FC2ブログ

目指す講師像、人間像


指導者にとって、慕われたり、
信じてついてきてくれることは、

嬉しいことですし、
ヤル気にもつながりますし、

逆の場合には、
向いてないんじゃないか、とか、
寂しくなって
元気がなくなることもあります(笑)



最近よく、パワハラとか、
立場が上の人が
独断で決めつけていく世界の話が
続々と出てきていますよね。






音楽の世界も、
多かれ少なかれ、

例えばこの演出家によく思われないと
役がつかない、とか、

ある種の「付き合い」が
色んな影響を及ぼすことはあって、


会社だって、
似たようなことが起きる場所もあるでしょうし、

そういうモロモロがいい悪いではなく
単純に苦手な場合には
早々にその世界から
退散したりするわけです





仕事をするようになると、
今度は、
指導者の「成績」のようなものがついてきて、

例えばコンクールや受験で
どのくらいのレベルの生徒を輩出しているか、を
気にする方、気にされる立場になることだってあります。




つまり、目的のための手段というのは
無数の選択肢があって、

結果が全てになったときに、

どんな過程を経ても
最終的に目的達成したならば、
オッケーとされることもある、

ということですね




長くレッスンをしていると、

赤ちゃんの頃からずっと付き合いのある生徒さんもいますし、

大きくなってから数年の付き合いになる生徒さんもいますし、

色んなことが起きるのですが、




個人的には、
その生徒さんにとってベストであってほしい、


というのが一番の基盤にあります。



例えば、

家の近くのコンビニでプリンを買おうが、

会社の近くのコンビニでプリンを買おうが、

全て自由です!



でももちろん、
健康のためにあなたはプリン控えた方がいいよ、
という場合には、
助言として意見することはあっても、

個人の意見で、
誰かの心をコントロールしようだなんて、

そんな不自由で洗脳的なことは出来ないです。



大事なことは、

その生徒さんにとって、どうなのか。

ということ。




支配下に置くものではない、
依存して執着するものでもない、

本当に相手のことを想うのなら、

例え生徒であっても、
個人的な付き合いの人に対してであっても、

同じこと(*^_^*)




自分が満たされるかどうか、ではなく、

相手の幸せを応援できること。


それが目指す講師像ですね




スポンサーサイト



ゆっくりペース

順調に回復し、仕事にも戻っています(^_^)

でも、
スケジュールを空けて、
余白を作りながら過ごしています。

とにかく、
急激に症状が出るため、
うつらないとはいえ、

多方面にご迷惑をおかけすることに
心が痛みます




何に気をつけたらいいのか、、、

たまたま疲れが重なっただけなら、
一時的なものですが、

5年前に毎週のように蜂窩織炎になった手前、

なりやすい?体質なのか、

不安な気持ちは大きいのですが、
あんまり神経質になっても良くないので、

あまり考え過ぎずに~











結婚して、
蜂窩織炎で倒れ、
結婚のお知らせとお休みの連絡が
混在している8月ですが(笑)


いろんな方から結婚のお祝いをいただくと、

普通の日々が
いかに幸せであるかと感じます


ありがとうございます(^_^)





あれもしなきゃ、
これもしなきゃ、
こうでなきゃ、
ああでなきゃ、

は、仕方ないこと、
と認識しているかもしれないけれど

実は
自分で欲深くなり、

選んでそうしている、のかもしれません



大事なことはなんだろう?

優先したいのはなんだろう?






病み上が、、、りそう?!

蜂窩織炎から6、7日目。


見た目には発疹の赤みも引けて、
そろそろ動けるように意識して

家のことを少しずつやってみています。


幸いに、
薬は効いているので、
予定通りに回復している感じです



これからは、
必須アイテムを増やすことにしました!




・原発性リンパ浮腫であることを書いたメモ
・お薬手帳
・頓服薬の熱を下げる薬

これらをポーチにいれて、
いつでも持ち歩くこと。


ストッキングは切らないで!
とメモに書いてます、
値段が高いから切ったらダメー(゚∀゚)
↑そこ?(笑)



年齢を重ねていけば、
またどこでどんな症状が出るか分からないので、

意識が朦朧とした場合に備えます。









蜂窩織炎は、
日本人の美徳である(笑)

具合が悪くても頑張る、

が出来ません、、、


それをしちゃうと
またぶり返したり、

身体中に毒素が回って命に関わる
"敗血症"にもなります


だから私的には、
もう大丈夫じゃないかな、

と思ってもまだダメなのです(>_<)






さてさて、
いつもの事ながら
今回の原因について考えてみます



思えば6月にも謎の発疹が出て、
その時には熱がなく、
1日寝たら赤みが引けたこともありましたし、


どこかで蓄積されている疲労や、

ちょっとやる量が越えてきたな、と感じつつ
走り続けた挙句の今ー

という気もしますね…


蜂窩織炎は健康的な方なら、
キズや虫刺されからなるケースも
多いんですが、

私の場合は
浮腫の状態も悪くなかったし、

8月頭にはドレナージしてもらっていたし、


どう考えても疲れ、ですかね~(^_^;)




でも本当に、
普通に座っていたり動けるというのは、

何て心地良くありがたいことかと

身に染みる思いです




今回はなんだかショックで
落ち込みましたが、

またゆっくりと出来ることを
焦らずに味わっていこうと思います!



どうにもならないこと

努力だけじゃ、

どうにもならないことがある。






病気になるまで、

出来ないことは全て努力不足だとしか
思えなかった私も、

努力だけではどうにもならないことが
たくさんあるんだな、と思う方が
強くなりました。



特に今の私は、

努力をする方が
良くない結果につながるという(笑)




誤解して欲しくないのは、
努力は必要ないという話じゃなく、

人間のタイプ的に、

1、当たり前に努力する人
2、努力が足りない人
3、両方のバランスが取れる人


がいると思うんです



だから、

子どもでも、

努力が足りない場合には
ちゃんと指導しなければならないし、


努力しても叶わないことがある事を
身をもって知っているからこそ、


努力して叶えられる事なのなら

その喜びを感じてもらいたいな、

と想うのです






でも努力というのは、

必ずしも、

頑張って頑張って、という
しゃかりきな歯をくいしばる、
我慢!忍耐!気合い!

とかではなく、

楽しいことを
自分の心地よいやり方やペースで

前に進めて行くこと、

だったりもするはずで、

無意識のうちに努力できる人も
きっとたくさんいるはずです





そういう全部の意味を込めても、
努力だけじゃ、
どうにもならないことがあるから、




みんなそれぞれ

楽しいこと

嬉しい瞬間

好きなもの


人と違うことを恐れずに

自分の人生を生きて欲しいです。




努力でなんとでもなる、
と生きていけるなら

それはそれで

とても幸せな人です

恵まれた人です






5年ぶりにやってきた…

いやー辛い!辛いです(>_<)!

ここ数年、状態もよく
元気に過ごしていたのですが、

いきなりやってきた
蜂窩織炎!



今回は久しぶりだったせいか、
いつもと勝手が違うせいか、

やっとこうしてブログを書ける状態に~



蜂窩織炎というのは、
リンパ浮腫の合併症の一つで、

浮腫のある場所に
細菌が入ったり傷がついたり、
過労やストレスで発症します。


急激な症状で、
高熱、頭痛、吐き気、倦怠感、
赤い発疹が患部に出ます。



今回、発疹が出るのが遅く、
ただの熱だと思っていたのです、、、


だから無理して仕事もしていたのですが、
どんどん辛くなり
座っていられなくなったので、


急に母にレッスンしてもらったり、
急にお休みにしてしまった生徒さんもいて
申し訳ないです(>_<)



とにかく熱がひどく、
40度超え、震えやけいれんのような状態や、
手がしびれて指が麻痺して強張り、

うなされすぎて
ブツブツずっと呟いていたと思います(笑)



でも、
ショックなのは、
お盆休み明けに発症したこと、、、




普段から、
休日に出かけたり遊んだりすることはなく、

身体のケアのために
意識して休んでいるつもりで、

お盆休みも2日間家にこもっていたにも
関わらず、

なーぜー???




確かに仕事量は増えて、
去年から家事の負担、
移動距離の大幅な増加、
などはありましたが、

気温差なども重なって
発症したんですかね~




リンパ浮腫自体は
軽度の方ですが、

蜂窩織炎はもう通算5、6回は
発症していると思います


やっぱりリンパ浮腫なんだなーと
変な実感がありますね~(笑)



たぶんいつでも同じことを思うんですが、

お盆明けで
発表会に近い今の時期には
特に倒れたくなかったです


でもコンサートの仕事が
重ならなかったのは
不幸中の幸い



ご迷惑をおかけしたみなさんには
大変申し訳ない気持ちですが、

順調に回復出来るように
努めます!







エアコンリニューアル!

教室のエアコンが新しくなりましたー(≧∀≦)!


ある日突然冷風が出なくなり、
買い替えが必要になったエアコン…


在庫があるか!?
合うサイズか!?

などなどもしかしたらすぐには
直らないかもしれずに、

不安でしたが、

無事にリニューアルです









かかりつけの電気屋さんがいて、
いつも本当に良くしてくださり、

今回もきっと急いで、
しかもお盆の忙しいときに、
お休み返上?で
やってくださったんじゃないかと!


ありがとうございます(>_<)!!







耐えられないくらいの
暑さのタイミングではなく、

教室も休みに入る時期だったので、

運が良かったとしか言えません




あー良かった!



ピアノは暑い寒いなど、
環境が整っていないと、
集中なんて出来ません




ましてや子どもたちは、
体温が高いので、

環境作りは大切ですね





新しいエアコンも
どうぞよろしくお願いします(笑)








青森病院夏祭り★



なーんにも写真がなく、
控室に置いてあった可愛いふせんのみですが(笑)

先日は、青森市浪岡の
国立青森病院の夏祭り



アトラクションの担当で参加してきました(^^♪







私の他にも数団体が参加され、
4つのグループに分かれて、
時間ごとに病棟を回る、という方法でした☆





ご家族の皆さんも一緒に、
様々な出し物を楽しまれていたみなさんが、

嬉しそうに手拍子したり、
笑顔になって目がキラキラしていたり、

そんな様子を見ると、
いつも本当に嬉しくなります(*^_^*)









しかし。。。
今回は、それだけではなくて、
ちょっと考えさせられる出来事が。。。。



私のグループは、
子どもたちがいる団体も一緒で、
小学校低学年7人くらい?が
まずはじめに演技するグループ


衣装もお揃いで、
病棟のみなさんも子どもたちの登場が
本当に嬉しそうでした(^ ^)!








青森病院は、

一般的な入院患者さんのイメージとは
ちょっと違う、
特殊な病気の患者さんが入院されています。



例えば重い障がいで
医療的な処置を必要としたり、
見た目に分かるようなもの。





はじめの病棟で、
子どもたちの数名が
そんな患者さんを見てびっくりし、
怖い、怖いと言い出したのです。


終わったあと、
患者さんの横を通らないと
移動出来ないのですが、
その時には、壁にひっついて拒否するくらい
イヤイヤと泣き出してしまい、、、








もし私が同じくらいの歳で、
ただ、病気の人のために演技するのよ、
と言われて来ていたら、
びっくりしなかったか、と聞かれたら
自信はないですし、

ご本人とご家族の気持ちを思うと
胸が締め付けられるようですし、

この出来事は、
まるで私たちの生活の縮図のようだな、
と感じます。


何というか…


障がいや病気、
社会の少数派の人たちは、

健常者、
普通の人と言われる人たちと、

明らかにに違う世界で
生きてしまっているわけで、

顔に麻痺があったり、
手足に麻痺がある状態だって、
普段から接したり目にすることがあれば、

誰もびっくりしたり、
過剰な反応にはなりませんよね








でも、安全のためや、
生きやすい環境を整えて生きることのために
専門の施設があったり、
学校、病院があるわけなので、

それを否定するつもりはありません。






ただ、

私たちは、

自分と関係ないものは、
知らなくても平気になっていて、

弱者にならないように
必死になってしまっているのかも、と
思わずにはいられませんでした。






誤解や偏見がなるべく起きないように、

社会には、世界には、

いろいろな人が生きていることを、

大人は子どもたちに
正しく伝えていきたいですね





そして、
慰問やボランティアは、
なんでもなんでも
やれば良いということではなく、

何事も配慮が必要だなと思う出来事でした(^^)




青森病院のみなさん
どうもありがとうこざいました!





結婚しました(^_^)




私事ですが、この度入籍致しました(^_^)


不意なところから出会った彼と、
約一年前から同棲をしていましたが、

それは
私自身に不安があったからでした。



普段接するみなさんには、
普通な元気な人、としての印象しか
ないかもしれませんが、

生活の中には、

細かな制限や、

やはり普通とは違うことが色々あります。



だから、
言葉で説明していたとしても、

実際にパートナーが
どう感じるのかは、

生活してみないと分からないのです。


でも、
おかげ様で、

蜂窩織炎を起こすこともなく、

睡眠時間はかなり減っていますし、
長時間の運転も増えましたが、

彼と頑張ってみようかなと思い、
結婚することになりました



家庭も結婚も
普通、はないのかもしれませんが、

私たちもまた、
ちょっと変わった結婚になり(笑)



苗字は彼に合わせてもらい、
挙式や披露宴はなしにする予定です





ピアノや楽器を弾く人は、
爪や指輪などのアクセサリーは厳禁、

だから、
ずっと結婚指輪だけは憧れがあって、


これから指輪生活をすることが
密かに嬉しいのです(^ ^)




入籍した日には、
病院コンサートがあり、

またそこで起きたことから
色々考えさせられる出来事があったり、


歌える喜びや、
音楽のありがたさ、

私の環境への感謝など様々な気持ちです




病院コンサートについては
また改めて記事を書きますね!




ブログを読んでくださっているみなさん、

この場からご報告とさせていただきますが、


結婚後もまた今までと違う自分で、

みなさんに喜んでもらえる仕事や活動を
提供できる人間でありたいです!



今後ともよろしくお願い致します



アヤノ♪



全て"あり"

音や、音楽、に
正解や正しさはなくて、

全て"あり"なんだなーと感じることがあります










それと同じように、

私たちも
起きることや悩みだって、

全て"あり"なら、

どっしりと構えることができますよね!


備えたり、想像して覚悟することも
とても大切だけど、

どうしても
予定通りにならないこと、

想定外のことはたくさん起きます。




でも、悩むときは
だいたいにして、

最善の、完璧な人生を歩かないと
自分はダメ人間なんじゃないかと、

ビクついています(笑)


普通はこうだ、
こうしなければ苦労する、
それは変だ、

などと揺れるわけです。





だけど、

もしも、


正解など何もないのなら、

好きにしていい


(あまり周りに迷惑をかけたり、
誰かを傷つけてまで
好きにするのは賛成しませんが)



より良くなんかなくてもいい、

自分で納得して進むこと



自分の音を奏でること







益田音楽教室

黒石市にあるピアノ、歌(歌唱、ボイストレーニング)、ピアノを弾く前の音楽力を養う音楽あそびレッスンをしている音楽教室です♪ピアノは2歳から、音楽あそびコースは赤ちゃんから、歌のレッスンはボイストレーニングから、身体に不調を抱えている方の機能改善を目的としたレッスンも対応しております。

自己紹介(*^_^*)

青森県黒石市のピアノ・歌のレッスン教室、益田音楽教室で講師をしながら、ヒーリングシンガーとして、歌のおねえさんとして、出張コンサートをしている歌手・演奏家です。青森明の星高等学校音楽科、東京音楽大学声楽科声楽演奏家コース卒。 2008年に、原発性リンパ浮腫を発症し、病と共に生きる日々、音楽や身体を通じて出会うもの、感じるものを綴っているブログです♪ コンサートのお問い合わせ、ご依頼など、下記メールフォームからも受け付けております。※2018年11月現在、コンサートのご依頼は休止中です。

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる