08
1
2
4
5
7
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ピアノ・歌の先生として



ピアノの習い事、歌の習い事ってなんなんだろうな~
としんみり考えています(+_+)

学校や勉強とは違って、やらなくても済むことで、
なくても支障のないこと。

得意だからやる、好きだからやるとも限らないし、

ピアノや歌が上手で出来るからといって、役に立つことでもない。
※中学校の合唱の伴奏で目立つ、とか、そういうのはあります(笑)





幼いころの記憶って、あんまり鮮明に覚えている方ではないのですが、

一つだけ今でもしっかり覚えていることがあります。

幼稚園の時、
「かたつむり」をおりがみで切り絵のように作ることがあって、
私はなぜか上手くできなくて、居残りをさせられて、
小さな四角のおりがみをうずまきのように並べる意味が理解出来ずに、
先生がすごく怒ってイライラしているのが分かって、
「出来ないと怒られる」という不安を感じたことがあります。





それと似たようなことで、

小学生の時、ピアノのコンクール前だったかな?
有名な大学のピアノの先生のレッスンが受けられるというのを
半強制的に参加させられて、
指のタッチから、何から、初対面の先生にめちゃくちゃに怒られ、
指導された内容よりも、先生の顔色ばかり気にしてビクビクして、
「ピアノを弾くって努力していても”出来ないと怒られる”んだな」と感じたこと。
※過敏な弱いタイプと言われてしまえばそれまでです(笑)






好きで楽しくてピアノを習い続けたわけではなく、
先生に会うのが楽しかったり、

発表会のあとに美味しいものが食べられることが
嬉しかったり

ひょんなことから、専門的な音楽の道に進むときには、

もちろん厳しいレッスンも当たり前だとちゃんと受け入れていたし、
その価値も分かります。



英才教育だ、頭がよくなる、とか色んな説がありますが、

そんなことよりも、

一人ひとり違う感性を持っていて、
得意不得意、器用不器用、好き嫌い、そういう全部。



子供だろうが大人だろうが、一人の人間として、

信頼関係を持ちながら、ピアノや歌をツールとしてつながって、

生徒さんに対して、何かよりよい影響、人生においてプラスアルファ。

意味合いはそれぞれに違うだろうけれど、

グループや集団じゃないからこそ、上から見るんじゃなく、

いつもとなりで肩をならべて、腕を組んで、一緒に上に上がっていく。



出来ないことと出来ること、大人になる中で嫌というほど、
思い知らされていくのだから、
出来ることがよくて、出来ないことがだめだという前に、

「出会えてうれしいよ、あなたが大切です。」というメッセージを、
いっぱいいっぱい伝える。

その基盤があるから、厳しいことも受け入れられる。





ピアノが弾けること、歌が上手になること、
それは、続けていたら必ず成長するのは当たり前。

でも習い事の本質は、そうじゃない気がする。


一番大切なのは、生徒さんの自主性、気持ち、意識。

歌科出身の、あまあま先生は、何年レッスンをしていても、
いつもそんなことを思っているのでした。



スポンサーサイト

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: はじめまして

コメントありがとうございます(*^_^*)
そして、ブログ読んでいただけて嬉しいです♪
お会いしたいですね♪
Secret

益田音楽教室

黒石市にあるピアノ、歌(歌唱、ボイストレーニング)、ピアノを弾く前の音楽力を養う音楽あそびレッスンをしている音楽教室です♪ピアノは2歳から、音楽あそびコースは赤ちゃんから、歌のレッスンはボイストレーニングから、身体に不調を抱えている方の機能改善を目的としたレッスンも対応しております。

自己紹介(*^_^*)

青森県黒石市のピアノ・歌のレッスン教室、益田音楽教室で講師をしながら、ヒーリングシンガーとして、歌のおねえさんとして、出張コンサートをしている歌手・演奏家です。青森明の星高等学校音楽科、東京音楽大学声楽科声楽演奏家コース卒。 2008年に、原発性リンパ浮腫を発症し、病と共に生きる日々、音楽や身体を通じて出会うもの、感じるものを綴っているブログです♪ コンサートのお問い合わせ、ご依頼など、下記メールフォームからも受け付けております。

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる