FC2ブログ

みんなある。

先日、
一番は決めれない、的な記事を書きましたが、

同じように、

辛さを測るものさしもありませんね~


誰しも、
言わないだけで、

本当に様々な経験をされています。


悲しみの度合いも、
その経験からの影響も、
人それぞれ…


だから、
あなたよりも私の方が大変だ、とか、

ある種の不幸自慢は、
何の意味もないんだなと






きれいごとにはなるけれど、

やっぱり
様々な経験は、

糧にして生きたいですよね(^-^)






同じような想いを共有できたり、
小さな事で幸せに気づけたり、

悲しいな、辛いな、

で、
そこからどうするか!







誰かの経験と比べて、
私の経験は大したことない、と、

悲しみをなかったことにする必要もないし、

あー私はなんてかわいそう、と、

過剰になる必要もない





ただ、

誰しも

いろんなことを乗り越えて、

もしくは、

まだ乗り越えられずに、


それでも、

どうにかして生きることを
頑張っているわけですよね!






そんな、
目に見えないものを、

扱うような、

音楽、歌をやっていきたいです




スポンサーサイト

アリス保育園さんお誕生会

5月生まれのお誕生会(o^^o)






黒石市のアリス保育園さんで
ゲスト演奏をしてきました







ジーっと見ながら聴いていたり、

知らない歌を
見よう見まねで一緒に口を動かしてみたり、

身体を揺らしながら聴いたり、

こどもたちは
今日も可愛い!





誕生月のこどもたちも、
ステージに上がって
先生からプレゼントを受け取ったり、

最後に私と一緒に
歌を歌ったり、

楽しそうな嬉しそうな様子でした






毎日たくさんのものに触れて
たくさん学んで

お気に入りが出来たり、
苦手が分かったり、

経験して触れる
全てのことから、

ぐんぐん成長するみんな




いつもコンサートは
みんなに会えるのが楽しみです!



アリス保育園のみんな、
どうもありがとうございました




一番って

色んなジャンルのNO.1、一位が集まったとして、

例えば何かのスポーツの世界大会の優勝者、

ノーベル賞受賞者、

学校の成績優秀者、

身長が一番高い、

でも何でもいいですが、
とにかくその世界での一番の人が集まったとして。



はい、ではこの中から
トップを決めましょう!

というのは無理なことだと思います。








何が言いたいのかというと、

何かで認められたとしても、
その世界で優秀だとしても、

違う世界の物差しでは
どう価値があるのか理解されないこともあるし、

一番!という自信があったとしても、

それは単なる飾りのようなもので、
本質ではないということ



「認められる」ということは
嬉しいことでもあり、

実力を人に示す時に
分かりやすいものではあるけれど、

それは全てではないですよね~






私は、幼い頃からどこかで、

一番になりたい、という想いがずっとあるなあと
最近になって気づくことがあります。


でもそれは無理!





価値観と基準というのは、
数え切れないほどあるのだから、

それをすべて叶えるような一番になんてなれない。







でも、ある世界では、
もしかしたら一番でいられるのかもしれない♪





矛盾しているようだけれど、

何かの基準に合うように生きるより、

自分らしさをいつも大切にして生きた結果、

それをよしとしてくれる人がいたり、
自分が自分を好きになることが、

結局は一番になれるということだと



本当に肯定できるとき、
誰かに示そうとか、
自慢しようとか、
そういう感情はなくなります。


だって、何かに認められなくても、

満足しているのだから(*^_^*)





弘前みなみ幼稚園




弘前みなみ幼稚園へおじゃまして
コンサートです(^-^)






元気で可愛い歌声がたくさん聞こえて、
運動会の練習もしていました


コンサートをしていても、
レッスンをしていても、

生まれた時から性格の違いや
得意不得意があって、

何の影響を受けないもの、が
確かにあるんだろうなと感じます


今日は、
私のうっかりで、

音遊びの指示を間違えたり、

グタグタなところがありましたが(笑)


みんなで笑ったり、
歌って、

とても楽しかったです



子どもたちが
それぞれに、

楽しいな~と思うことにたくさん出会い、

同時に

大変なことも
楽しさに変えられる強さを
持ってもらいたいです




弘前みなみ幼稚園のみなさん、
どうもありがとうございました!








記念コンサートのお手伝い



大学時代お世話になった
ソプラノ歌手、立原ちえ子先生の
40周年記念コンサートが、

青森明の星ホールで開催されました(^-^)








青森明の星中学高等学校は、
私の母校でもあり、

その場所で
大学の立原先生の歌を聴いて、

高校、大学のことを
いろいろと思い返したりして、、、









私はスタッフとしてお手伝いで、
譜めくりを担当したので、

リハーサルから
近くで立原先生、
ピアニストの平島先生の演奏を目の当たりにして

自分の仕事を忘れてしまいそうでした




音楽はいろいろなスタイル、
形があり、

長くクラシックから遠ざかっていた私は、

あーそういえばこんな感じだった!

と、不慣れなスタイルに
ドキドキしっぱなしでした(≧∇≦)

だから至らぬ点が多々あっただろうな、と
反省と、自己嫌悪






芸術としての音楽は、
伝統があり、

出演者が演奏に集中できる環境を整えて

みなさんが応援する想いが
たくさん集まっています





高校でお世話になった先生方が
お元気そうで、
それも嬉しく、


立原先生の演奏を
久しぶりに生で聴くことが出来たこともまた
嬉しい時間でした






しかーし、
フォーマル用の靴は
長時間履くと脚が痛くて、

どんどん腫れて来るしで、

周りに迷惑をかけないように
任務を遂行することの工夫、

油断しないようにしなければなあ、

と感じる時間でもありました(>_<)



音楽のこと、
身体のこと、
自分のこと、

様々に想います。





大鰐町あずみ野デイセンターさん♪




大鰐町にある、
あずみ野デイセンターさんでコンサート♪





デイサービスセンターは
曜日によって利用者さんが変わったり、

新しい方が加わったりするので、

はじめましての方も毎回いらっしゃるようです(^^)



コンサートの様子は↓の
あずみ野さんのブログでも紹介していただいています。

あずみ野のひととき



はじめは、みなさん緊張されていたようですが、
だんだんとほぐれて来て、

目をつぶって聴いてくださる方、

じっと見つめて聴いてくださる方、

手拍子をしながら楽しんでいる方、

みなさんとご一緒出来て嬉しかったです





毎年5月あたりは、

「過ごしやすい季節ですよね~
いい時期ですよね~」

なんてお話しながら進めることが多いのですが、

年々不安定な気象状況で、

今の時期でも、
「体調管理も難しいですね」という言葉が出てきてしまいますね



本当に先のことは分からないからこそ、

今目の前にある時間を
ただ一生懸命に大切にする。


それが音楽です(*^_^*)



あずみ野デイセンターのみなさま、
どうもありがとうございました☆彡




同じ出来事がみんな違う

リンパ浮腫の大変だった時期を
思い出しているこの頃、

それに伴って

昔の失敗やらダメだったかもしれない、
と思うことなど、

反省やらもどかしい気持ちやら
複雑な心境になりがちです(笑)



どんなことにも、

ある面からは良い、
ある面からは悪い、

必ずあると思うんです。



例えば、

30歳で開業すると決めて
20代色々な会社勤めをして、
多分野の勉強をし、

30歳になったから独立したときに、

本人の想いをしらない人にとっては、
飽きっぽい人で迷惑、

と見られるかもしれないし、

想いを知っている人から見たら、

当たり前に応援するよ~となるかもしれない



例えば、

ものすごく才能のある子供がいて、
自分の元にいたらその才能が伸ばせないと感じ、

違う環境を進めたり、
自分の元から旅立たせてあげたとして、


ある人は、
無責任だ、放棄した!と非難し、


ある人は、
本当にその子を想ってこその行動だ、
と賞賛するかもしれない



例えば、

あまり好きじゃない人から
告白され断り、

ほかの人と付き合った場合も、


振ったら相手は傷つくけれど、

両思いになれた相手は嬉しい


これだって同じようなこと(笑)




みんな自分の立場と経験によって、
意見は変わります!


だから、
何をしていても、
迷惑をだれかにかけて、
不快な思いをさせているかもしれないし、

同時に、
だれかを助けて、
笑顔にしたり力になれている





ただ、選んだだけで、
応援も出来るし、
非難することも出来る。








自分の時間も体力も才能も、

いつどこで何に使うかは、

やっぱり自分が決めるしかないんですよね。



私は、

人生も仕事も病気も、

誰かや何かのせいにしないでありたいと

それが軸になって

いろんな決断をしてきたように思います



それが時には間違いだと
思われたかもしれないし、

理解出来ないことかもしれないけれど、


心に嘘をつけないからこそ、
納得したものを

納得した自分である中で

発信していきたいと思います



忘れていたこと



7年前、リンパ浮腫の
療養費申請のために提出した書類を
色々見直しています。


リンパ浮腫は、
がん治療のあとになる続発性と、

原因不明で発症する原発性、

そのほか生まれつきの先天性があります。


現在、
続発性の患者さんには、
がん支援の一部として
国から補助金が出ているので、

治療に必要な高額な装具など
療養費の補助が出ることになっています。


しかし、
そのほかのリンパ浮腫は、

同じ症状、同じ治療、同じ装具を
使用しなければならないにも関わらず、

国からは補助金が出ません。


なので、

一度却下されるのが分かっている上で、
住んでいる市町村に
療養費の申請をし、

却下されたあとに
不服申し立てをします。


専門医、担当医、患者会、本人などの
意見書を提出し、

各市町村で支給するかどうかの判断をします。






7年前にその不服申し立てをした時、
自分の経緯などを書いた意見書を読むと、

今では忘れていたような、
当時の大変な記憶が出てきます(笑)






はじめは片脚で、
範囲が広かって両脚になったときの恐怖、

弾性ストッキングがきつすぎて、
着替えが大変で大変で
どうしようかと落胆、

蜂窩織炎を繰り返して
予定も立てられない時期もあったし、

更に、高額なストッキングや包帯、
ドレナージの料金など、

これを一生やらなくてはならないんだ、

と思うと、
時々ものすごく悲しくなって、

よく泣いていたことを思い出します








読売新聞、東奥日報、津軽新報、
市の広報、NHK、NHKラジオなど
と関わりながら、

音楽活動とリンパ浮腫のことを合わせて
広められるように

お話したり記事にしていただいたり、、、








今でこそ、

着替えに時間がかかるのも、

素足で歩けない、
プール、海、
正座、虫さされ、重い荷物、
温泉、長時間の立ち姿勢、座り姿勢、
日焼け、傷、筋肉に負荷をかける運動、
などのNG行為、


リンパ浮腫患者としての毎日は
当たり前となり、

だるいのや、
重い感じも慣れて、

ニュートラルな気持ちでいられていますが、

そうじゃないときが
あったなーと







まだまだ、
大変な思いをしながら
生活をしているリンパ浮腫の患者さんは、

密かに、でも、確実にいます!


患者さんによって、
捉え方は様々。






リンパ浮腫に限らずとも、

病気になったり、
障害やら様々な悩みなどなど…






凸と凹が組み合わさるように、

サポートし合える環境が増えたらいいなと、

具体的には全然分からないけれど、

そう願います



菜の花ドライブから想う






菜の花が綺麗な季節になりました






一人でひっそりとやっているパン屋さんとか、
カフェとか、

大きな舞台じゃない場所で

自分の世界を広げて大切にしている、

そんな空間が好きです(^ ^)


評価や脚光、お金儲けじゃなく、
心を込めて丁寧に

自分の好きなペースで
好きなことを、

ただそれだけで幸せ


でもそんな丁寧さは、
色んな人に伝わって、

結果的には多くの人から支持され
好かれる空間になっていますよね(^ ^)






音楽も好きなペースで
好きなように、

が、幸せなことがあります



音楽は、
人格を良くする道具でもなければ、

頭を良くしたり、
感性を豊かにするメソッドでもなく、

ただ、楽しかったり、
ただ、嬉かったり、

まずはそれです(^ ^)



もちろん仕事として提供するためには、
それだけではダメだと思いますが、

習い事としては、
それが充分かなと



どんなに小さな子どもでも、

音楽に触れて

感動したり癒されているのを

目の当たりにして生きてきました



大人になってから音楽に触れる方でも、

ストレス解消になったり

日々の張り合いになっている方も

目の当たりにしています



だから、
音楽はそれぞれの世界を広げる、

自分に対しての行為です




その人がどう生きて、
何を想って、

そのツールの一つ





オリジナルの人生


自分が一番正しくて
一番立派で
安泰な人生である、

だなんて……

きっと誰にも言えないことだろうと思います。




誰しも弱いところがあり、
失敗したり迷惑をかけてしまったり、

間違えてしまうことだってあるし、

いつ身体や精神の病気になるかも
わからないし、

自分だけではなく、
自分が関わる人が

間違いを起こしたり、
病気になってしまうことだってある。




考え方が歪んでいたり、
不摂生だったり、
天狗になってしまっていたり、

きっと原因も様々だけれど、


失敗しないように
常に努力ばかりじゃなく、

時には自分自身を見つめることも
大事なことだろうと思います




10年以上前になるかな?

私は、摂食障害に近い状態でした。


でも正直、
自分を戒めて治そうとしても
症状はさらに悪化して、

治らない自分にまた嫌悪、、、

という悪循環。



私に必要なことは、
努力ではなかったんです。


むしろ逆で、
自分を許すこと

まあいいや、のゆとり


こうした方がいい、
ああするべきだ、

など情報やノウハウはたくさんあったとしても、


人それぞれのオリジナルの因果関係があり、

統計や傾向だけで
何かを語ることはできないなと




私の場合、

何かをミスするときは、
やりすぎて
疲労しているサインの場合が多いので、

ただミスを反省するだけでは
意味がない、

そうならないための
選択や工夫、
環境を変える勇気がいるんです。



起きたことの裏側にあるもの、

大切なことはそこかなと




身体のメンテナンス


祝日は基本的にレッスンのお仕事はお休みです。

コンクールやカレンダーの都合で
まれにやることもありますが、
今年の連休は土曜日まで祝日でお休み(^ ^)



4月のコンクールでは、
金賞から各賞に入賞した生徒さんたち



解放されたり悔しかったり、
本選に向けてまた頑張る生徒さんもいたり、
それぞれ良い経験になりました




休みは、
私は身体のメンテナンスが欠かせないので、

体幹やリンパの流れのために、

エアリアルヨガにも行きました





歌は身体が楽器です。


発声以外にも身体を労わり、
鍛えたり柔軟性をつけたり~


なかなか時間を作れずにいますが、
やっぱり意識して作らないと

全ての資本である身体を保てませんね!



あとは、
脚が腫れないように、

ドレナージと包帯マキマキを
念入りにして、

静の時間


充電中です(^ ^)





益田音楽教室

黒石市にあるピアノ、歌(歌唱、ボイストレーニング)、ピアノを弾く前の音楽力を養う音楽あそびレッスンをしている音楽教室です♪ピアノは2歳から、音楽あそびコースは赤ちゃんから、歌のレッスンはボイストレーニングから、身体に不調を抱えている方の機能改善を目的としたレッスンも対応しております。

自己紹介(*^_^*)

青森県黒石市のピアノ・歌のレッスン教室、益田音楽教室で講師をしながら、ヒーリングシンガーとして、歌のおねえさんとして、出張コンサートをしている歌手・演奏家です。青森明の星高等学校音楽科、東京音楽大学声楽科声楽演奏家コース卒。 2008年に、原発性リンパ浮腫を発症し、病と共に生きる日々、音楽や身体を通じて出会うもの、感じるものを綴っているブログです♪ コンサートのお問い合わせ、ご依頼など、下記メールフォームからも受け付けております。※2018年11月現在、コンサートのご依頼は休止中です。

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる