08
1
2
4
5
7
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
25
26
27
29
30
   

リンパ浮腫人生


リンパ浮腫は毎日のケアと
医療用のストッキングや
圧迫用品が必要なので、

何かの時にお世話になる病院も必要です





黒石にいる時には、

ときわ会病院の
セラピストさんにお世話なるために
緩和ケア外来の患者として
カルテを作っていただき、

定期的にストッキング購入をしていました





7月から引っ越しをしたので、

以前からリンパ浮腫外来がある
青森県立中央病院へ行くことにしました







何らかの原因から来る浮腫は、
例えば、乳がんのあと、
だったり、
子宮がんのあとならば、

乳腺科、婦人科、
の患者としてリンパ浮腫治療を受けますが、

私の場合はその原因がないので、

総合診療科ということに(笑






たまたま、
某有名先生が外来にいらっしゃって、

年季入っとるなあ~
私はなんも知らんから、
あとはセラピストと直接話をして、
合う治療を進めといてなー

と、
関西弁で気さくに話してくださいました(o^^o)





なんも知らんから、
ただ書類を作るだけの人やから
すんません、

とおっしゃる先生ですが、

どこでもだいたいそうなので、
もはや普通(笑)





ただ、県病の場合には、
リンパ浮腫外来、があるので、

治療の同意書やら体系を整えている、
ということだけでも
ちょっと他とは
違う感じがします




セラピストさんとの対面は
また後日になり、

何回も
病院に足を運ばなければならず、

つくづく、

仕事や家庭を持ちながら治療をする、
というのは、

人によってはかなりの負担だなーと






ただし、私の場合には、

身体を優先にする、
待ち時間や他の仕事をバリバリせずに、

ゆったりと生きなさい、

と言われているような感じがするのです。






あれもこれも、
と、周りを見て比べて
あくせくしなければ!という

変な焦りが出るときもあるんですが、


それは強制ストップになります






毎日の着替えの相棒、
手袋も、
いろんなタイプを試しつつ、




まだ1カ月も使用していないにも関わらず、





もはや指先は穴があきそう


それくらい力のいる作業であり、
摩擦が起きる作業です。






もう慣れたとはいえ、

慣れた、といえるまでには
長い月日があり、

そして力が弱まっていく未来を想像すると
ゾッとすることもありますが、





新しい病院で、

私のリンパ浮腫人生もまた

変化を迎えます(o^^o)




スポンサーサイト

益田音楽教室

黒石市にあるピアノ、歌(歌唱、ボイストレーニング)、ピアノを弾く前の音楽力を養う音楽あそびレッスンをしている音楽教室です♪ピアノは2歳から、音楽あそびコースは赤ちゃんから、歌のレッスンはボイストレーニングから、身体に不調を抱えている方の機能改善を目的としたレッスンも対応しております。

自己紹介(*^_^*)

青森県黒石市のピアノ・歌のレッスン教室、益田音楽教室で講師をしながら、ヒーリングシンガーとして、歌のおねえさんとして、出張コンサートをしている歌手・演奏家です。青森明の星高等学校音楽科、東京音楽大学声楽科声楽演奏家コース卒。 2008年に、原発性リンパ浮腫を発症し、病と共に生きる日々、音楽や身体を通じて出会うもの、感じるものを綴っているブログです♪ コンサートのお問い合わせ、ご依頼など、下記メールフォームからも受け付けております。

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる