FC2ブログ

合っているかは別の話

誰かに何かを言われる。
どう思われているか気になる。


誰しもあることですが、

ふと思うのは、

正しい意見なんて
もしかしたらないのかもしれない、と。







例えば、
おおざっぱな人が、
間違えた記憶や知識で

否定してきたりしたら、

その意見は
果たして正しいのかな、って


ちゃんと人や物事を見て
知識も記憶も正確な人の意見とそれは
やっぱり違うと思うのです。


あまり深く考えずに
適当に発言したり、

勘違いしていたことだったり。



99人が応援してくれることも、

1人の否定する人のことが
すべてのように感じて

前に進めなくなったり、

そのことばかり気になったり。


でも、それは
気にすべきことなのかな?


もしかしたら、
正しくない意見なのに
それに振り回される必要ってあるのかな?



極端なことを言えば、

だれかにブスと言われて、

また誰かは可愛いと言ってくれる。


周りの見方、意見なんて
そんなもの



言われて気になることは、
自分自身が一番気にしているから
無視出来ないってだけですよね。


あ~私ってこれ気にしてるんだ、
ということを知る、
ただそれだけですね!




自分の心地よいところで、
生きてもいいんじゃないかな~♪



スポンサーサイト



子どもの声

産後変化したことが2つあります(*^_^*)

一つは、
世の中の子どもたちや
生徒たちが前以上に可愛くなったこと。

もう一つは、
こどもの声が前よりも好きになったこと。


娘が生まれる前から、
子供番組はよく見ていて、
その中でも
NHKの番組はお気に入りが多いです♪


子どもたちが歌が上手で、
曲もいいものが多くて、

「みいつけた!」のスイちゃんは
(今のスイちゃんの前のスイちゃん)

張りがあって歌が上手




小さい時の声、
歌声ってその時期だけのもので
特別です!

でも、なんとなく
音程が不安定、というのは
保育園や幼稚園であるあるですが、

やっぱり上手な子は、
子どもだから、というわけではなく
上手です!

音程もしっかり、リズムや言葉も
くっきりはっきりしています



シャキーン!の
ここちゃんもとても上手!


子役の子たちは
もちろんたくさんレッスンを受けたり、

舞台経験を積んでいるとは思いますが、

それでも差はありますよね。


持って生まれたものなのか~☆



レッスンでも、
歌を歌う場面がありますが、

一人ひとりの歌声の個性も

毎回の楽しみになっています


コンプレックスとプライド

何でも、
気にしたら悩みになり、

気にしなければ
ただの一つの事実。



例えば学歴にコンプレックスがあると、
学歴を聞いてきたり、

一見おしゃれに興味がなさそうな人でも、
何歳に見られるかを
かなり気にしていたり、

人それぞれに
それまでの人生の経験から
コンプレックスやプライドがありますね



だから、

なぜそんなことを聞くのか、
話題になるのか、
要求してくるのかなあ、

と不思議に感じるときは、

相手にとって
気にしていること、

だったりします!




意外に、
一番気にしていることこそ
他人には分からないもので、

自分でも触れないように
していることこそ、

最も気にしていたり、、、




だれかに何か言われたり、
嫌な思いをしたから

それ以来
気になるようになるのかも。




本当は、
自分で自分を励まして、

気にせずに
胸を張って生きれたらいいんじゃないか、

などと思うのは
周りからの意見、

当事者には
それまでの想いが

きっと色々あるんだろうな~




そんなそれぞれの
コンプレックスやプライドが
ふれあいながら、

刺激されたり
傷がうずいたりしながら、


たくさんの
気づき、になるのかな







できることはたくさんあるよ


蜂窩織炎で倒れて落ち込んだ私に、
友人が教えてくれた、

"とり"という歌(*´-`)


おかあさんといっしょ、
で歌われていた歌らしく、

この歌を聴くと
私を思い出す、と話していました。




鳥にも
ダチョウのように飛べない鳥がいたり、

ペンギンは水の中を泳げるし、

鳴くのが得意な鳥もいます



リンパ浮腫母ちゃん、
蜂窩織炎で倒れたときには、

抱っこしてあげられないし、
おっぱいもお休みしたり、

なんだか
娘に我慢させてばかりだな、とか

なんとなく勝手に
他のお母さんなら

もっとちゃんと
お世話しているんだろうな、

私は娘ファーストにはなれないな、


などなど
知らないはずの
どこかの理想的な親子を想像しながら
比べたりして



でも、

歌の中にある、

そらをとべなくても
できることはたくさんあるよ


というフレーズが
私には強く響いてきて、

私にも
出来ることが
たくさんあるんだ、

と思うと
涙が止まりませんでした(T-T)



私がやりたいことは、

ただ与えられたものを
大事に学びながら
楽しみたいということ。



仕事があり、
家庭を持てて、
娘がいて、

仕事で出会う人や事柄、
家庭での学びや、
娘の成長を喜べること、


それらを
一つずつ、経験していけたらいいのです



"とり"
子どもたちにも
歌ってもらいたい歌の一つになりました



ちなみに、
鳥、

個人的には苦手な動物ですが、

歌的は良いでーす(≧∀≦)(笑)





益田音楽教室

黒石市にあるピアノ、歌(歌唱、ボイストレーニング)、ピアノを弾く前の音楽力を養う音楽あそびレッスンをしている音楽教室です♪ピアノは2歳から、音楽あそびコースは赤ちゃんから、歌のレッスンはボイストレーニングから、身体に不調を抱えている方の機能改善を目的としたレッスンも対応しております。

自己紹介(*^_^*)

青森県黒石市のピアノ・歌のレッスン教室、益田音楽教室で講師をしながら、ヒーリングシンガーとして、歌のおねえさんとして、出張コンサートをしている歌手・演奏家です。青森明の星高等学校音楽科、東京音楽大学声楽科声楽演奏家コース卒。 2008年に、原発性リンパ浮腫を発症し、病と共に生きる日々、音楽や身体を通じて出会うもの、感じるものを綴っているブログです♪ コンサートのお問い合わせ、ご依頼など、下記メールフォームからも受け付けております。※2018年11月現在、コンサートのご依頼は休止中です。

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる