せは、なるものじゃなく、
幸せ、であること




誰より何かを多く手に入れているか、

とか、

アピールするものがあるか、

ではなく、


ありがとう、と思っていること、
ありがとう、と伝えたい人がいること



ごめんなさい、
申し訳ない、

より、

ありがとう、が増えるように(^-^)


そして、
ありがとう、は心の感度が良くないと、

分からなくなるものです




もしも、
ありがとうがない!という時には、

ありがとう、はもうそこでは
充分役目を果たしたのかもしれません。




新しく一歩踏み出すこともまた、
新しいありがとうを生み出してゆく






風邪ひきでも~~

長期休みになると体調をよく崩し、

さあ、仕事がはじまるぞ、というときには、

それなりに元気になる、というパターンが多いのですが、

今年のお正月は、
数日間歌えないとうずうずする、
という症状が出始めて(笑)

めったにいかないカラオケへ~♪

家ではガンガン歌えますが、
コンサートの練習のための歌や、
レッスンのための歌がほとんどなので、

たまには、自分がこれ歌いたい!

というものを



母と2人で行きましたが、



なんと学生扱い!?( *´艸`)

・・・ではなく、
母親のシニア枠が学生と一緒のため、
こんな記載になったと思われます(笑)


天然の母が、発見して、
かなりいい歌を真面目に熱唱しているそばから、

爆笑の時間へ・・・www



声を出すのが日常の私でも、

やっぱり、声を出すことは、
とてもスッキリしたり浄化されたり、

内面にあるものを出すために
効果的なことだと実感します。





歌が上手になるために、
技術を身に着けるために、

という意識ではなく、

元気になるために歌いたい(^^♪

元気になるために音楽に触れたい(^^♪

そんな人が増えたらいいなと思います



音楽は向いている人、
好きな人だけのものじゃない。


色んな使い方があるんです(*^_^*)




体調管理について考える

風邪をひかない、とか
浮腫を悪化させない、

というのは、

当たり前のように気をつけて
対策をしながらも

いいとき、悪いときがあるもので、

こうしなきゃああしなきゃ、
から考え方が変化してきました








健康に気をつけること、
身体を大切にすることは、

良いことだし、
不摂生を当たり前にして
なにも思わないよりはいいけれど、

気にしすぎると、
逆にストレスフルな日々です



リンパ浮腫を考えると、

歩くこと、
塩分控えめ、
脚を休ませる=体を横にする、
体重を増やさない、

風邪や冷え、免疫力などなど、
気をつけようとしたら、

やることだらけです(笑)


たまに行くヨガも、
やりすぎると逆効果で、

だから”たまに”がちょうどいいのかも?



身体や体力は日々変化するし、
だから、
その都度、柔軟に対応していきたいです





でもね、



私は音楽でみんなを

広い意味で元気にしたい!

というのが

根本的なコアな部分なので、

私自身がもっともっと

自分が元気になるために

音楽を使いたいと思います!(^-^)


そう思う人が
元気でいなければ、

音楽の効果を実証することが
出来ないじゃないですか



誰かのために、
ばかり言ってては、

偽善者なのです。


私が元気になるように、
あなたも一緒に
元気になりましょう



私は私のために生きるのだ




歳をいただきありがとう★



みなさま、
あけましておめでとうございます

暮れからがっちりと風邪をひいているので、
未だに治らずゲホゲホのお正月です(笑)




神主さんのお話で、


何も考えずに、習慣のように、

”あけましておめでとうございます”

とみんな言うけれど、

新しい年になると、
ひとつ歳をいただく、

神様、ご先祖様から歳をいただくことが
おめでたい、

そんな意味があるそうです


やっぱり結局は感謝をする日です(^^)





昔は新年はリセット!
という意識が強かったのですが、


日々の中のつながりのひとつ、
積み重ねのひとつで、

良い年になりますように~
というよりは、

きっと良い日も悪い日も、

元気な日も元気じゃない日も、

受け入れながらやっていこう、

という意識です







雪かきもなく、
太陽が出ているお正月!




雪国の方は、
もうそれだけで幸せだと思っている方
多いんじゃないでしょうか?(笑)

穏やかなお正月は珍しいですね(^ ^)



昨年は、
いや、毎年何やかんやありますがw

入院手術をしたり、
声帯を悪くする時期もあり、

全体的に不安な心細さの強い日々でした


常に体調優先で、
毎日の過ごし方も
何も考えずには過ごすことが出来なくて、

でもそれが私の大事な課題であるなら、

今年も変わらない課題です


完璧ではいられない、

でも、

より良く笑っていたい





それでも色んな場所に呼んでいただき、
お仕事はどんどん広がって、

とてもとてもありがたいです




でも、正直、

1人ではもう出来ることが小さくて、
物足りなく、

仲間、や、同じ志を持つ人が集まって、

もっと大きな世界を広げていきたいです






そして、

私は私の小さな頭で考える
希望や願いより、

やるべきことと、
私に任されること、

それをまっとうすること


今年もご縁あるみなさまと
出会えることを、
楽しみにしておりまーす





益田音楽教室

黒石市にあるピアノ、歌(歌唱、ボイストレーニング)、ピアノを弾く前の音楽力を養う音楽あそびレッスンをしている音楽教室です♪ピアノは2歳から、音楽あそびコースは赤ちゃんから、歌のレッスンはボイストレーニングから、身体に不調を抱えている方の機能改善を目的としたレッスンも対応しております。

自己紹介(*^_^*)

青森県黒石市のピアノ・歌のレッスン教室、益田音楽教室で講師をしながら、ヒーリングシンガーとして、歌のおねえさんとして、出張コンサートをしている歌手・演奏家です。青森明の星高等学校音楽科、東京音楽大学声楽科声楽演奏家コース卒。 2008年に、原発性リンパ浮腫を発症し、病と共に生きる日々、音楽や身体を通じて出会うもの、感じるものを綴っているブログです♪ コンサートのお問い合わせ、ご依頼など、下記メールフォームからも受け付けております。

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる