FC2ブログ

リンパ浮腫あるある

インフルエンザで寝込んでから、

リンパ浮腫は二の次なので、
昼間に使用している
圧迫のための弾性ストッキングもお休み


でもその分、
重力からも脚を解放してあげられます!





日頃、
重力なんて意識したことない方の方が
圧倒的に多いと思いますが、

リンパ浮腫患者にとって、

重力が軽減すると、
脚の腫れが全く変わるので、

重力は意識せざる得ない感じです







例えば、

ただ立ったり座ったりしてるだけで、
身体の水分は下に落ち、

健康な人であれば、
身体の作用でポンプのように

下に落ちた血液やリンパ液を
心臓に戻すことが出来ます。


リンパ浮腫は、
戻す力が弱かったり、機能しないので、

溜まるばかり、、、となります。







普段、生活する、というのは、

脚が下にある、ということです。


だから、その脚が下にない状況、

寝ている状況が多ければ、
重力から解放されているんです


重力から解放されると、
脚の腫れが良くなります!!








私の現在も、

ストッキングや包帯、
ドレナージではどうしようもない腫れが、

スーッとひいて、
膝の骨が見えたり、脚の筋が出たり、

あー本来はこんな脚だったっけ?

という感想(笑)






でもね、

普段の生活に戻ったら、
1日でまた腫れます

それだけ重力の影響があるということ。






生きることは、

生活をすること、

生活をするから腫れても、

それがまた生きること、になるわけです。





つまり、


生きる=生活=脚が腫れる=生きる=生活…


ということ






そりゃあ、

他人の体型、
脚の太さなんて、

一般人には誰も気づかないことなんでしょう。



それでも、

脚の状態で
一喜一憂することはあります




休みを大切にしていても、
数日間寝込んだときほど良くはならない。





でも、
寝込むことは生活が出来ないということ。


合併症以外のリスクは
同じようにあるんです。







健康であれば、、、

なんてもう考えたりはしないけれど、

私なりに工夫した人生を

生活をしたいなと思っている感じです




スポンサーサイト

コメント

Secret

益田音楽教室

黒石市にあるピアノ、歌(歌唱、ボイストレーニング)、ピアノを弾く前の音楽力を養う音楽あそびレッスンをしている音楽教室です♪ピアノは2歳から、音楽あそびコースは赤ちゃんから、歌のレッスンはボイストレーニングから、身体に不調を抱えている方の機能改善を目的としたレッスンも対応しております。

自己紹介(*^_^*)

青森県黒石市のピアノ・歌のレッスン教室、益田音楽教室で講師をしながら、ヒーリングシンガーとして、歌のおねえさんとして、出張コンサートをしている歌手・演奏家です。青森明の星高等学校音楽科、東京音楽大学声楽科声楽演奏家コース卒。 2008年に、原発性リンパ浮腫を発症し、病と共に生きる日々、音楽や身体を通じて出会うもの、感じるものを綴っているブログです♪ コンサートのお問い合わせ、ご依頼など、下記メールフォームからも受け付けております。※2018年11月現在、コンサートのご依頼は休止中です。

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる