10
1
3
4
5
6
7
8
9
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

コンサートをして思うこと。



致遠児童センターにおじゃましてきました~(*^_^*)

平日は150人以上の子どもたちが利用しているそうです!

今回は土曜日なので、
ある意味レアメンバー!?(笑)


響きのよい遊戯室を会場に♪





色んな場所でコンサートをしていると、
お客様によってやっぱり変わってくるというか、

同じことをしていても伝わり方や
興味の持ち方が違います。



例えば今回の児童センターも、


小学校で同じ年代の子どもたちにコンサートするのと、
センターや児童館にいる感じはまた違うんですよね。


保育園でも、
参観日とそうじゃない日はまた違いますしね




すごく静かに聴いてくれているのに、
聴いていなきゃいけない!ということに意識が向いていて
なんとなく硬い雰囲気のままだったり、

ガヤガヤしているわりに、
その中でとても集中して聴き入っている人がいたり、


聴き手に寄り添うけれども、
媚びない、という姿勢は
忘れないでやっていかないといけないんだな~

と実感しながらのコンサート活動です




でもどこに行っても感じるのは、


誰しもやっぱり自分を見てもらいたい、とか、
認めてもらいたい、という気持ちがちゃんとあって、


才能があって器用で
良い方に目立てることもあれば、

逆にそれが難しくて
悪目立ちになることだってある。

周りに合わせる方が
好きなタイプもいるだろうけれど、

それでも、
自分を大切にしてもらえない、とか、
言いたいことが言えない、というのは
寂しいことなんだと思います。




だから、自分がどう感じているのか、
なぜそう思うのか、
何が好きなのか、なぜ好きなのか、

そういうことはものすごく大切



思春期の子どもたちが難しいと思われるのは、
それがぐちゃぐちゃになるからなんじゃないかな~



思春期でなくても、
小さい子でも大人でも、
やっぱりぐちゃぐちゃな時は、
自分を見失っている時が一番多いです。


甘えるとか素直になるとか、
自分を見失うと
急に恥ずかしくなりますよね。

本当は全然恥ずかしいことじゃないのに。


なぜか今日はそんなことを思いました。




コンサートのお礼に、と、
ヒップホップダンスも披露してくれて、
カッコいい子どもたちのダンスが
嬉しかったです(^^♪

かわいい花束まで↓





致遠児童センターのみなさん、
どうもありがとうございました♪

また会おうね~♪




スポンサーサイト
Secret

益田音楽教室

黒石市にあるピアノ、歌(歌唱、ボイストレーニング)、ピアノを弾く前の音楽力を養う音楽あそびレッスンをしている音楽教室です♪ピアノは2歳から、音楽あそびコースは赤ちゃんから、歌のレッスンはボイストレーニングから、身体に不調を抱えている方の機能改善を目的としたレッスンも対応しております。

自己紹介(*^_^*)

青森県黒石市のピアノ・歌のレッスン教室、益田音楽教室で講師をしながら、ヒーリングシンガーとして、歌のおねえさんとして、出張コンサートをしている歌手・演奏家です。青森明の星高等学校音楽科、東京音楽大学声楽科声楽演奏家コース卒。 2008年に、原発性リンパ浮腫を発症し、病と共に生きる日々、音楽や身体を通じて出会うもの、感じるものを綴っているブログです♪ コンサートのお問い合わせ、ご依頼など、下記メールフォームからも受け付けております。

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる